私の変な質問?

tamacyan.exblog.jp
ブログトップ

<   2008年 11月 ( 30 )   > この月の画像一覧

近親相姦はどうしていけないの?

 ヒトゲノム計画によって、人間の遺伝子のほぼ全容が解読された・・らしい
ただし、個々の遺伝子がどのような影響を及ぼすのか・・・
細かな内容の解明は今後の課題である・・・だと
 これまでに判明してきたところによると、残念ながら
人間には悪性の遺伝子を持っている人が想像以上に多いことがわかっている?
 ただし、それらの多くは劣性の遺伝子であり、対立する優勢遺伝子が健全であれば
劣性遺伝子は抑えこまれて、悪性の症状はあらわれない・・らしい
 だが、近親者どうしが結婚した場合は、話がちがってくる?
男女ともに劣性の遺伝子をもっている確率が高くなり
その間に生まれる子供に遺伝病が出現する可能性がきわめてたかくなる・・らしい
遺伝子科学が発達する以前から、人間はこのことを経験的によく知っていた?
これが、近親結婚が人類共通の禁忌とされてきた最大の理由である・・らしい
 以前、研究機関が21種類の遺伝病に関して調査したところ
他人どうしの結婚では3000回に1回の確率で遺伝病が出現するが
いとこどうしの結婚になると、180回に1回の割合にまで、ふえることがわかっている?
 180回に1回というと約0.5%の確率で低いように思えるが・・・
他人どうしの結婚に比べると、16.7倍もの高い確率になる・・だと

(テレビで観た映画 「悪魔が来たりて笛を吹く」 だったかな?
近親相姦を題材にしたストーリーだった・・・
普通であれば、血縁者同士は幼い頃からの顔見知りであり
血縁者同士の結婚は自然に避けることはできる・・・
しかし縁あってのものとか、本人同士の意向など一筋縄でかたずけられない事態が
起こりうることも事実だろうね・・・
仮に遺伝子操作が可能だとしても、倫理的問題を置き去りにするわけには
いかないだろうし、さらに宗教的問題も絡むとさらに事態は複雑化する・・・

以前に読んだ小説で、題名は忘れてしまったけど・・
いとこ同士がふざけて始めたレズごっこがエスカレートする内容の本も思い出した
レズなら妊娠する心配は無い、と言いたいのではなく・・・
内容の異色性に加えて、リアルな性的描写というか、表現で小説を読みながら
濡れてしまったこともあったね・・・)
[PR]
by sikoukairo2 | 2008-11-30 15:35 | Comments(0)

男女はお望みどおり、産み分けられる?

 男女の産み分けに関しては、さまざまな俗説がある・・・らしい
たとえば、セックスをする前に重曹水を飲むと男の子ができ
女性のオーガズムが射精より一瞬遅くなると女の子が生まれやすい
などといったものがある・・・
 また、体位によって産み分けられるという説も根強くあり
男の子が欲しいときは騎上位ですればいいなどという
ただし、騎上位は本当は妊娠しにくい体位であり
男女にかかわらず子供が欲しいなら、正常位でするのがいちばんいい?
 そのなかで、女性の食事内容と、生まれてくる子供の性別について
精密に研究した科学者がいる・・・らしい
ジャック・ロレイン博士とジョセフ・ストルコウスキー博士の二人で
彼らの説によると食物にふくまれるミネラルが人体のイオンに影響を与え
生まれてくる子供の性別を決定するという?
 具体的には、女の子が欲しい場合はカルシウム2028mg、マグネシウム254mg
ナトリウム675mg、カリウム2947mgを毎日摂取する?
男の子が欲しい場合は、カルシウム297mg、マグネシウム135mg
ナトリウム5000mg、カリウム3873mg、塩化カリウム600mg
で、・・・実際に200人以上の女性に対して、受精一ヶ月前からこの数値をもとに
食事をとらせたところ、82%という高いパーセンテージで産み分けができたという?
 日本でも、戦時中に男の子が多く生まれ、戦後女の子の出産確率が高くなったのは
母親のとる食事の栄養バランスが変化したためだともいわれている?
俗説では、野菜類を多くとると男の子が生まれ、肉類が多いと女の子が生まれる
ともいわれている・・・だと

(産み分けについては諸説あるようだけど、人工授精のような確実性の高い
手段を取らない限り、当たるも八卦の世界から抜け出せないのかもね
他にも数打てば当たる、という手段もあろうが・・・経済的問題が生じるよ
私が聞いた話では、農家で8人姉弟の末っ子長男という例があるらしい
よほど男の子が欲しかったんだろうね、跡取息子が・・・
親もシブトク頑張ったものだよ、拍手だね、私なら8人も産みたいとは思わないけど)
[PR]
by sikoukairo2 | 2008-11-29 06:06 | Comments(4)

人工授精で男の子が多く生まれる理由?

 人工授精では、男の子が生まれる確率が高くなる・・らしい
Y染色体がX染色体よりも軽いため?精液を容器に貯蔵したさい
Yが表面にXは底に集まってしまうから・・だと
容器の上から三分の一はYが80%、底の三分のはXが80%
中間の三分の一は50%ずつといった割合になる・・らしい
 ところで、この原理を利用して男女の産み分け法をいち早く商品化した会社がある?
アメリカのバイオテクノロジー企業のバイオジェネティスク社らしい
とはいっても、ヒトに対してではなく、ウシを対象にしたものだと・・
 メス牛は、オス牛に比べると、5~25倍もの高値で売れる?
そこで、自然の摂理だは、メス・オスがほぼ同じ比率で生まれるところを
メスだけ多く生まれるようにすれば、経済効果が大きくなると考えたわけだと・・
 同社では、短時間に精子をXとYに分離できる溶液や分離機を開発し?
底にたまったX精子を持つ精液だけを取り出してメスに人工授精するようにした・・
この方法だと10頭中7~8頭のメス牛が生まれる・・らしい

(牛も災難だねぇ・・・エッチした覚えがなくても妊娠しちゃうんだから・・・
牛は何を考えているのか聞いてみたいものだよ・・
人間だったら、本人が知らない間に望まぬ妊娠をしたら大問題だ
で、牛もエッチしたいと思うのかな? それなりの快感を得ているのだろうか?
牛の交尾を見たことが無いから・・・当然後背位で・・・前技も無しで・・・
有ったら笑えるかモ~
牛が感じたときの顔や声を想像してしまった・・あははは・・・)
[PR]
by sikoukairo2 | 2008-11-28 04:57 | Comments(0)

体外受精と人工授精は、どう違う?

 精子を発見したのは、オランダのアントン・バン・レーウェンフーク博士
1677年のことだった・・らしい
 自分の精子を顕微鏡でのぞき、そこに「尾をかたつむりのように動かして進む
微生物」を発見する?
だが、それは自分の精液のなかだけに住む微生物かもしれないと
手当たりしだいにほかの男性の精液を集め、顕微鏡で観察した・・
その結果、彼はどの人の精液にも精子がいるのを確かめ、ロンドンの王立協会に通知
精子の存在は世間に知られるようになった・・らしい
 さて、「試験管ベビー」という言葉があるが、試験管のなかで胎児を育てる
というわけではない?人間の場合・・・
たとえ体外で受精しても、卵を育てるのは女性の子宮内でなければならない?
「体外受精」は、卵子を女性の体内で取り出し・・
体外で精子と合体させてから受精卵を再び子宮に戻すというやり方?
これと混同されやすいのが「人工授精」である・・?
 人工授精は、精液を注射器で直接子宮内に送り込み、受胎を期待する方法で
夫の精液をつかう場合を「配偶者人工授精」といい
夫以外の場合を「非配偶者人工授精」という・・・らしい
 もちろん、倫理的な問題があるため、誰でも無条件に人工授精できるわけではない
配偶者間の人工授精でも、「結合前早漏、尿道下裂などで膣内射精が不可能」
「精液中の精子が極端に少ない、あるいは精子の運動性が80%未満」
「排卵期の子宮頚管の粘液が強すぎて精子が子宮に入れない」
「膣の酸性度が強すぎて、膣内で精子が死んでしまう」
などの場合に行われている・・らしい
 「非配偶者人工授精」では、さらに精子を提供する男性にも厳しい条件が
つけられていて、「20代である」「奇形や遺伝的疾患その他、悪性疾患がないこと」
「血清学的異常、Rh型不適合がないこと」
などの条件がある・・・だと

(二世の誕生を望む人にとっては、深刻な問題だよね・・・
でも・・手段があるとなれば、希望につながるよ
世の中には産みたくても、産む機能そのものが損なわれている人だっているからね
そうなると・・できちゃった婚は幸せだと考えなければ・・・・)
[PR]
by sikoukairo2 | 2008-11-27 03:06 | Comments(0)

ピルを飲むと太る?

 つい最近まで避妊用ピルが認可されていなかったため
日本では治療用ホルモン剤を避妊用に転用するケースが多かった・・らしい
月経困難症などのトラブルに対応する薬で、治療用なので
含有するホルモン量は避妊用ピルよりかなり多い薬・・らしい
これらの薬は、「高用量ピル」「中用量ピル」と呼ばれる
 一方、避妊用ピルはホルモン量が少ないため、「低用量ピル」と呼ばれている・・
そして、低用量ピルに関しては、これまでピルの副作用であった
体重増加の問題は、かなり改善されている・・らしい
 ピルを服用すると体重がふえやすいのは、ピルに含まれる
プロゲステロン剤が男性ホルモンと似た働きをし、食欲を増進させて
筋肉組織をふやすためだと考えられている?
増進する食欲にまかせて食べていると、太るのも当然・・だと
 また、やはりピルに配合されているエストロゲン剤には
体の組織に水分を蓄える作用がある・・らしい
そのせいで、体がややむくんだ感じになる?
 ただし、体質によって、ホルモンの作用はかなりちがうため
誰にでもこういった副作用があらわれるとは限らない?
 わが国でもついに、認可された低用量ピルに関しては
ホルモン量が少なく、プロゲステロンの質も改良してあるため
太る心配はまずないという・・・だと

(それにしても、薬を使用することは体に対して負担を与えることに
変わりはないと思う・・・
できれば薬は使わずに済むほうがいいに決まっているよ

それよりも昨夜はメンテナンスらしく、マイ・ブロブにアクセスできなかった
ことの方が焦った・・・・)
[PR]
by sikoukairo2 | 2008-11-26 18:00 | Comments(0)

ピルを飲むと、どうして避妊できるの?

 男性のなかには、妊娠させるのはイヤだが、コンドームを装着するのはめんどうだし
膣外射精もスッキリしないという人がいる・・・らしい
で、「ピルは避妊効果100%、こんな確実なものはない」と
女性にピルの服用をすすめることになる・・・
 たしかに、ピルの避妊効果は、ほぼ100%・・・らしい
その秘密は、ピルを飲むことによって、女性の体を妊娠状態にしてしまうところにある
つまり、妊娠中にセックスをすることで、さらに妊娠することはありえない・・
という原理を応用している・・・らしい
 女性は、月経が終わってから排卵までの期間、さかんに卵胞ホルモンを分泌している
排卵してから次の月経が始まるまでの期間は、黄体ホルモンが分泌される
そして月経後、再び排卵の準備が整えられ、卵胞ホルモンが分泌される
だが、妊娠中はもう排卵されずに黄体ホルモンの分泌が続くことになる
その状態を人工的につくって排卵自体をあらかじめ止めてしまうのがピルなのだと
 したがって、成分は黄体ホルモンが主体になり、それに少量の卵胞ホルモンを
配合してある・・・らしい
もともとは、この二つのホルモン(総称して女性ホルモンと呼ばれる)が
バランスを保つことで女性の体は成り立っているわけで・・・
ピルによってそのバランスが人工的につくられるわけだ・・・
ピルだから安心、と安易に避妊を女性まかせにしないで・・・
女性の体も思いやってあげたいものだ・・・だと

(今日の記事はうれしいね、めずらしく女性の体をいたわってくれたよ
薬で身体の機能を騙すようなことをするんだから、常用したらよくないだろうね
逆に、男性用のピルは無いのかな?精子の生産を中断させる薬は・・・
あれば画期的だね、セックスをしても射精をしなければ男性は体力の温存になるから
今までよりも、もっとセックスを楽しめるかもしれない

で、男性でも女性ホルモンを使用する人がいるらしい、自らの身体を女性化させるために・・
これも身体に相当な負担をかけているにちがいないだろうね・・・)
[PR]
by sikoukairo2 | 2008-11-25 03:04 | Comments(4)

セックスのあとでも有効な避妊法がある?

 セックスしたあとに服用する避妊薬がある・・・らしい
通称「モーニング・アフター・ピル」と呼ばれるもので
性交後72時間に飲むと避妊できる?
成功率はかなり高く、失敗率は1.4%程度・・だと
ただし、副作用があるため、レイプなどの緊急措置としてしか、ふつうはつかわれない?
 この薬は、排卵前であれば、その月の排卵を遅らせたりなくしたりすることで
受精のチャンスを失わせ、妊娠しないようにする・・・
排卵後であれば、子宮内膜を妊娠できないような状態にしてしまう?
 「妊娠を避けたい、でも避妊具はめんどう」という人には、便利な薬のようだが・・
その副作用は相当なもの・・らしい
一時にたくさんのホルモン剤を服用するのと同じで、吐き気や嘔吐
不整性器出血などが起きたり、頭痛がひどくなる、常用できる薬ではない・・
 それだけでなく、すでに妊娠していることに気づかないまま服用してしまうと
胎児に悪影響を及ぼす可能性もある・・
もしも、この薬を使用する必要があるなら、医師の指導を受けて使用すること・・
 ちなみに、「セックスしたあと、女性の膣にコーラを注ぐと精子が全滅して妊娠
しない」 という話しをよく聞くが、これは大ウソ・・
科学的な根拠はかけらもない・・だと

(男の口説き文句に、「やらせろよ、減るものじゃないだろ?」と
言う人がいた、たしかに減るものではないけど・・増えるから始末が悪い
それ以前の問題で、私にも相手を択ぶ権利がある!と言ってやりたい
さらに、入れても発射するなと言えば、男は納得するかな?)
[PR]
by sikoukairo2 | 2008-11-24 01:10 | Comments(0)

完ペキに避妊できる方法?

 不妊手術をして精子や卵子の通り道をふさがないかぎり
100%妊娠しない避妊法はない・・・らしい
 たとえば、もっとも信頼されているコンドームでさえ、装着ミスで失敗することがあり
その失敗率は2%程度といわれている?
ただし、コンドームは簡単に購入でき、性感染症の予防にもなるため
日本では、これがいちばん安全で手軽な避妊法だろう?
 これとは別に精子を殺す避妊法としては、ゼリー、フィルムなどの殺精子剤がある?
セックスのまえに膣内に挿入し、薬剤が溶けて精子を殺す仕組みだが・・・
薬の効く時間が短く、タイミングが悪いと効果は低い・・らしい
 精子の侵入を防ぐため、子宮口にペッサリーというゴム製のカップをかぶせる方法もある
しかし、これは膣内に異物を入れることになるので、女性にとっては抵抗のある方法で
失敗率も6%以上と、コンドームに比べたらリスクがある・・・
 子宮内避妊具と呼ばれるリングを子宮内に入れ、受精卵が子宮に着床するのを
防ぐ方法もある・・
だが、2~3年ごとにリングを交換する必要があり、人によっては、お腹の痛みや
出血を伴うこともある
そのため、失敗率は2~5%と低いにもかかわらず、利用者は少ない
 さて、射精する直前に、ペニスを膣から抜いて外に出す膣外射精はどうだろう?
「オレは絶対大丈夫」とうそぶいている男性も多いようだが・・・
失敗率がもっとも高い方法らしい
望まれない妊娠の多くは、膣外射精の失敗によるもの・・・だと

(女性にとって妊娠、出産は大事業だよね・・・
昨今の出生率の低下からみると、生涯に一度の経験となる人が多いよ
それが望まれない妊娠だったら悲惨だ、でも当事者の責任だからね
身体にメスを入れることなく、妊娠しない方法は・・・セックスをしないというのも
選択肢のひとつになるよ・・・でも、それだと男性は困るだろうね・・・)
[PR]
by sikoukairo2 | 2008-11-23 03:46 | Comments(0)

大人がおたふく風邪になると、子種をなくす?

 おたふく風邪は、名前はユーモラスだが、かかる時期によっては
恐ろしい病気である・・・らしい
 この病気は、正式には「流行性耳下腺炎」といって、耳下腺にウイルスが侵入するため
頬がおたふくのようにふくれあがる・・・
 子供のころにかかれば、そう怖い病気ではなく、免疫ができるため
二度かかることはほとんどない
 だが、成人男性がかかると、話はまったく別で、ふくれあがるのは、頬だけでは
すまなくなる・・・
ウイルスが睾丸にまで侵入するケースがふえ、精巣炎を起こす可能性が高くなる
 すると、睾丸も大きくふくれあがり、炎症がひどくなると、精子をつくる機能に
損傷をきたすこともある・・・らしい
昔から、「大人がおたふく風邪にかかると、子種がなくなる」といわれるのは
このため・・・らしい
 だが、最近では、おたふく風邪にかかって一時的に精子をつくる機能がダウンしても
「もう、おれは子供ができないよ」とあきらめることはない?
幸い、睾丸は二つあり、睾丸の機能が二つとも損なわれるケースはまれだし
ちゃんと治療すれば、数週間から数か月後には、回復していくことが多い・・だと

(大きくふくれあがった睾丸とは・・・どのようなものか見てみたい気がする・・・
それにしてもなぜ睾丸なんだろう?このウイルスは、いかなる場所にも侵入するのかな?
たとえば唇だったら、たらこのような唇になる?女性の胸ならバストアップ?
男性のペニスなら・・・すごいことになる?パンツに収まらないとか?
いつも、くだらないことばかり思いつくなぁ・・・・
ペニスが霜焼けになったらどうなる?・・・とか・・・)
[PR]
by sikoukairo2 | 2008-11-22 01:43 | Comments(2)

レイプによる望まれない妊娠が多いわけ?

 キリスト教をはじめ、各宗教にとって、妊娠の人工中絶を認めるかどうかは
教義上の大きな命題である・・らしい
現代においても賛否両論あるなか、中絶容認派から否定派に対して
「レイプによる妊娠も中絶できないのか」という深刻な疑問が投げかけられている・・
 この疑問が登場する背景には、それだけレイプによる望まれない妊娠が多い
という事実がある・・らしい
じっさい、レイプでは、通常のセックス以上に妊娠する確率が高まる?
 女性の体内では、生命の危機など、重大な困難に直面したとき・・・
種を残そうという本能的なメカニズムが働く?
生殖ホルモンが分泌されて、排卵が起き、受精卵が子宮に着床しやすい状態になる?
その結果、安全日や生理中など、通常では妊娠しにくいと考えられる時期でも
妊娠する可能性が急激に高まる・・らしい
 生命の危機にさらされたとき、妊娠しやすくなるのは、レイプにかぎったことではない?
たとえば、栄養状態がひじょうに悪くなると、女性はかえって妊娠しやすくなる?
 そのため、栄養状態のいい先進国ほど、不妊症に悩む人がふえ
栄養状態のあまりよくない開発途上国では、不妊症患者はほとんどいないという?
 女性が不倫をすると妊娠しやすいといわれるのも、この女体のメカニズムと
無関係ではない・・らしい
 不倫という背徳的な行為によって心が揺れ、それが刺激になって
排卵を誘発することになるようだ・・・・だと

( 女性の本能的なメカニズムについては、専門家の研究結果や意見を参考に
しなければ、理解し難い部分が残るよね・・・
女性自身が望まない妊娠に対する防御機能は無いのかな?やられ損で終わり?
 さらに疑問が残る、栄養状態と不妊症だけど・・・
普通に考えれば、栄養状態が悪いほど妊娠が難しいと思えるが、事実は逆だと・・
これは、メカニズム意外の要因、見せ掛けの栄養状態に惑わされていないかな?
先進国に多い肥満は、カロリー過多による生活習慣病患者集団と考えれば・・・・
カロリーが少なくても栄養バランスの良い食事を摂取したほうがより健康的であり
妊娠も容易となる・・・
あまり自論を持ち出すのも良くないかな?)
[PR]
by sikoukairo2 | 2008-11-21 03:51 | Comments(2)