私の変な質問?

tamacyan.exblog.jp
ブログトップ

濡れたショーツ?2

 美多民の右手が這うように下に下がってきた、私はその場にしゃがみ込もうとするが美多民の左腕に抱えられてそれもできない。私は急いで手を洗うと濡れた手のまま美多民の右腕を両手でつかみ、その動きを止めようとした。
 私は少しふくれっ面をしながら振り向き「冗談きついよ!」と抗議したけど、美多民は笑いながら「抵抗できない人にやりたいほうだいって楽しいかもしれない。もう少し続けてみたかった」だと。
 「濡れた手で下半身を触ったからショーツまで濡れちゃったよ」「ゴメン、着替えさせてあげようか? 一度は裸を見られているんだから恥ずかしくないでしょ?」私は赤面しながら「もぅ、その話はもうしないで!」私はさらに抗議しようとしたけど、美多民の笑いにつられて私も笑い出してしまった。
 料理を再開しながらつぶやくように「ねえ、美多民って女性が好きとか、そんな趣味があるの?」美多民は平然とした顔で「無いよ、でもミネラルには何か悪戯をしたくなるんだよね」「悪戯って、ほどほどにしてくれないと本気かと思われるよ」「うん、半ば本気かも、以前からミネラルは癒し系だって言ってるでしょ、いつも一緒に居たいと思うし、家事等の面倒をみてくれくれる人を欲しがるキャリアウーマンっているでしょ、私もそう思うから共同生活をしようよ」
 ウゲッ、そんなことをしたらこの先何をされるのかと思い病む・・・
私の手料理を完食した美多民は「ごちそうさま」と軽くキスをして帰って行った。
[PR]
by sikoukairo2 | 2011-08-26 02:44 | Comments(0)