人気ブログランキング |

私の変な質問?

tamacyan.exblog.jp
ブログトップ

2008年 12月 15日 ( 1 )

初めてパンティーをはいた勇気ある日本女性って?

 大正時代、白木屋百貨店の火災のさい、多くのデパートガールが焼け死んだ・・らしい
飛び降りれば助かった人も、裾が乱れ、下半身が露出することをためらっているうちに
火に巻かれて焼死したのだ!
そのころの日本女性は、パンティーをはいていなかったのである?
 この火災のあと、パンティー、当時の言葉でいうズロースをつける女性がすこしずつ
ふていったが、多数派を占めるにはいたらなかった?
日本の女性の大半がズロースをつけるようになったのは・・・
太平洋戦争の最中のことである?
各地の工場に勤労動員にかりだされるとき・・・
モンペの下にズロースをつけるよう軍部から指示されてからのことだ?
 なお、日本女性として初めてズロースをはいた女性は・・・
津田梅子ら五人の女性だったといわれる?
津田梅子は、後に津田熟大学を創設した女性だ?
明治四年、津田梅子ら五人は、国費留学生としてアメリカに渡ることになった?
そのよき、アメリカ行使のデロングに、ズロースを着用することをすすめられたという
・・・だと

(パンティーをはくことに勇気がいるか知らないけど・・当時は和装だったんだ・・・
下着として腰巻とか湯文字といわれる布を腰の周りに巻いていたらしい・・
ちなみに、私が常用している辞書には腰巻・湯文字の単語が掲載されていなかった
すでに死語となったのだろうか?腰巻やモンペは現存するのだろうか?
 何よりも疑問は、生理の処理だね・・ナプキンを使えないから・・
まさか、垂れ流し状態だったとは考えにくいし、当時タンポンが市販されているわけない
でも、メリットもある、トイレは楽だね裾をめくるだけで用が足せる、冬は寒いけど
エッチも即行で、できそうだ・・・
 以前、ズロースを拝見する機会があった・・現在でいうガードルが延びきったような
よれよれのスパッツとも言い難い、色気のない下着だったことを覚えている
 では、ブラジャーは誰が最初につけたのだろうか?・・疑問はつきない)
by sikoukairo2 | 2008-12-15 04:41 | Comments(0)