人気ブログランキング |

私の変な質問?

tamacyan.exblog.jp
ブログトップ

2010年 10月 26日 ( 1 )

早漏の男性には女の子が生まれやすい?

 巷には「男女の産み分け」についていろいろな噂が流れていて、そのひとつに「男性が早漏だと、女の子が生まれやすい」という説がある。この説、荒唐無稽のようだが、多少の「科学的根拠がある」という。
 まず、女性の膣内は、細菌やウイルスの侵入を防ぐため、ふだんは殺菌作用の高い酸性に保たれている。ところが、性交をして快感をおぼえると、膣内にアルカリ性の粘液がにじみでてくる。快感度が高いほど、膣内はアルカリ性に傾くことがわかっている。
 ここで問題となるのは、男性の精子の特徴だ。
 精子には、女の子になるX精子と男の子になるY精子の2種類があるのだが、両者は、酸とアルカリに対して、正反対の性格をもっている。X精子は酸性に強く、Y精子はアルカリ性に強いのだ。
 したがって、男性が早漏で女性がまだあまり感じていないとき、つまり膣内がまだ酸性のときに射精すると、どうなるか?
 Y精子は膣内の酸性環境に負け、子宮にたどりつく前に力尽きてしまう。酸性に強いX精子だけが生きのびて、卵子まで泳ぎつくことになる。そこで、めでたく受精すれば、女の子が生まれることになる・・・らしい
 しかし、この説、医師に確かめると、「理屈はそうでも、現実はそう簡単ではない」という。精子の数が多いため、酸性環境でもY精子が卵子までたどりつくこともあり、例外が多すぎるのだ。
 じっさい、射精時の状況と子供の性別の相関関係で、科学的に実証された説はない・・・だと

(早漏による産み分けに挑むカップルがいたとする、男性は射精すれば満足かもしれないけど
3こすり半で終られた女性はマン足するわけないよね。
欲求不満によるストレスで、体調に変化が起きるかもしれないゾ
で、一人エッチで慰めて、結果、膣内がアルカリ性になったりして・・・)
by sikoukairo2 | 2010-10-26 01:40 | Comments(2)