私の変な質問?

tamacyan.exblog.jp
ブログトップ

玉が決め手のセックスアピール?

 動物園でクジャクを見る醍醐味は、なんといっても見事な尾羽を見ることではないだろうか。
しかし、実際には春から夏にかけての短期間しかその尾羽を堪能することはできない・・・らしい
 美しい尾羽をもつのはオスのみで、メスの尾羽は地味で小さい。
しかも、オスにはずっと尾羽があるわけではなく、夏をすぎるとすbrて抜け落ちてしまうという。
 その理由は、動物園に来た人に見せるために尾羽がはえているのではなく、求愛行動に使うのが目的だからだ。
 発情期をむかえると、オスのクジャクはメスの前で尾羽を広げ、ダンスを踊って求愛する。
そしてメスのクジャクは、尾羽の美しさなどからそのオスを繁殖相手として適切であるかを判断する。
つまり尾羽はオスからメスに向けたセックスアピールなのだ。
 驚くべきことに、メスのクジャクは尾羽についている140個以上の目玉のような模様の数を正確に見分けることができるという。
事実、目玉模様の数が多い尾羽を持つオスほど、繁殖相手としてメスに選ばれているというのだ。
 玉が多い男を選ぶ。 これぞ”玉の輿にのる女”といえるだろう・・・だと
 ふと思う、オスのクジャクの尾羽を派手にデコったら、メスはどのような反応を示すのだろう?
数千の目玉模様を電飾でチカチカ輝かせ、優雅に動かしてメスの前に登場する。
派手すぎると、メスも驚くのかな?
で、人間の場合は、ド派手な男性は必ずしもモテるとは限らない、玉を誇示したら、公然わいせつ罪で御用になるのがオチ。
タマらなく、くだらない話になってしまった。
[PR]
by sikoukairo2 | 2012-07-31 03:51 | Comments(2)
Commented by けろろ at 2012-07-31 11:14 x
人間のオスはみんな2つだから平等ですね!
Commented by sikoukairo2 at 2012-07-31 17:19
あははははは・・・・・ けろろさんの言う通りですね。
もう一度 あはははは・・・