人気ブログランキング |

私の変な質問?

tamacyan.exblog.jp
ブログトップ

2009年 09月 20日 ( 1 )

女性の快感は、なぜ男性よりも深いのか?

 女性がセックスによって得る快感は、男性よりもはるかに大きい? なにしろ、オーガズムに達すると失神する人までいるのだから、その快感の深さは男性とは比べ物にならない・・・らしい
 女性が絶頂時にそれほどの快感を得るのは、脳内で多量の快感物質が分泌されるためだ?
 人間の脳内には、脳内麻薬とも呼ばれる快感物質が存在する。 たとえば、「脳内モルヒネ」 と呼ばれるβエンドルフィンには、強い鎮痛効果がある。 女性が絶頂に達したときには、このβエンドルフィンが多量に分泌される。 すると女性は、まるでモルヒネを打たれたときのような恍惚感を感じるというわけだ?
 若いころは、それほどセックスが好きではなかった女性が、オーガズムを知るにつれて、男性を激しく求めるようになることがある? これは、脳内麻薬による一種の ”中毒症状” ともいえるのだ。
 なお、このβエンドルフィンは、女性が出産するときにも分泌される。 分娩には陣痛がともなうが、脳内モルヒネが分泌されることで、女性は激しい痛みに耐え抜くことができるというわけだ・・・だと

(女性は脳で快感を増幅している?
ということは、快感物質が分泌されない状態でのセックスは
味気ないというか、冷めた行為でしかないのか・・・
不本意なセックスで感じることができないのは
この快感物質の分泌が無いから?
で、麻薬を併用したらどうなるの?想像がつかないよ)
by sikoukairo2 | 2009-09-20 04:12 | Comments(0)