人気ブログランキング |

私の変な質問?

tamacyan.exblog.jp
ブログトップ

2008年 12月 05日 ( 1 )

古代ローマからある処女を見分ける方法?

 処女であるか非処女であるか、セックスするのには、それほどの問題ではないはずだが、人間にとって、なぜか昔から論じられているテーマである・・・らしい
 古代ローマ時代には、処女であるかどうかを見分ける神像があったという?
口を開けた大きな石像で、もはや処女でない女性がその口のなかに手を入れると
石像の口がガチャンと閉じて手を食いちぎってしまうといわれていた?
しかし、実際に石像が口を閉じることはなく、そのなかに手を入れた女性は
真偽はともかくも”処女”のお墨付きをもらうことができたため「あの女は処女ではない」
といった悪いウワサを晴らすためには、絶好の鑑別法だったようだ・・・
 東洋では、観相学によって、処女鑑別を行ってきた・・?
これによると「魚尾」と呼ばれる目尻の部分に注目し、そこがピンク色に赤みがさしていれば、つい最近処女を失ったという証拠で、黒ずんでいればかなりの経験者だという?
 しかし、医学的には何の根拠もない話で、処女であっても病気であったり
体調が悪ければ、目尻は黒ずんでくるだろうし、たとえ男性と一度も経験がなかったとしても、年をとった女性なら目尻にシワが寄って黒ずんで見えるだろう・・?
 それに、湿疹や肌荒れで、目尻が赤くなったり黒ずんだりするのはよくあること?
そのときの体調しだいで処女だ、非処女だと判断されたのでは・・・・
女性はたまったものではない・・だと

(男性にとって処女は特別な存在なのかな?処女にこだわる理由とは何だろう・・
未経験の初々しさ意外に、最初の男になったという優越感でもあるのだろうか?
もし、処女の老婆がいたら・・エッチしたいと思うのかな?
処女にこだわりすぎると、近くにいるイイ女を見逃すかもしれないよぅ~だ!)
by sikoukairo2 | 2008-12-05 03:27