人気ブログランキング |

私の変な質問?

tamacyan.exblog.jp
ブログトップ

2009年 04月 09日 ( 1 )

浮世絵に登場するペニスはなぜ巨大なのか?

 葛飾北斎、北川歌麿、安藤広重・・・浮世絵は、ゴッホをはじめとするヨーロッパの画家にも大きな影響を与えたわが国の誇るべき文化といえる? 現在でも、多くの浮世絵が海外の美術館に収蔵され、浮世絵を収集している欧米人のコレクターも少なくない・・・らしい
 ところで、浮世絵のなかでも、世の好事家の注目を浴びてきたのが、男女のからみを描いた「春画」である? 昔の日本人はここまでおおらかだったのかと感心するほど、その構図は大胆かつ奔放である? 乱れた着物の裾から女性器があらわになり、挿入寸前の男性器が大きく描かれている・・・
 浮世絵に登場する昔の人の男性器は、とにかくデカイ! なかには、本人が抱きかかえるくらいのモノもあり、亀頭が顔より大きいということもある? 外国では、描かれた性器の大きさをそのまま現実のモデルのものととらえ、「日本男性の持ち物は大きい」と誤解されてきたくらいだ・・・
 春画の性器が大きく描かれたのには、理由がある? その昔、性をテーマにした絵には、魔よけになり、幸運をもたらす呪力があると考えられていた? そこで、性器をよりデフォルメして大きく描くことで、呪力を高めようとしたというわけ・・・だと

(なんだろう? 意味がよくわからない記事だね
日本人は世界に先がけてデフォルメ画を描いていた?
その非現実的な絵の評価は、私にはできないけど
現実にそんな人が存在したら・・・笑えるというか・・・
ズボンも履けないから、生活に支障をきたすことは
まちがいない・・・だろう)
by sikoukairo2 | 2009-04-09 02:45 | Comments(0)