人気ブログランキング |

私の変な質問?

tamacyan.exblog.jp
ブログトップ

2013年 01月 05日 ( 1 )

昼下がりのコール

 美多民から夕方には戻るという連絡が入った。
美多民の実家は親族が集まるので、接待役の女性は忙しい・・・らしい
私の実家は誰も来ないから静かすぎて寒気を感じる。
 夕方、美多民の帰宅「ただいま~~」疲れた様子の声。
「あかえり~」出迎える私。
「ふう、ここが一番くつろげる」荷物を置くと、いきなり私を抱擁してきた。
「寂しかった?」「そんなことないよ」「うそ~」
くすっと笑うと、挨拶のような軽いキス。
「さて、荷物を片付けようか」「先にお茶でも飲む?」
「先に着替えもしたいし」「洗濯物はある?」
 着替えを済ませた美多民は早々に水割りを作りはじめた。
「何か軽いツマミがある?」「おせち、白菜の漬物、キムチ、明太子、数の子、たくあん、乾き物・・・」
「豪華だね、夕食は?」「おそばがまだ残っている、てんぷらは無いけど、天かすはある」
向かい合って乾杯!
「ツマミが多いから夕食はいらないくらいだね」「他にもキムチ鍋とか、いろいろあるよ」
「つくづく思ったけど、私は幸せな生活をしていることを思い知ったよ」
「いきなりどうしたの?」
「うん、女性が家事もしないで家でくつろげる生活って、最高に幸せ、親戚の接待のときに思った」
「家事くらい大したことないと思うんだけど・・・」
「だから、私はミネラルを手放さない、どう?」
「へっ?」 共同生活は当分続きそうだ。
by sikoukairo2 | 2013-01-05 02:25 | Comments(0)