私の変な質問?

tamacyan.exblog.jp
ブログトップ

人間のフェロモンって、本当に出ているの?

 異性から発せられた”それ”をキャッチすると、なぜか無性にムラムラしてしまうという・・・その名は性フェロモン・・・でも、本当にあるのだろうか?
スウェーデン・カロリンス研究所は、女性の性フェロモン候補エストロゲンと、男性の性フェロモン候補アンドロゲンが、男女の脳にどんな作用をおよぼすかといった研究をしている・・・らしい
 エストロゲンを嗅いだ男性の脳は、においには反応しない視床下部の特定の部位に活動が起きたが、においに反応する脳内の場所は無反応だった。
アンドロゲンを嗅いだ女性も同じく視床下部の特定の部位に反応が起こったという。
 視床下部は、食欲や睡眠欲などいわゆる本能を司る脳。
研究によれば、性フェロモンは視床下部にある「性行動を司る本能」を刺激しているということだ。
 肝心の性フェロモンの候補だが、現在のところ、男性ホルモンや女性ホルモンが変化してできる物質だと考えられているが、いっぽうでは人間には明確な性フェロモンは存在しないという説も根強くあるため、現時点では「ある」とも「ない」とも明言できない。
仮に存在するなら、臭いとして認識できないにもかかわらず、嗅いだ者の「スケベ本能」にインパクトを与える、”ムラムラのスイッチ”といえよう・・・だと
 1971年、ハーバード大学の研究者マクリントックが女子大の寮生を対象に生理周期を調べたところ、バラバラだった生理周期が次第に同調していくことがわかった。
その後、同調の原因はわきの下から分泌されているにおいであることが判明した。これがフェロモンの正体?
 さて、フェロモンはあるのか、ないのか? もしかしたら視覚に頼る生活をしている人間は、フェロモンを感じ取る機能が退化してしまった?のかもしれないよね。
フェロモン以上に強烈な香水や、視覚に訴える姿など、アピールの多様性が先行しているのかな?
で、私はどのようにアピールすればいいのかな? ブログの文字でハイテクなアピール・・・なわけないか。
[PR]
by sikoukairo2 | 2012-08-17 03:27 | Comments(0)