人気ブログランキング |

私の変な質問?

tamacyan.exblog.jp
ブログトップ

2009年 09月 16日 ( 1 )

爪先に力を入れると、なぜ「発射」しやすくなるの?

 セックスのクライマックス、イキそうになるのをこらえているときだ。
なにかの拍子で爪先に力が入ってしまうと、不本意にも射精してしまうことがある? なぜ、爪先に力を入れるとイキやすくなるのだろうか?
 この ”爪先の謎” を解明するには、まず射精のメカニズムを知る必要がある。 ふだんは射精管閉鎖筋と呼ばれる筋肉の働きで、精液は外に漏れ出さないようになっている・・・らしい
 ところが、セックスによって強い性的刺激を受けると、脊髄にある射精神経が刺激されて、射精管閉鎖筋がゆるむ。 その結果、精液が放出されるのである?
 その一方で、脊髄の射精神経を抑える神経もある。 それが勃起神経で、その働きは陰茎に血液を送り、勃起をうながすこと。 性的刺激を受けても、一コスリや二コスリで射精にいたらないのは、この勃起神経のおかげである? 勃起してもただちに射精しないのは、勃起神経と射精神経がバランスを保っているからといえる?
 しかし、セックスの最中に爪先が伸びると事情は一変する。 爪先を伸ばすと、ふくらはぎの筋肉に力が入り、さらには腹筋にも力が入る。 これが脊髄の射精神経を強く刺激するのだ? そして射精神経が勃起神経に打ち勝って、射精にいたる。
 これは一種の反射作用といえ、自分の意志でどうこうできるものではない? 避けるには、爪先にうっかり力が入らないように注意するしかない・・・だと

(女性には体験することができない男性の感覚・・・
不本意な射精という現象があるんだね・・・
それは女性にとって、不本意な妊娠につながるし・・・
で、男性は射精をガマンすることができるらしい
では、射精したくても出ないという現象もあるのかな?
逆に、普段から精液漏れに悩む人とか・・・
不本意な勃起とか・・・あははははは・・・・)
by sikoukairo2 | 2009-09-16 04:19 | Comments(6)