私の変な質問?

tamacyan.exblog.jp
ブログトップ

江戸の風俗嬢の新手詐欺?

 「浮気は男の甲斐性」といわれるように、昔の日本では、夫が妻以外の女性と肉体関係をもっても、道徳的に非難されることはなかった。気に入った女性を妾、つまり愛人として囲い、衣食住の面倒を見てやるといったことも普通に行われていた・・・らしい
 妾になると、契約期間と賃金が決められ、支度金として相応の額が渡された。支度金は相手の懐事情によって変わるが、身分の高い武士や豪商が相手だと、3~5両にもなった。一両10万円としても、30~50万円の大金だ。羽振りがよい相手なら、10両以上にもなったという。
 この支度金に目をつけて一儲けをしようと企んだのが、小便組、手水組(ちょうずぐみ)といわれた女性たち。彼女たちは、妾の話がくると支度金を受け取り、素直に奉公に上がる。そして、主人との床入りを滞りなくすませるところまでは普通の妾と変わらない。しかし、ここから事情が一変する。
 小便組の女性たちは美人が多く、引く手あまただった。いつまでも一人の主人に仕えていたのでは、取れるものにも限りがある。荒稼ぎするためには、早々に今の主人に愛想をつかされてしまうのが望ましい。そこで彼女たちは考えた。主人に愛想をつかしてもらうために、わざと寝小便をしたのである。
 美しい女性との情熱的な一夜を過ごしてご機嫌な主人が、朝目覚めてぎょっとする。布団が濡れているのだ。慌てて飛び起きて、女性を問いただすと、彼女は恥ずかしそうに、寝小便の癖がどうしても治らないのだと告白する。こんな女性と床を共にするのは我慢ならないというわけで、すぐに女性は暇を出されるという筋書きだ。
 主人としても体面が気になるから、まさか自分の妾が漏らし魔だったなどと皆に触れ回るわけにもいかず、女性に渡した支度金を今さら返せということもできない。ただ黙って女性を家から追い出すのみ。こうして支度金を丸々もらった女性は、新たな相手を堂々と見つけられる。これを何度も繰り返すことでボロ儲けができるというわけだ。
 実にうまい?方法だが、この手法を編み出したのが、「なみ」という女性である。なみはかなりの美貌の持ち主だったが、もともと寝小便の癖があり、出雲藩主・松平宗衍(まつだいらむねのぶ)からの妾奉公の話を断っていた。が、宗衍も諦めない。支度金の額は上がり続け、結局百両にもなり、なみも覚悟を決めた。ところが、案の定、なみは藩主との床で寝小便をしてしまい、契約を打ち切られたのだ。この体験をなみから聞いた女性たちが、続々と真似し出したというわけだ。
 現代女性は強くたくましくなったとよくいわれるが、江戸時代の女性も相当にしたたかだったようだ・・・だと

(妾の考えた詐欺の手口を暴露した記事だよね、でも寝小便を装っておもらしするって勇気がいる気がする、後始末も大変だよぅ・・・
女性の場合、潮吹きをする人がいるようだけど、布団が濡れるほど出るのかな?
私がアソコを濡らしても、出る量には限度があるし・・・
で、強制排尿プレイもあるようだけど、私は遠慮したい。痛いのと汚いのは嫌だ。)
[PR]
by sikoukairo2 | 2011-08-03 03:08 | Comments(0)