人気ブログランキング |

私の変な質問?

tamacyan.exblog.jp
ブログトップ

2009年 10月 28日 ( 1 )

男性ホルモンを飲むと、精力が衰える?

 精力増強のための ”戦術” は、人さまざま・・・らしい
「オレは、やっぱりニンニクたっぷりの焼き肉だな」 という人もいれば、「2000円以上のドリンク剤がいい」 という人もいる。 なかには、体を鍛えて基礎体力をつけることで、精力増強を考えるという正統派もいる。
 そうした精力増強法のなかで、けっしてやってはいけないのが 「男性ホルモンを飲む」 という方法だ。
 たしかに、精力を増強するうえで男性ホルモンの果たす役割は大きい。 男性ホルモンの働きが高まれば、精子をつくる機能が増す。
 だからといって、男性ホルモンを外部から摂取して体内の男性ホルモンを増やしても、長期的にはいい結果にならない。 一時的に強くはなっても、長い目で見ると、男性ホルモンをつくる機能そのものを衰えさせるからである。
 体内の男性ホルモン量は、性腺刺激ホルモンの分泌量によってコントロールされている。
 もし、外部から男性ホルモンを大量に摂取すると、脳は十分に男性ホルモンがある状態と判断し、性腺刺激ホルモンの分泌を抑えてしまうのだ。
 そういう状態がつづくと、体内の男性ホルモン生産機能が低下しはじめる。 極端な場合、男性ホルモンを飲みつづけなければ、男性としての機能が維持できなくなる危険性すらある。
 男性の体内には、もともと男性ホルモンをつくる機能が備わっている。 それなのに、男性ホルモンを飲んでその機能を肩代わりすると、本来もつ機能を衰えさせてしまうわけである・・・だと

(私が子どものころ、男性が精力増強のため、ホルモン焼を食べるという行為が理解できなかった
内分泌物質のホルモンを焼いて食べるのかと、大きなカン違いをしていたからね・・・
ホルモン焼は精力増強につながるかもしれないけど・・・語源を知ってさらにおどろいた
「放る物」 つまり、捨てる物という言葉の変化だと
で、老人が男性ホルモンを飲めば、機能が復活するのかな?そんなの見たくないけど・・・
子どもに男性ホルモンを与えたら、オソロシイことになるかも)
by sikoukairo2 | 2009-10-28 04:51 | Comments(0)