人気ブログランキング |

私の変な質問?

tamacyan.exblog.jp
ブログトップ

2010年 12月 05日 ( 1 )

「犯」という漢字のアブナイ語源とは?

 「犯人」「犯罪」などにつかわれる「犯」という文字は、法を破ったり、分限を越えた悪い行いをすることをあらわしている。「犯」の左側の部首である「けもの偏」は、尾を巻いて吠え立てている犬をあらわす。いっぽう、右側にははみだすという意味があり、もともと「犯」は犬が囲いを破って人にかみつくことを意味した・・・らしい
 ただ、これにはかなりエッチな異説もある。「犯」の右側は、人がうつむいて「けもの偏」のほうをみている姿とみる説だ。そうなると、暴れているのは犬ではなく、人のほうであり、人間が犬を犯そうとしている姿をあらわした文字が「犯」であるというのだ。
 「獣姦」という言葉があるように、昔は人が性欲を処理するために、犬などの獣を犯すことがあった。そんな獣相手のエッチは、ふつうの社会通念では許されるものではない。そこから、「犯」という字は、許されないことをする意味になったという・・・だと

(獣姦までして性欲を処理したいと思う男性の気持ちを理解できないのだけどぉ・・・
もし、セックスをする相手が獣姦魔だったら、私の中に入ってくるアレは、獣の中にも入っていたモノということになるゾ、想像しただけでゲロゲロ~だね。
まして、犯した動物が♂だったら、なおさらだ。
で、私は幼い頃、「獣」のことを「毛者」だと思っていた、毛深い男性や動物を毛者という意味だと信じていた、今考えれば笑い話だけどぉ、三つ子の魂なんとか・・・で、正直なところ、毛深い男性は少々苦手だ・・・)
by sikoukairo2 | 2010-12-05 02:04 | Comments(0)