人気ブログランキング |

私の変な質問?

tamacyan.exblog.jp
ブログトップ

2010年 10月 23日 ( 1 )

「生理はうつる」といわれる根拠とは?

 昔から「生理はうつる」という説がある。たとえば、女性グループで旅行したとき、メンバーに生理の人がまじっていると、「本来は予定日じゃない人の生理がとつぜんはじまる」ということがあるものだ・・・
 これについて、産婦人科医に意見を求めると、この現象はあながち偶然とは決めつけられないという。ある程度、科学的な裏づけもあるようだ。
 そもそも、女性の体内では、脳の命令にそって、各種の女性ホルモンが分泌されている。その働きで、周期的に卵子がつくられては排卵している。
 そのさい、排卵された卵子が受精しなかった場合は、古い卵子を廃棄して新しい卵子をつくりなおすために、黄体ホルモンと呼ばれるホルモンの分泌がとまる。これを合図に、卵子は血液などとともに体外に排出される。これが生理のメカニズムだ。
 一連の過程は約28日周期で起きるはずだが、例外も生じる。
 たとえば先にあげた例のように、身近にいる人が生理になって「私はなりたくない」と強く思っていると、それがストレスとなって、脳下垂体が刺激される。すると、自律神経が変調をきたし黄体ホルモンの分泌がストップしてしまう・・・らしい
 そうして「もらい生理」とでもいおうか、本来ありえない時期に生理がはじまってしまうのである・・・だと

(男性には、女性の生理は理解できないかな? 周期的に訪れるブルーな気分の数日間。
でも、生理があるから自分が女性だという自覚をもてるし、周期的に訪れるから体調の変化や健康状態にも気を配れるよね。
で、男性の射精は気持ちイイだろうけど、女性の生理は気持ちよくないゾ、少し不公平な気がする) 
by sikoukairo2 | 2010-10-23 03:30 | Comments(0)