人気ブログランキング |

私の変な質問?

tamacyan.exblog.jp
ブログトップ

大根足の女性には名器が多い?

 「名器にめぐりあいたい」というのは男性の本能的な願望といえるだろう。古来、女性の外観から、名器を見抜く方法はさまざまに語られてきた。たとえば、古い言い伝えに「大根足には名器が多い」という説があるが、この”判定基準”には多少の合理性はある・・・らしい
 名器の判定基準のひとつに、「膣のしまり具合」があるが、この優劣を決めるのは、膣括約筋、肛門括約筋、尿道括約筋からなる「括約筋」の性能だ。これらの筋肉が発達していると、膣のしまりはひじょうによくなる?
 ただ、これらの括約筋は、そこだけ鍛えることはなかなかできない。下半身の筋肉をまんべんなく鍛えることによって、括約筋は鍛えられ、ひいては膣のしまりもよくなるのだ。
 ということは、いわゆるモデル足のような棒切れみたいに細い足は、運動不足の証拠であり、括約筋だけが発達していることはまず考えられない。
 いっぽう、大根足、それも三浦大根タイプで「太ももは太すぎず、ふくらはぎは張り、足首のキュッとしまった足」は、下半身をかなり鍛えている証拠。名器の可能性も高い・・・だと

(女性は誰しも細い足にあこがれるけど、運動不足になる可能性が大ということか・・・
私の場合、移動手段は歩くか折りたたみ自転車なので、ある程度は下半身の筋肉を使っているつもり
棒切れのような細い足という表現も乱暴だけど、聖護院大根のように蕪のような足もいただけないゾ
で、名器の判定を下すのは、試した男性のみ知るヒミツだろうか? 自分の締まり具合を他人と比べるわけにもいかないしぃ・・・)
by sikoukairo2 | 2010-11-14 01:41 | Comments(0)