私の変な質問?

tamacyan.exblog.jp
ブログトップ

七夕の夜に・・・

 昨日は7月7日の七夕、夜空を見上げたけど、残念ながら天の川が見えなかった。
織姫と牽牛の遠距離恋愛伝説で有名な星祭りの日、女性にとっては少しロマンチックな一夜を過ごしたいと思っている人がいるのかも。
「文月に夜空を見上げ筆をとり」なんて一句もオシャレかな?
 五節句の一つだというので、では他の節句はというと・・・
1月7日 人日(じんじつ)七草がゆを食べて祝う行事
3月3日 上巳(じょうし)桃の節句、ひな祭り
5月5日 端午(たんご) 菖蒲(あやめ)の節句
7月7日 七夕(たなばた)星まつり
9月9日 重陽(ちょうよう)菊の節句
最近では一部の人が4月4日を特別な日としてお祝いしているようだね。
 昨夜も早めに床に入る私、早起きしてブログの記事更新時間を確保、だから早寝早起きだよ。
で、眠りに落ちたくらいのタイミングで美多民が私の左側からベッドに入ってきた。
頭が眠りに入っているのか、身体が動かない、まるで金縛りみたいに目だけが動く。
唇を合わせてきた美多民も、私の異変に気が付いたようだ。
「ミネラル、どうしたの?」話しかけられても返事ができない、ただ心臓の鼓動が早く感じる。
しばらくして「うっ」とか「あっ」と声が出るようになった。
 美多民に状況を説明すると、安心したように私を抱きしめて軽いキス。
「少しスキンシップしようと思ったけど、驚いたよ、そんなことがあるんだ」
キャミソールとショーツという姿で寝ていた私、美多民の手が私の胸に触れた。
「まだ心臓の動きが早いね、背中でも摩ろうか?」
「もう大丈夫だから、少しだけ時間がほしい」
私は美多民の胸の谷間に顔を埋めた・・・
七夕の夜は熱く、とても長く感じた。
[PR]
by sikoukairo2 | 2012-07-09 02:55 | Comments(0)