人気ブログランキング |

私の変な質問?

tamacyan.exblog.jp
ブログトップ

2010年 10月 16日 ( 1 )

酔っぱらっている時の精子は質が悪い?

 子供のころ、親にひどい成績表をみせると、「あんたは、パパが酔っぱらっていたときにできた子だから」などと、母親にため息をつかれた人もいるのでは?
 たしかに「酒は百薬の長」といわれるとともに、「酒は百毒の長」という言葉もあるくらいで、多量の飲酒をつづけると肉体にさまざまな障害が生じるのは事実。とはいえ、酔っぱらったときに射精すると、直前まで飲んでいたアルコールの悪影響がすぐにあらわれて、質の悪い精子が放出されるなんてことがあるのだろうか?
 そもそも、飲酒が男性の生殖能力にどんな影響を与えるかをめぐっては、長年、研究対象とされ、多くの実験が行なわれてきた。
 その結果、大量飲酒をつづけると睾丸が萎縮し、精子の数が減り、その活動能力が落ちることがわかっている。大量の飲酒が男性能力を低下させることは間違いない?
 ただ、大酒を飲んだ直後、そのアルコール分が精子にどんな影響を与えるかは、残念ながらまだはっきりしていない。少なくとも、受精日に飲んだ酒が胎児に悪影響を与えた例は、医学的にはまだ報告されていない・・・らしい
 そこから、現時点では、「ベロベロに酔っぱらって、セックスしたからといって、質の悪い精子が射精されることはまずないだろう」というのが、専門家の見方だ。
 それよりも問題なのは、酒を飲みすぎると、一時的なインポテンツにおちいりやすいことだろう。適量の酒は性的興奮をうながすが、大量の酒は勃起をうながす神経の働きを抑制してしまう。
 というわけで、小づくりに励む夜は、酒はほどほどにしたほうがいいことは間違いない・・・だと

(男性は、酔っぱらっていると勃起しにくいらしい、フニャチン状態のまま射精するの?
酔い過ぎて、セックスをしたことすら覚えていない、ということもあるの?
朝、目覚めたら、他人の家だった、といういこともあるの?
で、放出された精子が、ほんのりと桜色・・・なわけないか・・・)
by sikoukairo2 | 2010-10-16 04:22 | Comments(0)