人気ブログランキング |

私の変な質問?

tamacyan.exblog.jp
ブログトップ

2011年 03月 30日 ( 1 )

南極に観測隊員と同行したエッチな”弁天さま”?

 戦後初の南極越冬観測隊が派遣されたのは、昭和31年11月のことだ。このとき、男性ばかりで長い冬を過ごすのはつらかろうと、ひとりの”弁天さま”が彼らに同行することになった・・・らしい
 どんな弁天さまかというと、要はいまでいうダッチワイフ。
 南極観測隊員のため、デパートの和服売り場でつかわれていたマネキンを改良したもので、局部をゴムとプラスチック製にし、腰やお尻にお湯を入れるスペースを設け、南極用だけに、つかう人が冷たい思いをせずにすむように工夫されていた。さらにご丁寧なことに、局部には陰毛まで施してあった。
 さぞや隊員たちから人気があっただろうと思いきや、じつはまったくつかわれなかった。その理由はというと、「不気味」だったからである。
 弁天さまをつくった業者がつかいやすさを考え、太ももを切ってしまったのだ。太ももから下のない弁天さまは、顔がリアルなだけに何とも気持ち悪い。誰も抱く気が起こらなかったそうである・・・だと

(長期間の禁欲生活を余儀なくされた隊員の性欲処理はどうしていたのだろう?
ソープ嬢が同行していれば、ブスでもモテモテ、大もうけだできたりして・・・
で、世の中にはドーラーなる、高額で精巧に作られた人形をこよなく愛する人種もいるようだ
人形を気持ち悪いと思うのか、傾向してしまうのかは個人の感性かな?
私も、欲求不満ぎみ、この先好い出会いがあることを願っていますぅ)
by sikoukairo2 | 2011-03-30 03:21 | Comments(0)