私の変な質問?

tamacyan.exblog.jp
ブログトップ

女がショーツと訣別する時?

 25歳は「お肌の曲がり角」といわれているが、プロポーションが急速に衰えはじめる時期でもある。
ガードルで、ぎゅうぎゅう身体を締めつけるのも、この頃から・・・らしい
 結婚するとアダルトっぽい”悩殺パンティー”を身につけてみたり、出産を控えてマタニティー・ショーツをはいたりしたあと、ある日突然、ヘソまで隠れるゆったりとした”おばさんパンツ”が無性に楽だと思うようになる?
この瞬間、女はおばさんになるのである。
 こうなると、妥協はとどまるところを知らない。 あとは”デカパン”あるのみで、毎日がマタニティー。
やがて、「成人用パンパース」や「成人用アテント」を着用する日がくるまで、洗濯機の中ではひたすら肌色のデカパンが回転しつづけるのである・・・だと
 なによ、失礼な記事だよね、事実だろうけど面と向かってこんな記事を読むと気分が悪いよぅ。
男性目線では「おばさんパンツ」をはく「おばさん」は異性として意識する対象外なの?
で、「サニタリー・ショーツ」は別としても、「失禁パンツ」のお世話になるようでは・・・女もおしまいかぁ・・・
[PR]
by sikoukairo2 | 2012-04-23 03:21 | Comments(0)