人気ブログランキング |

私の変な質問?

tamacyan.exblog.jp
ブログトップ

2010年 05月 10日 ( 1 )

ソープランドで遊ぶのは犯罪?

 「ソープランドへ行く」とは、大きな声ではいいにくいものだ? 武勇伝を声高に披露する人もいたりするが、ソープランドが警察に摘発されたという新聞記事をときどき目にしたりすることもあり、「売春という犯罪行為をしている」と宣言することにもなりかねない。
 ところが、ソープランドで遊ぶことが本当に犯罪行為かというと、じつは微妙なところがある。
 ソープランドで遊ぶのが犯罪だと思われるのは、昭和31年に制定された売春防止法があるからだろう。これは、その名のとおり売春を防止するための法律で、その施行によって「赤線」と呼ばれた売春地帯はすべて閉鎖された。
 売春防止法には、総則として「何人も、売春をし、又はその相手方となってはならない」と明記されている。
 その点、たしかに売買春を禁じているのだが、その一方で買ったほうの客については、罰則規定が決められていない。
 客の勧誘、売春の斡旋、場所の提供などについての罰則は記されているが、買った客を罰する条文はない。だから現実には、摘発されるのはソープランドの経営者であって、お客が罪に問われることはない。警察に連れて行かれたとしても、それは店側の犯罪を立証するための参考人という扱いになる・・・らしい
 わかったようなわからないような話だが、ようするにソープランドで遊んだからといって、現実には身柄を拘束されたり、起訴されたりすることはない。
 ま、それにしても、法律が売買春を認めていないことは事実であり、やはり大きな声でいえないのもたしかなのだが・・・だと

(ところで、売春とか赤線の語源って何だろう?
春を売る、何となく心地よい響きに聞こえそうだけど・・・
他の季節ではダメだったのだろうか?
赤線もピンクとか桃色のほうがイメージしやすいのでは?
線でなくて点とか面だったらどうなんだ?)
by sikoukairo2 | 2010-05-10 02:10 | Comments(0)