人気ブログランキング |

私の変な質問?

tamacyan.exblog.jp
ブログトップ

2010年 10月 01日 ( 1 )

盗撮ビデオの”やらせ”の見抜き方?

 アダルトビデオの人気ジャンルに「盗撮物」がある。トイレや温泉、銭湯、プールの脱衣場、カーセックスの現場など、さまざまな盗撮物作品が発売されているが、そもそも盗撮は犯罪行為であり、「盗撮物」とうたうAVには、いわゆる”やらせ”が少なくない・・・らしい
 要するに、出演料を払った女性に一般人を装ってもらい、いかにも盗撮したように仕上げた作品である。
 やらせを見抜くコツは、まず音声に注目すること。。音声がクリアなものは、90パーセントやらせと考えてよい。
 本当に盗撮しようと思えば、声がきちんと拾えるほど近寄れないし、またカメラマンの動く音や風の音など、不自然な音が入るもの。ましてや、カーセックスの盗撮ではウィンドーが下りているわけで、音声を拾うのは不可能である。
 また、女の子の顔がはっきり写っているのも、やらせの可能性が高い。
 盗撮は人目を忍んで撮影するものであり、顔がはっきり写る位置にカメラを近づけられるはずがない。そんなところにカメラを設置すれば、たちまちカメラの存在に気づかれてしまうだろう。
 だから、たとえ、顔の部分がモザイク処理されていても、顔のはっきり写るものは怪しいと考えたほうがいい。
 さらに、盗撮の相手が一般人なら、顔がわかるような状態で販売するのもおかしい。女の子の顔がはっきり写せるのは、出演料を払い、顔出しの了解を得ているからである・・・だと

(ときおり盗撮で捕まったという記事を目にする、犯人にしてみれば、とっても恥ずかしい容で有名人になるわけで、地位や名誉のある人なら、なおさらだ・・・
で、盗撮者は危険を冒して、のぞき見をするほど性的に飢えているのだろうか? それとも盗撮という行為のスリルを楽しんでいるの? 単なる嗜好と答えられたら、返す言葉も無いけど・・・)
by sikoukairo2 | 2010-10-01 03:22 | Comments(2)