人気ブログランキング |

私の変な質問?

tamacyan.exblog.jp
ブログトップ

<   2008年 07月 ( 24 )   > この月の画像一覧

オーガズムは、年をとるほど深く味わえる?

セックスで得られる快感の大きさは、個人によって大きな差がある?
とくに女性の場合、その差は顕著で、ある調査によると
過去に一度もオーガズムを感じたことのない女性は
全体の10~30%にも達し、逆に一度のセックスで
何度も絶頂感を味わえる多重型オーガズムの体験者は
14%だという・・・らしい

さらに、最高のオーガズムを得られる年齢を男女別で見てみると
男性は15~25歳で、女性は30~35歳・・・?
人妻と若いツバメのカップルが、セックスに溺れて
暴走してしまうという現象も、これで理解できる?

ところで、性的な刺激なしに、空想だけでオーガズムに達する
ことができる人がいる??
男性の場合1000人に一人と稀だが、女性は50人に一人の
割合・・・らしい

おまけに、女性は閉経期を過ぎてもオーガズムに達しうる?
男性なら勃起して射精しなければならないが
女性はそういった能力を必要としない?
(男性は勃起しなくても射精することができるのだろうか?謎だ)

閉経期を過ぎた女性がオーガズムに達したり、セックスしなくても
空想だけで女性がオーガズムを得られるのは
大脳新皮質によるコントロールが強いためだといわれる?
性欲やオーガズムが過去の記憶としてインプットされていて
それを大脳新皮質が再現させるというわけ・・・???

だから、この過去の記憶がものをいい、女性は経験すればするほど
より深く感じるようになっていく・・・??

(経験豊富な老女は、いつでもイキまくり??ができる??
アソコも濡れるのかな??
お婆さんが縁がわでお茶を飲みながらひなたぼっこの最中にイッたら
絶対にキモイ・・と思うのは私だけ??)
by sikoukairo2 | 2008-07-31 05:59 | Comments(0)

「絶頂」に達した女性は本当に失神する?

女性のエクスタシーの極致は、「失神」だといわれる?
男性が射精した直後に気を失ったという話しは聞かないが・・・
女性のなかには失神する人もいる?
それだけ、女性の快感の度合いが強い証拠で?
呼吸すらまなならなくなり?
酸欠状態におちいって気を失う・・・らしい

アメリカでこんな事故が起こったことがある?
ジョージア州に住むスカイダイビングの愛好家夫婦が
日頃のノーマルなセックスではものたりないと
空中セックスに挑戦した・・・?
飛行機からパラシュートをつけて飛び降り・・
地上へと舞い落ちる間にセックスをしようという・・・!?

ところが、不幸なことに、パラシュートが開かないまま
夫婦は地面に激突して即死してしまった!
しかし、である・・・
事故後の夫婦の検死を行ったところ・・・
夫婦の体には明らかにセックスをした証拠が残っていた!
どうやら、空中でのセックスがよほどよかったらしく?
パラシュートを開く操作をする段取りになっていた妻は・・・
あまりの気持ちのよさに失神してしまったらしい?
そして、文字どうりの昇天となった・・・

この夫婦、命を落したことは残念にちがいないが
好きな空中遊泳を楽しみながら思いを遂げ?
そのままあちらの世界へ”イク”ことができたのだから?
幸せな死に方をしたといえるのかもしれない??

(ヤルことが派手というか、おバカというか・・
私なら、安全の確保をした上で失神するほどシテみたい・・・)
by sikoukairo2 | 2008-07-30 05:44 | Comments(2)

なぜ、不倫のセックスは気持ちがいい?

セックスの大敵は、マンネリズムである・・らしい
いつも、同じ相手と同じ手順でセックスしていれば・・・
しだいに興奮のレベルは下がってくる・・(確かに・・)
すると、性感は低くなり、濡れるものが濡れなくなり
立つものが立たなくなる・・・(アハハハハ・・・)

しかし、女房相手では、いうことをきかない愚息も
不倫となるとすっくと立ち上がることもある?
女性の場合も、亭主相手では内心「早くすませてよ」
と思っている人が、不倫では燃えて燃えて・・
絶叫また絶叫ということになる?(表現がオーバーだなぁ)

不倫のセックスがかくも気持ちがいいのは?
不倫特有のスリルが性感を高めるためといえる?
不倫には、亭主や女房にバレないかというスリルがある(確かに・・)
そのスリルが、性的な興奮を呼びさます・・らしい

ダットンとアロンという心理学者による有名な心理実験がある?
「吊り橋の実験」と呼ばれるもので、その結論は
「吊り橋を渡りながら、女性に声をかけられた男性は性的に興奮する」??
というもの・・・らしい
つまり、人間の心のなかでは、吊り橋の高さに対する不安や興奮も
異性に対する興奮も、ごっちゃになってしまうのである?
(単にパニクッていただけかもしれないのに・・・)
だから、不倫の秘密を守るという緊張感があると
それが性的興奮にも直結する??

また、男女の恋心は、障害があればあるほど燃えさかる?
心理学では、これを「ロミオとジュリエット効果」と呼ぶ・・らしい
不倫の場合も障害が大きいほど、逢いたさ見たさがつのり
逢えば体も心も燃え上がる・・・?

反面、不倫もマンネリになってくると、興奮はさめ
セックスの快感も落ちていく・・(当然かもしれない・・)
まして、不倫をきっかけに離婚、再婚したりすると
「どうしてこんな男(女)のために離婚までしたのだろうか」
と自問することになりやすい・・・
(あさはかな考えで、行動に移したら・・悲惨な結果がまっていた・・・
ほどほどにしておけばいいものを・・・他人ごとだから、関係ないか・・・)
by sikoukairo2 | 2008-07-29 06:33 | Comments(0)

感じると乳首はなぜ、すぐ立っちゃう?

乳房、乳首の感度には大きな個人差があって
なかには乳首を刺激されても、まったく感じないという人もいる・・らしい
たとえば、胸が小さいことにコンプレックスを持っているような場合は
胸をさわられることを苦痛に思うことさえある・・・らしい
(他人の胸の感度まで、私が知ったことではない)

ただし、よくいわれる「巨乳は感じにくい」という説は、誤り?
巨乳でも、よく感じる人もいれば、貧乳、微乳でも
あまり感じない人もいる?

オッパイのなかで、もっとも感じやすいのは、むろん乳首である?
乳首を愛撫されると、周辺の末梢神経が刺激され、脳に信号が送られ
多くの女性はそれを性感として感じる?
そのとき、乳首が立ってくるのは、脳の指令によって
乳首のまわりの筋肉が収縮するため?
(男の努力も絶対にある・・と思う)

ただし、女性の乳首が立つのは、性感を感じたときだけではない?
テニスや体操など、胸にフィットしたウエアで競技する
女子スポーツ選手を見ていると、乳首が立っていることが
わかることがある?
(男は、そんな所ばかり見ているのか・・・)

スポーツなどによる興奮、発汗、温度の急激な変化など
性的な刺激でなくても、女性の乳首は、ちょっとした刺激でも立つもの・・・らしい

そのあたり、「風が吹いても立つ」といわれる若い男性のペニスとよく似ている?
(男は、エッチしか考えていないのかなぁ?指で弾いてみようか?
どんな反応をするかな?)
by sikoukairo2 | 2008-07-28 05:35 | Comments(0)

Gスポットって、本当にある?

「Gスポット」とは、アメリカの医師であり、性科学者であった
グレーンフェンベルクという人の名前の頭文字をとって
名づけられたもの・・らしい?
ここを刺激することによって、女性はもっとも深い快感を
覚える?といわれている?

そもそも、膣の内部や子宮は、さほど敏感な場所ではなく
感じる神経が集まっているのは、クリトリスと小陰唇と
膣の入り口あたり・・らしい
ところが女体を丹念に探ると・・・
Gスポットを探り当てることができ、その場所を知ることによって
セックスで得られる快感は、それまでの何倍にもなるという説が登場した・・らしい
一時は世の男性の多くが、このGスポット探しに励んだとか・・・?

場所は膣の入り口から4~5センチ入った膣の前壁にあるらしい?

ところが、このGスポットの存在を「幻想」だと否定する人も多い?
その正体は膣がペニスに押し下げられることによって
小陰唇やクリトリス、尿道など神経の豊富な場所が刺激され
それによって快感が得られるだけで・・・
Gスポットなる特別なポイントはない??

また、Gスポットと呼ばれる部分は尿道海綿体にすぎない
という人もいる・・・らしい
さらに、性の革命書といわれた?「ハイト・リポート」で有名な?
フェミニズムの指導者シェアー・ハイトなどは
「幻想のGスポットなるものは、女性を1950年代の
キッチンに閉じ込めることに等しい」といって攻撃している
さて、真偽のほどはどうなのだろう?
Gスポットは本当に幻想なのだろうか?

(実際に感じるのは女性だから・・男性が何人集まって議論しても
経験や推測での話しさ・・・正しい答えは・・・
女性にしかわからないかもね・・・)
by sikoukairo2 | 2008-07-27 12:48 | Comments(0)

再投稿

なぜ、クリトリスはあんなに敏感なの?
(ウフフ・・・)

女性の体で、もっとも敏感なのは「クリトリス」だといわれる
(だれが言ったんだろう?)
学者のなかには(変な学者?)その敏感さをいいあらわすのに
「もし、クリトリスが包皮におおわれていなかったら
女性は感じすぎて自転車にも乗れないだろう」
などという人もいるほどだ
(ためしてみようか?クリトリスにローターを当てたまま
自転車に・・・・乗れないかもキャハ)

クリトリスは、胎児の初期段階の細胞群で形成され
もし胎児が男なら同じ組織がペニスになる?
そのため、クリトリスの構造は、ペニスとよくにている?
たとえば内部には、海綿体、神経繊維、血管などが集まり
先端には陰核亀頭という部分がある?
そして全体が陰核包皮つつまれていて
それが男性でいう包茎状態にあたる?
しかも興奮するとペニスと同じように勃起する?
(あそこが開くんだよね)

ただし、快感の度合いは、男性のペニスよりもはるかに上
神経繊維の密度がペニスよりもはるかに高いから?
(少し得した気分)
それにしても、女性の体にそんな敏感な部分がついている意味は
なにかあるのだろうか?
(ひとりエッチに便利だから・・・
他の動物にもクリトリスがあるのかな?)

人間は、セックスに励むことで、子孫を残してきた
つまり種を保存するためには、セックスに対して
積極的でなければならない?
(セックスが嫌いな人はいないと思うよ)

そのための、性欲を起こすスイッイとして
女性のクリトリスが存在するのではないかという説がある?
(誰がそんな説を言い出したんだろう?)
by sikoukairo2 | 2008-07-26 06:17 | Comments(0)

記事を投稿したのに消えてしまった

内容が過激で消されてしまったのかな
時間を変えて再度投稿してみよう
by sikoukairo2 | 2008-07-25 06:14 | Comments(0)

なぜ、クリトリスは・・・

あんなに敏感なの?
(私に聞くなよぉ)

少しアルコールがはいった?
ん?飲んだよ!

続きは次回にするよ~ん
気が向いてからの投稿だい!

次回に続く・・よ!
by sikoukairo2 | 2008-07-23 19:50 | Comments(0)

耳にキスされると・・・

どうして濡れてしまう・・?

中国の観相学では、耳の形は性的なシンボルとされる?らしい
耳の形は、生涯ほとんど変わらないため、人間の本性を見るうえで
重要な要素とされる・・らしい
そのため、セックスをめぐっても
耳の大きな女性は、男を食いつぶす?
耳がすぐ赤くなる女性は淫乱?
などといわれた・・らしい
(とんでもないいいがかりに思えるけど?)

それらの説はともかくとして、耳と女性のセックスが
切っても切れない関係にあることは確か・・らしい
耳は女性にとって重要な性感帯の一つであり
目や鼻で性感を覚える女性は少ないが?
好きな男性に耳に息を吹きかけられると
それだけでジュンと濡れる女性はかなりいる?・・らしい

セックスには言葉責めというテクニックもあるが
これも、エッチな言葉に興奮するだけではない?
耳のそばでささやかれると、暖かい息が吹きかかるため
性感が高まる??

女性が耳で強い性感を覚えるのは、日常生活では
耳にさわられたり、息を吹きかけられることがなく
まさしくセックス特有の刺激であることが大きい?

耳周辺の神経は、脊髄を通じて、股間の神経までつながっている?
だから濡れる??
(それ以前の問題、口臭のある人は嫌いだよ、近寄るな~)
by sikoukairo2 | 2008-07-22 06:12 | Comments(0)

ヘアが生えているところが・・・

ビンビン感じちゃうわけ?

腋の下や下腹部といった、毛の生えている部分は比較的感じやすい!(納得)
なぜだろうか?

そもそも性感とは、さまざまな皮膚感覚に加え、視覚、聴覚、嗅覚、味覚
さらには大脳皮質で起こる心理的な要因まで含めた複合的な感覚・・・らしい
なかでも、じっさいの性行為で大きな働きをするのは皮膚感覚で
触覚はもっとも深く性感に関係している・・・らしい
その感覚を感じるのが皮膚の触点で、その触点を形成しているのが
パチニ小体、マイスネル小体といった器官・・・らしい
(専門用語を出されたら、理解できないよぅ)

パチニ小体やマイスネル小体は、性器や唇に多く分布している・・らしい
したがって、それらの箇所を愛撫すると、パチニ小体やマイスネル小体が
刺激を感じとり、脳に伝えて性感を引き起こすことになる・・らしい
腋の下や下腹部が感じやすいのは、パチニ小体、マイスネル小体が
毛根の近くに分布しているため・・だと
(そんなことを考えながらエッチしないぞぅ)

とはいっても、その部分をさわるとすぐに、「アッハ~ン、ウッフ~ン」
となるわけではない・・(たしかに・・・)
性感は複合的な感覚であり、好きな人にさわられるといったような
心理面まで含めて充足しなければ、快感は訪れない・・・らしい
(すぐ入れたがる人に読んで聞かせてやりたいよ)
by sikoukairo2 | 2008-07-20 06:39 | Comments(0)