人気ブログランキング |

私の変な質問?

tamacyan.exblog.jp
ブログトップ

2009年 03月 01日 ( 1 )

ラブホテルの従業員さんのユーウツなお仕事?

 ラブホテルの裏方さんといえば、真っ先に思い浮ぶのが、部屋の掃除係のおばさんたちである?・・どこのラブホテルでも、満ちたりた顔で帰っていく客と入れ代わりに、掃除道具一式をもって部屋へ入っていく・・
 これらの掃除係は、新聞広告や口コミで集められたおばさんたちで、通常は3,4人一組で入室し、一斉に作業にとりかかる・・・らしい
 10分前後で元どおりにするのが基本で、作業は完全に分業化されている?・・ベッドのシーツを取り替える人、お風呂場を掃除する人、床を掃除する人などに分かれ、早く終えた人が応援にまわる?
 むろん、部屋がきれいに使われていれば、掃除は楽だが、「うわぁ、勘弁してほしい」ということも少なくないという?・・床にオシッコが垂れ流されていたり、風呂場に排泄物がそのまま残っていたり、「何をしたの?」と首をかしげることもあるそうだ・・・
 また、使用済みのコンドームが、ベッドや床の上にしばしば放置されていることも、おばさんたちの悩みの種・・拾い上げて捨てるのだけでも気持ち悪いのに、運悪く中身がこぼれてしまったら、事態は最悪である・・ねばねばをきれいに拭き取らなければならない・・
 さらに、おばさんたちを困らせるのが、忘れ物の処分である・・・
下着やアクセサリー、化粧品あたりなら、毎度のことなので驚きもしないが、某ホテルでは、なんと骨壷が忘れられていたこともあったという・・カード類や携帯電話、会社の書類なども、持ち主から連絡があるまで保管せねばならず、困ってしまうのだとか?
 掃除係のおばさんたちが集めた使用済みのシーツやタオルは、ラブホテル専用のクリーニング業者のもとへ運び込まれる・・洗濯にいちばん手間がかかるのが、血のついたシーツ・・一日に約3000セットが持ち込まれると、50~60は血染めのものが混じっているという・・・だと

(掃除係りのおばさんたちにも変わり者がいるそうだ・・・その一つが「汁フェチ」・・・残された汁を発見しては、異常に喜ぶ人がいるとか・・・その残された汁をどうするのかは、私の知るところではないけど・・・その人にとっては天職なんだろうね・・・)
by sikoukairo2 | 2009-03-01 03:24 | Comments(0)