人気ブログランキング |

私の変な質問?

tamacyan.exblog.jp
ブログトップ

2010年 09月 30日 ( 1 )

AVで発射される「精液」の正体って?

 アダルトビデオの男優といえば、いつでも勃起し、射精のタイミングも自由自在、女性を喜ばせるテクニックは抜群、まるで「セックスマシーン」のように思っている人もいるだろう。
 しかし、彼らも、素顔はふつうの人間。いざ撮影となっても勃起しなかったり、予定よりも早く漏らしてしまうといった失敗もある? とうぜん人間である以上、二度目の射精では、精液の量は少なくなる。
 しかし、それでは”絵的”に迫力不足というときにつかわれるのが、ニセの精液。卵の白身かローションをベースにして、コンデンスミルクやデンプンなどを加え、ドロッとした雰囲気にした液体である。
 さるAV監督によれば、どうしても本番がダメという女優の撮影や、いわゆる「中出し物」にも、ニセ精液がつかわれることがあるという。
 では、その見分け方はというと、射精するとき、男優がペニスをしごくのではなく、ただ握っているだけのときが怪しい。小型ポンプなどをつかって、ニセ精液を飛ばしている可能性が高い・・・らしい
 また、アダルトビデオのマニアにいわせると、「顔射のときの女優の表情で見抜ける」そうだ・・・だと

(アダルトビデオを作製する側の裏話だね、観る側もそれを知っていて見抜くとは見事な観察力だよ
で、射精以前の問題、AV男優も勃起不全になるのかなぁ?)
by sikoukairo2 | 2010-09-30 03:44 | Comments(0)