人気ブログランキング |

私の変な質問?

tamacyan.exblog.jp
ブログトップ

2009年 04月 28日 ( 1 )

パンティー~意外に短いその歴史?

 世界的にみても、パンティーの歴史は意外に浅い? いわゆるパンツが誕生してから、まだ100年足らずといったところ・・・らしい
 古代ギリシャ時代の女性は、「ゾーナ」とよばれる下の開いた開放式の下着を身につけていたといわれる? しかし、これはむしろ日本でいうところの「腰巻き」に近いもの・・・
 その後、中世ヨーロッパまでは、ドレスの下はパンツなしのスッポンポン? ルネサンス期になって、イタリアのメディチ家からフランス王家に嫁いだカトリーヌ・メディチが、乗馬をするさい、スカートがめくれて丸見えになってしまうことの対策として、男性用の「カルソン」とよばれるズボン下を下着として身につけ、これが宮廷の女性たちのあいだで流行した?
 しかし、17~18世紀になると、女性がズボン下を身につけるのは女らしくないとなって、スッポンポンに逆戻りしてしまった?
 19世紀になるとズロースをつけるようにはなったが、現代の目からみればまったく色気のない下着だった? それが小型化し、しだいにパンティーに近づきはじめたのは、第一次世界大戦以降のこと? それ以前、大げさなドレスを身にまとっていた女性たちが軽装になり、それにあわせるようにして、体の線にピッタリした「パンティー」が登場することになった・・・
 さらに第二次世界大戦以降、素材、デザインともにさまざまなパンティーが生まれ、世界的に普及することになった? その流れのなか、日本女性もパンティーをはくようになった・・・だと

(普段から何気なく身につけている下着の歴史が意外に浅いとは・・・
で、終戦後くらいまで日本の女性は下着を着ける習慣が無かった?
着けたとしても腰巻・・・?
聞いた話によると、私の祖母は、腰巻を使用した経験があるらしい
夏になると腰巻一枚で行水をしたとか?
なんとも色気のないイメージしか浮んでこないね
男性だったらどのように感じるのだろう・・・?)
by sikoukairo2 | 2009-04-28 02:16 | Comments(0)