人気ブログランキング |

私の変な質問?

tamacyan.exblog.jp
ブログトップ

2009年 02月 13日 ( 1 )

エリザベス一世の性生活~「バージン・クイーン」の秘密

 16世紀のイギリスの女王エリザベス一世は、「私は国家と結婚したのよ」という
名セリフを残した・・・正式な結婚をしなかったため、彼女は「ザ・バージン・クイーン」
ともよばれている・・・らしい
 そのため、男嫌いだったという説もあるのだが、じつはけっこうエッチだった
という説のほうが有力である?
 結婚こそしなかったが、多くの恋人をとっかえひっかえして、はべらせていたと
いわれている?
 たとえば、トーマス・シーモアという男性とは、不倫の関係になり、子どもまで
つくったが、その子どもはすぐに殺されたとも噂されている?
シーモアは、エリザベス一世の父親ヘンリー8世の最後の妻が、再婚した男性だった
 さらに、女王の好きモノぶりは、「ロシアの公共風俗史」という本のなかでも
暴露されている?
 この本には、ロシアの女帝アンナ・イワノヴァナの変な趣味が書かれているが?
おなじ趣味をエリザベス女王ももっていたと暴かれているのだ?
 その趣味とは、足の裏をくすぐられること・・・?
といっても、子どもの遊びではない・・・
 古代から、足の裏をくすぐるのは、性感をかきたてるための前戯とされ・・・
ロシアの宮殿では女官たちが女帝の快感のため、足の裏をくすぐったり・・・
なめたりして喜ばしていたという?
 エリザベス女王も、男性とベッドに入る前、前戯として女官たちによる足の裏
くすぐりで興奮を高めていたと伝えられている・・・だと

(たしかに、足の裏をくすぐられるとゾクゾクするような快感を得ることができるよね・・
もし、身動きできない状態で足の裏をくすぐられたら・・・それだけで濡れちゃう・・・
だろうね、他の女性も同じかな?
でも、男性は前戯もそこそこにして、すぐ挿入したがるから・・・
私は前戯を楽しみたいタイプなのに・・・)
by sikoukairo2 | 2009-02-13 04:35