人気ブログランキング |

私の変な質問?

tamacyan.exblog.jp
ブログトップ

2009年 04月 13日 ( 1 )

世界最大のポルノ図書館がバチカンにある理由?

 世界にポルノグラフィーの蒐集家は数多いが、世界最大のポルノコレクションを誇るのは、意外にもローマ法王のいるバチカンの図書館だという? このカトリックの総本山には、ポルノ書籍約3万冊、版画などグラフィックス11万点が収蔵されている・・・らしい
 バチカンに次ぐコレクションは、大英博物館の約3万冊というから、どれだけすごい数のポルノグラフィーがバチカンに集められているか、わかるだろう・・・
 といっても、バチカンの図書館は、これらのポルノグラフィーを観光客にみせるために集めたのではない?
 昔から、歴代の法王は、カトリック教徒の魂を善導するために、禁書目録を作成してきた? その参考資料として、ポルノグラフィーを研究する必要があったのだ? あくまで研究用として集められたものであり、ポルノグラフィーを収蔵した部屋は、バチカンでは「地獄室」とよばれている?
 ちなみに、大英博物館のコレクションは、19世紀末のイギリスのポルノグラフィー蒐集家、スペンサー・アシュビイの蔵書が基になっている?
 彼は、ピサヌス・フラクシという匿名で、イギリスの好色文学目録をつくったり、サド著「ソドムの百二十日」の一部を世界ではじめて刊行した好事家として、その道では有名な人物だ?
 彼が亡くなった後、その膨大な蔵書がそっくり大英博物館に買い取られることになった・・・その金額は、1900年当時で100万ドル以上もしたという?
 ちなみに、大英博物館で、ポルノグラフィーが収蔵されている部屋は、「秘密室」とよばれている・・・だと

(男性は視覚による刺激を多く受けるそうだから、一度閲覧してみたいのではないだろうか?
といっても、一般観光客が入れるのかは不明・・・
世の中には変わったコレクターがいるから、エッチ用品を集めている人がいるだろうね・・・それを実際に使用してるかは不明・・・でも、どのような品々があるのか興味を抱くところだ・・・)
by sikoukairo2 | 2009-04-13 04:24 | Comments(0)