人気ブログランキング |

私の変な質問?

tamacyan.exblog.jp
ブログトップ

食生活にご注意!

食べ物によって精液の味が変わる?

 フェラチオすることに抵抗を感じる女性はいても、してもらうのが嫌いという男性はまずいない。なにより気持ちがいいし、自分のペニスを口にくわえて愛撫してくれる女性の姿にグッとくる?
 そのうえ口内に放出した精液をそのまま飲んでくれでもしたら、「そこまで俺を愛してくれてるのか」という満足感にひたれるもの・・・らしい
 ところが、精液の味がまずいからといった理由で口内射精を拒む女性も多い。精液に味があるのは当然としても、あの白い液体はいったいどんな味なのか。吐き出してしまうほどまずい味なら、男性としては気になるところである。
 俗に「ガマン汁」と呼ばれるカウパー腺液は苦い。通常、尿道は尿が通るため酸性になっているが、精子は酸性状態の環境に弱い。
 大切な精子が尿道を通る間に弱ったり死んだりしないように、射精前に出るのがカウパー腺液の役目だ。弱アルカリ性のカウパー腺液が先に尿道を流れることによって、精子にとって理想的な通り道になる。このカウパー腺液は、弱アルカリ性なので苦い味になる。
 では、精液自体の味はどうなのだろうか。精液の30パーセントはタンパク質で、そのほか石灰分、ミネラル酵素、水などで構成されている。
 そのためほとんど味はないのだが、精子の栄養分としてフルクトースという糖分も含まれているので、ほんのり甘い。
 だが、精液の味は常に同じというわけではなく、食事の内容によって変わってくるという。
 たとえば、牛肉を食べると精液が濃くドロドロした感じになり、アルコールを飲みすぎると苦さが増す。逆に、フルーツを食べると味が薄まって苦さが緩和される。このときの精液はフルーツの甘みが加わり、おいしいという女性もいる。特にメロン、キウイ、パイナップル、イチゴなどは甘みを強めるのだという。
 もっとも、今夜こそ彼女に精液を飲みほしてほしいからと、ディナーで肉とアルコールを控えて、無理してでもフルーツをいっぱい食べようと思った諸君、残念ながら世の中そんなに甘くない。
 この効果に即効性はない。精液を甘くしようと思うなら、ふだんから食生活を改善するように心掛けるのが大切だ。タバコや葉巻などは精液をまずくさせるので慎んだほうがよい。
 彼女に自分の精液を飲んでほしいなら、男性もそれなりの努力をしなければならないというわけだ・・・だと

(フェラチオかぁ・・・口に入らないほど巨大なペニスってあるのかなぁ?
つい、くだらないことばかり考えてしまう私・・・
で、女性にフェラチオや精液を飲む行為をしてもらいたいと思う男性は、女性に対しそれなりのサービスをしないと女性も納得しないかもね
私は、その気にさせてくれる素敵な彼が現れるまで、してあげない・・・ウフッ)
by sikoukairo2 | 2011-04-25 03:52 | Comments(0)