人気ブログランキング |

私の変な質問?

tamacyan.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 10月 ( 31 )   > この月の画像一覧

しばらくセックスしないと、なぜ精液が黄色くなる?

 しばらく射精しないでいると、精液の色が妙に黄色っぽくなってくるものだ? 思春期に精通がはじまった当初、黄色い精液を見て、性病にでもかかっているのではないかと心配になった人もいるだろう?
 射精しないと精液が黄色くなる理由は、精液の成分構成にある。 1回の射精で放出される精液の量は、だいたい3cc。 このうち1ccは乳白色の液体で、精液が白いのはこのためだ? 残り2ccはゼラチン状の物質で、この物質はある程度体内にとどまっていると、濃度が濃くなり、黄色っぽくなってくる? それが、精液が黄色くなる原因・・・らしい
 このゼラチン状の物質は、精子が受精するうえで重要な役割を果たしている? かりに、精液が乳白色の液体だけで構成されていると、膣内に放出されたときすぐ外に流れ出てしまい、精子が卵子にたどりつく確率が低くなる? 液体だけでなくゼラチン状の物質も含んでいることで、精液は女性の体内にとどまり、受精の可能性が高まるというわけだ・・・
 なお、セックスの回数が少ないと、このゼラチン物質の精液に占める割合が増えてくる? それだけ女性の体内にとどまりやすくなり、受精する確率が高まるのだ・・・そうすれば、あまりセックスができないような環境でも、子孫を残しやすいというわけ・・・だと

(長期間の禁欲生活をしたとき、精液はさらに濃縮されて白→黄→茶→黒になる?わけないか・・・
ゼラチン状物質も濃縮されて、ハチミツ状→マヨネーズ状→マスタード状に変化する?
接着剤のような粘度になると出てこなくなったりして・・・
男性は、常に新しい精子が製造されるので、放出せずにはいられない・・・らしい
本人の意思でなくても出てしまうことがあるのだろうか?
女性の欲求不満とは異なる感覚だろうね・・・)
by sikoukairo2 | 2009-10-21 03:31 | Comments(6)

なぜ男は”射精の瞬間”をガマンできないのか?

 射精を自由自在にコントロールできたら、どんなにすばらしいだろう・・・
男性なら誰しも、そう考えたことがあるはず? 女性が達すると同時に射精するのは、セックスの醍醐味といえるが、そんな醍醐味を、毎回味わえる?
 だが、これを行うのは、ひじょうに難しい? 早すぎたり遅すぎたりして、なかなか思い通りにいかないものである? 自分でコントロールできないのは、射精が意思ではなく、反射によって起こるから・・・らしい
 射精とは医学的にいうと、性的興奮が高まることで精管へ押し出された精子が、ペニスの筋肉のけいれんによって噴出される現象のこと? ペニスの筋肉が約1秒間隔で3~7回収縮し、その圧力で精液が押し出される?
 この筋肉の収縮を自由にコントロールできれば、射精も自由にコントロールできるようになるのだが、そうはうまくいかない? ペニスのけいれんは、脊髄にある神経の命令によって起こるからだ?
 これは、生理学では 「反射」 と呼ばれる大脳を通さない動きであり、自分の意思で制御できないのだ? そのため、脊髄からの命令が発せられると、もはや自分では止めることができなくなるのである・・・だと

(女性には理解できない現象だけど・・・
もし、出したいときに思い通りに出すことができるなら
男性の性的興奮が高まったとき以外で出すことになる・・・
それで男性は満足できるのだろうか?
で、検尿で違うものを出してしまったり?・・・)
by sikoukairo2 | 2009-10-20 05:07 | Comments(11)

飲みすぎると、なぜ勃たなくなる?

 デートにはアルコールがつきものだが、注意したいのは飲みすぎである。 飲み過ぎると、いざ事におよぼうとしたとき、肝心のペニスが役立たずということになりかねない。 あるいは、勃起してもなかなか射精できず、「まだァ」 と嘆かれることになる・・・らしい
 飲み過ぎると勃起しなかったり、射精できなくなるのは、アルコールに神経を麻痺させる作用があるため。 ペニスを勃起させ、射精するまでにはさまざまな神経・中枢がからんでくる。 飲み過ぎると、それらの神経・中枢の連携に齟齬が生じて、勃たなかったり射精できなくなるのだ?
 過度のアルコールが勃起や射精をいかに妨げるかを示す、次のような実験もある。 イヌにアルコールを投与し、その量に応じて勃起や射精能力がどう変化するかをしらべたの・・・らしい
 投与するアルコールの量は、体重1キロ当たり0.5cc、1cc、2ccの3レベル。 すると、もっとも少ない0.5ccでは、イヌは勃起した。 とこるが、最大の2ccを投与した犬は勃起せず、当然射精できなかった。
 この1キロ当たり0.5ccは、体重60キロの人間に置き換えると、日本酒2合もしくはビール1本に相当する。 これぐらいならほろ酔いですみ、勃起もできるというわけだ。 一方、イヌが勃起しなかった2ccは、体重60キロで換算すると、日本酒8合もしくはビール4本に相当する。
 この量は、むろん体質による個人差はあるものの、一応の目安にはなる。 一杯飲んだあと、彼女とベッドインするつもりなら覚えておいたほうがいい・・・だと

(実験に使われたイヌも迷惑だったのではないだろうか?
実際にイヌが何を考えていたか、わからないけど・・・
で、醸造酒を飲んだ人の吐息は悪臭いよね、近寄れないよ
そんな人からキスをされた最中、ゲロでもされたら最悪だ
考えただけでも気持ちわりぃ・・・)
by sikoukairo2 | 2009-10-19 05:02 | Comments(0)

持続時間10分は「早漏」か「遅漏」か?

 男性にとって、”持続時間” は重要な命題である? 他人と比べて自分はいったい早いのか遅いのか、あまり公になる数字ではないだけに、なおさら気になるところ? 少なくとも、自分が早漏や遅漏でないことを確認したいと思っている人は多い・・・らしい
 これまでのアンケート結果を総合すると、日本人男性の平均的な持続時間は10~20分という数字が出ている? もっとも、これより早ければ早漏、遅ければ遅漏という話ではない・・・
 そもそも、男性の持続時間は、セックスにとってそれほど大きな問題ではない? そのカップルが満足しているのであれば、早かろうと遅かろうと関係ないわけだ・・・ アンケート調査によると、男女とも、持続時間が5分以内で満足している人もいれば、30分以上でも不満という人もいる?
 また、かりに早漏気味だったとしても、テクニックでフォローすることはできる? 持続時間が短くて彼女を満足させられないなら、前戯にたっぷり時間かければいい? 前戯で彼女がイク寸前までもっていけば、挿入後の時間が短くても彼女は十分満足するはずだ?
 そうはわかっていても、自分が早いか遅いか気になりつづけるのが、男の性・・・だと

(持続時間って・・・男性のその時の体調や諸条件で変化するもの・・・
ピストンのスピードやストロークの長さ、ピストンの径や向き
シリンダの状態や供給されるオイルの量・・・それらを時間だけで判断するのも変だよ
もし、メトロノームのような機械的運動をしたらと考えたら、吹き出してしまった・・・
で、シリンダとの相性や満足度が優先されるべきだね)
by sikoukairo2 | 2009-10-18 05:05 | Comments(4)

”更年期障害”はなぜ起こるのか?

 子どもがある程度大きくなって、やっとひと息つけると思うころになると、突然体調を崩す女性がいるものだ? 暑くもないのに顔がほてったり、寒くもないのに手足が冷えたり、妙にイライラしたり、不眠症に悩んだりする・・・らしい
 40代から50代の女性で、こんな症状が出たら 「更年期障害」 の疑いが濃厚だ?
更年期障害は、女性の閉経期にともなうホルモンバランスの崩れから起きる諸症状のこと。 なぜ、こんな症状が起きるのだろうか?
 閉経とは月経が止まることだが、この時期、女性の体内では卵巣が急激に小さくなり、ホルモン分泌量が減少するという変化が起きている? すると、ホルモン分泌量の減少分を補おうと、脳下垂体は性腺刺激ホルモンを盛んに分泌する?
 その結果、ホルモンのバランスが崩れて、自律神経系の失調障害が起きやすくなるのだ?
 ちなみに、こうした症状は男性にはあまり見られないといっていい。 男性の場合、女性と違って40代から50代で生殖能力が失われることはない。 睾丸から分泌されるホルモン量も、緩やかなカーブを描きながら落ちていく。 そこで、女性のように、ホルモンバランスが急激に崩れるということはないのだ?
 男性の場合も、40代後半あたりから心身に異常をきたす人が少なくないが、それは過度のストレスなど、別の原因によるものと考えられる・・・だと

(私は、学生時代に、更年期障害を高年期障害だと思っていた
つまり、老人の病気を総称した言葉だと信じていた・・・
なぜなら、病院などは老人の社交場となり
会話もどこかしら体調不良がないと、世間話に入れない状態?
のように思えていたから・・・
今思えばアハハなカン違いだけど、将来そんな時期が来る?
と思えば少し悲しい・・・
で、婆になっても生理があれば、それも怖いけど)
by sikoukairo2 | 2009-10-17 02:14 | Comments(2)

下着を汚す「オリモノ」の正体って?

 女性のショーツを汚すものといえば、生理のときの出血がまず思い浮かぶが、くわえてもう一つ、「オリモノ」 と呼ばれるものがある。 女性のショーツには、よく黄色いシミがつくが、それはオリモノによってできるシミだ。 「オリモノ」 とは、女性器から出る分泌液の総称。 膣から分泌される液のほか、子宮からの分泌液、頸管粘液、外陰部の皮脂腺、汗腺の分泌液などが含まれる・・・らしい
 これらは日々分泌されているもので、老廃物を排出したり雑菌の侵入を防ぐという役目がある。 また、排卵時にはふだんよりも量が増えて、精子が子宮の中に入るのを手助けするという役割を果たす。
 色は無色か白色なのだが、乾くと黄色く変色する。 ショーツにつくと黄色くなるのは、そのためである。
 このオリモノ、やっかいなのはショーツにシミをつけるだけではない。 ふだんは無臭に近いが、生理の直後はかなり強く臭うことがある・・・だと

(女性の隠れた悩みの一つだね、清潔にしていても、本人の意思とは関係なく出てくるモノだから・・・
下着の汚れが気になる人は、普段からアテモノを使うしかないけど、肌に合わない人もいるらしい
もっと困るのは臭いが強い人がいるらしい・・・他の香りで隠そうとしても、強い香りが使えない場合もある
男性には、あまり関係のない話題だけど、興味を示す人もいるのかな?)
by sikoukairo2 | 2009-10-16 02:36 | Comments(0)

タンポンを使うと、トイレが近くなる理由とは?

 生理中は、女性にとってなにかと不便なことが多い・・・ナプキン派の人は、ズレや漏れが気になって激しく動くことができないし、頻繁にトイレに行ってナプキンを交換する必要がある・・・
 一方、ナプキン派に比べればさほど支障がないように見えるタンポン派だが、それなりに面倒なことがある?
 トイレが近くなることだ。 水分を多くとっているわけではないのに、タンポンを使うとなぜかオシッコが近くなる・・・らしい
 これは尿の量が増えるのではなく、タンポンによって膀胱周辺の神経が刺激されるため?
 タンポンは吸収性の高い素材を膣内に入れ、生理時の血液を吸収しようというもの。 むろん、血液を吸収したタンポンは膣のなかで膨張していく。 この大きくなったタンポンが、膀胱周辺の神経を刺激するのだ?
 そのため、膀胱が尿があまりたまっていない状態でもたまったように感じ、トイレが近くなるという・・・だと

(私はナプキン派だね、タンポンのほうが違和感が強い気がする
どちらを使おうと個人の勝手だから、といえば・・・それまで
で、以前タンポンが不足した時期があった・・・らしい・・・それも、Lサイズ・・・
原因は未確認情報によると、生理時に使うのではなく
自慰の小道具として使用されたようだ
タンポンにコンドームを被せて、普段から挿入したままの状態で
時折、オナニーをしていたとか・・・
このタンポン不足現象は、膣内で雑菌が繁殖するとの情報が広がり
いつしか、話題にもならなくなった・・・らしい
今でも、タンポンオナニーの愛好者が存在するかもしれない)
by sikoukairo2 | 2009-10-15 02:28 | Comments(0)

生理の血液は、なぜ”漏れやすい”?

 生理用ナプキンのCMで頻繁に耳にするのが、「漏れないから安心」 というコピー。 それだけ生理の血液は漏れやすく、それを気にする女性が多いということだ。
 生理の血液が漏れ出しやすいのは、生理の血液がふつうの血液に比べて凝固しにくい性質をもっているため・・・らしい
 ふつう血液は大量出血でもないかぎり、血管から出るとすぐに凝固する。 これは、小さなケガや注射のときを思い出せば、よくわかるだろう。
 ところが、生理による出血は固まりにくい仕組みになっている。 月経血には、プラチスミンというタンパク質溶解酵素が含まれている。 これが、血液に含まれるフィブリンという止血効果のあるタンパク質を壊してしまう。 そのため、生理の血液はなかなか凝固しなくなる?
 そんな仕組みになっていることには、むろん理由がある。 生理のメカニズムから説明すると、女性の体内では毎月卵巣から卵子が排出され、いざ受精するときに備えて、子宮内膜は厚みを増していく。
 ところが、一定期間を過ぎても受精しないと、子宮内膜は不要と判断され、体外に排出されることになる。 このとき、子宮内膜は血液と一緒に排出される。 血液とともに、子宮内膜を押し流す・・・
 しかし、もしそのとき、血液がすぐ固まってしまえば、子宮内膜が子宮内にとどまってしまう。 そうならないために、生理時の血液は固まりにくくなっている・・・だと

(生理の回数がもっと少なくなれば、処理が楽になると思うのは私だけ?
月経血も無色透明なら目立たなくていいのに・・・
使用するナプキンの数も年間だとあなどれない枚数だし・・・
最近はオリモノ用のパンティーライナーを使用すれば、ナプキンを節約できるけど
それに、ショーツの汚れを防ぐこともできる
お気に入りの下着は大事に使いたいし、ブラとペアの場合はなおさら・・・
男性にはわからない女性の悩みだね)
by sikoukairo2 | 2009-10-14 02:09 | Comments(0)

生理痛は、なぜあれほど痛い?

 職場の女性が 「生理痛でお休み」 と聞くと、どこか釈然としない男性もいるだろう。 「たかが生理痛ぐらいで休むな」 といいたいところだが、当の女性にしてみれば、まさしくのたうつような苦しみを味わっていることもある・・・らしい
 生理痛の痛みは、人によってさまざまである。 ほとんどなにも感じない人もいれば、起き上がれないほどの激痛に苦しむ人もいる。 ふつうは下腹部が痛くなるのだが、重い人の場合、下半身全体が痛くなる場合もある。 鎮痛剤を飲んでも、痛みが治まらない人も3~10%ほどはいる? 「子宮をえぐられるような痛み」 と表現する人もいて、こればかりは男性には想像のできない痛みだ・・・
 生理に苦痛がともなうには、いくつかの理由がある。
①月経時の血液が子宮頚管をスムーズに流れないこと。
②子宮が収縮すること。
③血液循環が悪くなること。
などで、これらの変調が腰の重さや、キリで刺すような痛みをもたらす・・・
 なお、思春期から20代前半にかけては、ホルモンや精神状態の影響で、症状が重くなるケースが多い。 その場合20代後半あたりから、症状はしだいに改善されてくるが、逆に30代になってから、生理痛が重くなるケースもある。
 これは、子宮や卵巣になにか異常があると懸念されるので、たかが生理痛とあなどらず、専門医に診察してもらうこと・・・だと

(まさしく、男性には体験できない痛みだね
だから、理解されないのかな?
でも、痛いものは痛いんだ!)
by sikoukairo2 | 2009-10-13 02:37 | Comments(0)

なぜ「生理の前は眠くなる」のか?

 生理時に、腹痛や頭痛を訴える女性は少なくない。 なかには、布団から起き上がれないほど重い人もいる。 この生理痛については、男性もある程度は知っているものだが、あまり知られていないのが生理前の「眠気」 ・・・らしい
 生理の1週間ほど前になると、寝不足でもないのに、女性はやたらと眠くなる。 朝、なかなか起きられなかったり、日中仕事をしようとしてもやたらと眠くなったりする。 眠気に勝てず、つい机の前でウトウトするOLも少なくない?
 これは、「月経前症候群」 と呼ばれる症状の一つだ。 女性の体は妊娠に備えて、排卵と生理を約1ヶ月のサイクルでくり返している。 そのサイクルのなか、生理の1週間ほど前から、プロゲステロンという女性ホルモンの分泌が活発になる?
 このプロゲステロンが活発に分泌されると、体内のビタミンB6やマグネシウムが欠乏しやすくなる。 これが精神状態に影響を与え、眠気をもよおすと考えられている?
 月経前症候群は、眠気以外にもさまざまな症状を引き起こす。 腹部の膨満感や下腹部の痛み、むくみ、イライラなどである。 ただし症状には個人差が大きく、まったく感じない人もいれば、とにかく眠いし体はむくむし、イライラしつづけという人もいる・・・だと

(こんな記事を読んだ男性読者は、何を思うのだろう?
意外と複雑でデリケートな女性の生理を理解してくれる?
・・・わけないか・・・体験できないからね)
by sikoukairo2 | 2009-10-12 02:02 | Comments(0)