人気ブログランキング |

私の変な質問?

tamacyan.exblog.jp
ブログトップ

生理痛は、なぜあれほど痛い?

 職場の女性が 「生理痛でお休み」 と聞くと、どこか釈然としない男性もいるだろう。 「たかが生理痛ぐらいで休むな」 といいたいところだが、当の女性にしてみれば、まさしくのたうつような苦しみを味わっていることもある・・・らしい
 生理痛の痛みは、人によってさまざまである。 ほとんどなにも感じない人もいれば、起き上がれないほどの激痛に苦しむ人もいる。 ふつうは下腹部が痛くなるのだが、重い人の場合、下半身全体が痛くなる場合もある。 鎮痛剤を飲んでも、痛みが治まらない人も3~10%ほどはいる? 「子宮をえぐられるような痛み」 と表現する人もいて、こればかりは男性には想像のできない痛みだ・・・
 生理に苦痛がともなうには、いくつかの理由がある。
①月経時の血液が子宮頚管をスムーズに流れないこと。
②子宮が収縮すること。
③血液循環が悪くなること。
などで、これらの変調が腰の重さや、キリで刺すような痛みをもたらす・・・
 なお、思春期から20代前半にかけては、ホルモンや精神状態の影響で、症状が重くなるケースが多い。 その場合20代後半あたりから、症状はしだいに改善されてくるが、逆に30代になってから、生理痛が重くなるケースもある。
 これは、子宮や卵巣になにか異常があると懸念されるので、たかが生理痛とあなどらず、専門医に診察してもらうこと・・・だと

(まさしく、男性には体験できない痛みだね
だから、理解されないのかな?
でも、痛いものは痛いんだ!)
by sikoukairo2 | 2009-10-13 02:37 | Comments(0)