人気ブログランキング |

私の変な質問?

tamacyan.exblog.jp
ブログトップ

ガンジーの性欲~「建国の父」は超絶倫?

 「インド建国の父」とよばれるマハトマ・ガンジーは、若いころ・・
とにかく性欲の強い人だった・・・らしい
 彼が結婚したのは、13歳のときだったが、それ以降、異常に性欲が旺盛にまる?
ときには、その衝動を制御することにも、ずいぶん苦労たらしい?
 たとえば、ガンジーが16歳のとき、父親が病気をこじらせて床についた・・・
献身的に看病していた彼は、ある夜、叔父と交代して寝室に帰った
 そこで、妻の寝顔をみた瞬間、ムラムラとして妻のベッドにもぐりこんだ・・・
それから、朝まで延々とコトに励んだのだが、その間に父親の容態が急変
妻のよがり声をきいているあいだに、父親は息をひきとっていた・・・
「もしあのとき、獣欲に目がくらまなければ」とガンジーは悔やんだけれども
すべては後の祭りだった・・・
 しかし、それでも、性欲を抑えることはできず、それ以降も性欲のままに
妻を求めつづけた?
 そんなガンジーが目ざめたのは、18歳のとき・・・
女と酒と肉食を断つと誓って、民族解放運動に身をささげることになる?
 あふれる性欲を闘争のエネルギーにかえることで、ガンジーは
祖国の独立を導いたともいえるのである・・・だと

(すると・・・奥さんは欲求不満にならなかったのかな?
散々エッチしていた人が急にやめたら・・・どうなるのだろう?
奥さんは、ひとりエッチでなぐさめたのだろうか?
旦那が18歳ということは・・・奥さんも若くして未亡人のようになってしまった?
ガンジーの奥さんでなくてよかったよ・・・)
by sikoukairo2 | 2009-02-07 02:00 | Comments(0)