私の変な質問?

tamacyan.exblog.jp
ブログトップ

ショーツの色で女性を攻略?

 ショーツの色と女性の心理などといっても、大学の心理学の講義で、そんなことは教えてくれない。
しかし、日本大学教授(性格心理学)の先生によると、「好みの色や身につけているものの色は、その女性の性格や感情をあらわしています。いわゆる深層心理ですね」ということで、おおむね次のような法則がある・・・らしい
それにしたがって、好みのショーツの色で彼女の性格診断をしてみると・・・
 赤:自己顕示欲が強くわがままで、行動も大胆。好き嫌いがはっきりしている自己中心的な性格の持ち主。自分より強いものにたいしては極端に弱いところがあるから、最初は従順なふりをして近づき、親しくなったらガツンと自分の強さを示すのがいい。
 オレンジ:常識的で明るく、極端に走ることもない、バランスのとれた性格。ただ猜疑心が強いから、彼女が理解できる範囲で行動することが大事。奇をてらったり強引なアタックは逆効果になるだけ。
 黄:協調性があるが甘えん坊。さびしがり屋でもある。ひとりでいるときなどを狙ってアタックすると、確率は高い。突拍子もない言動も理解してくれる。子供どうしで遊ぶといった感覚で迫るのがコツである。
 緑:おとなしい面と行動力がある面とが混在している。どちらかというと浮気症の気があるので、男としては安心できない。場所をかえると不安定な心理状態になるので、ふだん彼女があまりいかないようなところでデートするとよい。うじうじした態度は禁物。
 青:自分や他人を客観的にみることができる性格なので、情に訴えるよりも理性で迫ったほうが得策。ただ、上品なムードにひじょうに弱いところがあり、そうした環境を選んだうえで知的内容に満ちた会話を武器に迫るといい。
 白:素直ではあるが、傷つきやすい。自分とタイプの似通った性格の人間と行動したがる傾向があるので、異質な人間であることをアピールすると、新鮮さを感じさせられる。かなり強引にアタックしないと簡単には落ちない。
 黒:情熱的な面とクールな面の両方をあわせもっている。ものごとを悲観的にとらえやすく、感情の起伏も激しい。強くてグイグイ引っ張るタイプの男といっしょにいると安心できるので、情熱的に迫るのが秘訣。
 というわけで・・・これだけ覚えておけば、かなり役立つかも、ただ、問題がひとつある。それは、アタックする前に、どうやって彼女のショーツの色を知るかである。先生もそこまでは教えてくれなかった・・・だと
 なるほど、で、私の好みの色はピンクやライトブルーのパステルカラー・・・
どのように分析され、どのような攻略方法が考えられるのだろう?
でもね、コメントを受け付けるのも躊躇するような根性なしだから、当たりがソフトな人でないと引いてしまうかも・・・
[PR]
by sikoukairo2 | 2012-04-03 04:18 | Comments(0)