私の変な質問?

tamacyan.exblog.jp
ブログトップ

四十八手の体位は表裏合わせて九十六手?

 松葉崩し、仏壇返し、だるま返し、御所車、こたつ隠れ・・・これらはすべてセックスの体位につけられた名前で、全部で48あることから、通称「四十八手」と呼ばれている?
 江戸時代に普及した春画から生まれた呼び名で、相撲の決まり手である四十八手をもじって命名された?
確かにセックスも相撲も裸で抱き合って行う行為、共通点はある?
 それでも「江戸生まれの文化だ」と解釈するのは早とちり、起源をさかのぼれば、古代インドまでたどりつく。
もともとは古代インドのカーマ・スートラ(性愛経書)が中国経由で日本に伝わり、長い年月をかけて庶民に浸透していったもの・・・らしい
 江戸中期になってようやく社会が安定し、庶民に娯楽を求める余裕が生まれ、浮世絵の文化と融合して誕生したと考えられている。
 四十八手の体位には、じつは「裏」があり、一般に普及していないマイナーな体位も同じだけあり、表裏合わせて、俗に「九十六手」と呼ばれている?
 そもそもセックスは、男女が感じやすい体位を工夫しながら楽しむべきもの?
たがいの好みや体の柔らかさによって、決まり手は豊富にあってしかるべきだ?
 いろいろな体位に挑むことは、新たな性感帯の発見やマンネリ防止にも役立つ?
四十八手は、文字通り”性技”の味方なのだ・・・だと
 相撲の決まり手が体位に? と聞いて思いついたのは、メタボでTバックの男同士が抱き合う姿・・・
エロさを感じないどころか、むしろ気持ち悪さを催すよね。
正常位と後背位しか知らない私、他にどのような体位があるのか想像してみるだけ・・・
で、レスリングのほうがソレらしい気もするけど気にせいかな?、寝技からさすり技、揉み技、舐め技の連続攻撃で相手の戦意を削げば、即フォールだよね、体験者は語るというわけでもないけど・・・

 お知らせ: 夏バテでヘロヘロのヨレヨレ状態です、勝手ながら少々のお休みをいただきたいと思いますのでご了承くださいませ。
[PR]
by sikoukairo2 | 2012-09-01 03:06 | Comments(0)