私の変な質問?

tamacyan.exblog.jp
ブログトップ

情けない?ショーツ窃盗の裏付け捜査

 ショーツ泥棒は、被害にあった女性にとってはもちろんだが、捕まえた警察にとっても迷惑な存在・・・らしい
苦労してショーツ泥棒を捕まえても、犯罪を立証するためには被害者を特定しなければんらない。
そこで、押収したショーツを大の男が1枚1枚ていねいにビニール袋に入れ、フリル付だとか、スケスケだとかに分類し、それを被害者にみせて確認してもらうわけだが・・・
 ところが、スケスケだったり体をおおう部分が極端に少ないものやエロいものだったりすると、被害者もなかなか自分のものだとはいってくれないそうだ。
 いろいろと事情をきかれるものだから、感謝されるどころか、被害者の女性から変態あつかいされることもあるとか。
 それに、ショーツを盗まれても被害届をださない女性も多いので、担当の刑事はショーツ片手に心当たりを1軒1軒まわって歩くことになる。
テレビドラマに出てくる刑事とはほど遠い姿だが・・・こういう熱心? な刑事がいるからショーツ泥棒を捕まえることができる。
やはり感謝しなくてはいけない・・・だと
 私も下着ドロボーの被害にあったことがあるけどぉ・・・被害届は出さなかった。
被害を届け出ることが恥ずかしいよね、あれやこれや聞かれるのもイヤだし・・・
私が住んでいる近所でも、最近下着ドロボーの被害が発生しているようだ。
この手の犯罪はどこでも発生しているのかな?田舎でも?
で、もし刑事が下着を片手に私の部屋を訪ねてきたら、どう対応したらいいのかな?来られても困るよね。
それに下着が戻ってきても、もう一度身につける気にならないよ、泥棒がどのように扱ったのかわからない下着は・・・なんだか気持ちが悪いからね。
[PR]
by sikoukairo2 | 2012-02-17 02:52 | Comments(0)