私の変な質問?

tamacyan.exblog.jp
ブログトップ

日本でのショーツの普及は火事がきっかけ?

 日本の女性たちは長いあいだ和服を着るのが常だったため、ショーツ(ズロース)をはくという習慣はなかった。
かわりに何をはいていたのかといえば、これがじつは何もはいていなかったのである。つまりノーパン。
さぞかし下半身が涼しかったことと思うが、和服を着ていたのでそうでもなかったようである。
 この悪しき習慣? (男性にとっては、そんなこともない?)に終止符が打たれたのは、昭和7年12月16日におこった東京・日本橋の白木屋デパート(現在の東急)の大火事がきっかけであった・・・らしい
 このとき女子店員たちは自分の股間が人目にさらされることを恥ずかしがり、ロープで降りる途中しばしば手を離してひるがえる裾をおさえようとした。
ところがその瞬間、地上に落ちてしまい、なんと14名もの死者が出たのである。
 この惨事がきっかけとなり、日本中にショーツ(当時はズロースといった)をはこうという動きがおこった・・・だと
 現在では和服を着る人は少数派だけど・・・ノーパンなのかな?
ノーパン時代は、即エッチが可能だよね、裾をめくるだけで下半身が丸出し、夏は涼しいだろうけど冬は寒いよね、アソコが冷えそうな気がする。
私は夏、浴衣を着るときはショーツをはいているけど・・・普通だよね?
で、男性はノーパンだと脱がす手間が省けると考えるのか、脱がす楽しみが無いと思うのか、どちらだろう?
[PR]
by sikoukairo2 | 2012-02-26 02:31 | Comments(0)