人気ブログランキング |

私の変な質問?

tamacyan.exblog.jp
ブログトップ

2010年 09月 28日 ( 1 )

ソープに欠かせない、スケベ椅子のお値段は?

 ソープランドには通称「スケベ椅子」と呼ばれる椅子がある。プラスチック製の風呂用椅子なのだが、座る部分が「凹状」にくりぬいてあるのが特徴。ソープ嬢がその凹部分に腕を入れ、お客の股間を洗えるようになっている。
 この”スケベ椅子洗い”は最初のほうで行なわれるサービスであるとともに、ソープ嬢がお客のペニスの状態や病気の有無をチェックする時間帯でもある。
 このソープランドに欠かせないスケベ椅子は、ひとつ2万円ほどする。
 スケベ椅子を発明したのは、東京・大森海岸のソープランド店長といわれる。いまでは、股間が洗いやすいという長所から、痔に悩む人や、介護用品として購入する人も増えている。
 スケベ椅子の座高を少し高くしたものが、「くぐり椅子」である。
 「くぐり」というのは、ソープ嬢が椅子の下に仰向けに寝て、椅子の下をくぐりながら、手や口をつかってサービスをするからである。アクリル製で、ソープ嬢が仰向けに寝ながら移動できるほどの大きさ・高さがあり、値段もスケベ椅子よりもずっと高く、ひとつ6万円はする・・・らしい
 また、ソープランドには、マットプレー用のマットも必要だが、これは思ったより安くて約8000円。納入されるときには空気が抜いてあり、ポンプで空気を送ってふくらませてからつかわれている・・・だと

(スケベ椅子は、一人エッチも含めて実用的に使えそうだね。でも2万円は高いゾ
くぐり椅子は、一般家庭用としては、どうかと思えるし、マットも工夫すればと思うけど・・・
で、そもそも風呂場にあれこれ持ち込むほど広くないよぅ)
by sikoukairo2 | 2010-09-28 05:16 | Comments(0)