私の変な質問?

tamacyan.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 12月 ( 9 )   > この月の画像一覧

お知らせ

私のパソコンを修理するために、全てのデータを失いました
悪質なウイルスによるものだと思います
大きな悲しみと怒りがこみ上げてくるのを感じています
勝手ながら、しばらくブログには怖くて手が出せません
読者の皆様にはご理解をお願いします

(外部PCよりマイブログにアクセス)
[PR]
by sikoukairo2 | 2009-12-14 07:18 | Comments(4)

お知らせ

パソコンの故障につき、記事の更新ができません
修理が終わるまでお休みします


(外部PCよりマイブログにアクセス)
[PR]
by sikoukairo2 | 2009-12-08 07:11 | Comments(2)

「ホルモン焼きで精力がつく」は真実?

 夏バテしたとき、強い味方となるのがホルモン焼き。 ステーキには手が出なくても、安価なホルモン焼きなら心おきなく食べられる・・・
 このホルモン焼き、夏バテ対策だけでなく、強壮効果もあると思っている人は多いだろう。 「ホルモン」 と名がつくからには、いかにも男性ホルモンをたっぷり含んでいそうだ。
 ただし、ホルモン焼きを多べることで、男性ホルモンを吸収できると考えるのは間違いである・・・らしい
 そもそも、ホルモン焼きと男性ホルモンには、なんの関係もない。 これは、ホルモン焼きという名前の由来を考えればよくわかる。 ホルモン焼きは、牛や豚の内臓を焼いたものだが、かつては牛や豚の内臓は捨てていたところから、関西弁で 「放るもの焼き」 をシャレて、ホルモン焼きと呼ぶようになったのだ?
 ただし、男性ホルモンとは関係ないとはいえ、牛や豚の内臓に高い栄養価のあることは事実。 体力回復にはもってこいで、体力不足から精力が衰えている人には、多少の効果があるといえるだろう・・・だと

(だからといって、焼き肉臭い口でキスされるのも考えものだね
口の周りが油でギトギトだったら、ゾッとする
で、最近はホルモン焼き店に入る女性客が多いそうだ
草食系男子を狩る前の肉食系女子といったところだろうか?
魚が好きな私のツブヤキ・・・)
[PR]
by sikoukairo2 | 2009-12-07 02:51 | Comments(0)

仕事がOA関係の女性は流産しやすい?

 最近は、妊娠中であっても、大きなお腹を抱えて働くのが当たり前になってきている・・・らしい
そんな女性を悩ませているのが、「OA関係で働く女性は流産しやすい」 という噂である。 オフィスのOA化によって、パソコンの前に一日中座っている女性は少なくない。 すると、OA機器が発する電磁波が胎児に悪影響を与え、流産しやすくなるというのだ。
 たしかにOA関係で働く女性で、流産するケースはときどきある。 だが、その原因の多くは、電磁波以外に求めたほうが正解のようである。
 そもそも、パソコンの前に一日中座っていると、体のあちこちに大きな負担がかかる。 同じ姿勢で画面をじっと見つめていると、血液の循環が悪くなり、とくに骨盤周辺の血液がとどこおりやすくなる。 これが電磁波うんぬん以前に、流産を招く原因になるのだ?
 また夏場は、冷房による冷えすぎも母体にはよくない。 さらに、妊娠中はそもそもストレスがたまりやすい。 それに仕事のストレスが重なれば、やはり流産を招く原因になる。
 とはいえ、OA関係の仕事につきながら、ほとんどは元気な赤ちゃんを産んでいる。 座りっぱなしを避けるため、時間を決めて社内を歩くとか、冷房の効いている部屋では膝かけをするといった工夫をして、マイナス面をカバーしたい・・・だと

(オフィスよりも過酷な条件で働いている妊婦もいることは事実だろう
で、妊婦のようなデブもいるゾ、ラードを貯めこむ恥知らずな人)
[PR]
by sikoukairo2 | 2009-12-06 01:02 | Comments(0)

「男腹」「女腹」って本当にあるの?

 マクロ的に見ると、赤ちゃんは男女ほぼ2分の1の確率で生まれてくる。 ところがミクロ的に見ると、家庭によって、3人とも男の子だったとか、5人つづけて女の子だったという話がある・・・らしい
 コイン投げだって、表が5回つづくこともある。 たんなる偶然といえばそれまでだが、生命の神秘をめぐる話だけに、そこにはなにか理由があるようにも思える。 はたして、男ばかり生まれる 「男腹」、女ばかり生まれる 「女腹」 というのは、本当に存在するのだろうか?
 経験的にいえばたしかに 「男腹」 「女腹」 は存在するようである。 3代にわたって生まれた子どもが72人全員女だったとか、35人のうち2人を除いて全員男だったというケースも世の中にはある。 偶然というには、あまりに男女どちらかに偏るケースが多いのである。
 男腹、女腹という現象が起きるのは、夫婦のいずれかが性染色体に特殊な遺伝子をもっているためと考えられている?
 性別は、X染色体とY染色体の組み合わせによって決まるが、たとえば男子をつくるY染色体の中に、女子をつくるX染色体の生成を妨害する遺伝子が含まれていると、その家系からは男子ばかり生まれることになる。 逆に、Y染色体をつくりにくい遺伝子をもっていると、女子しか生まれなくなるというわけ・・・だと

(それだと、男性に問題ありってことかな?
でも、望めば男女の産み分けだってできる世の中だぞ?
噂話には、農家で8人兄弟の末っ子長男がいるとか
親は跡取りが生まれるまで根性で子づくりを続けたのか?
私なら、そんなに何人も生めない気がする・・・
セックスばかりしている夫婦は円満なのだろうか?)
[PR]
by sikoukairo2 | 2009-12-05 02:57 | Comments(8)

「女性器を清潔にしすぎてはダメ」の根拠とは?

 最近ではかならず朝シャンして、食後は歯磨きを欠かさないという女性が増えている。 そんな女性は、むろん女性器も清潔にしていることだろう。 じっさい、携帯用のビデを常備して、トイレに行くたびに女性器を洗う人もいる・・・らしい
 女性器をいつもきれいにしておくのは、いい習慣のようだが、そこには落とし穴が隠されている。 「女性器を清潔にしすぎると、かえって細菌に侵されやすくなる」 というのである。
 膣内には、デーテルライン桿菌という菌が存在し、この菌は、膣内に侵入してくる細菌を殺すという重要な役目を帯びている。 そもそも膣には、多種多様な細菌が入ってきやすい。 セックスによる感染はもちろん、肛門に近いため大腸菌も入ってくる。 それらの細菌の侵入を、デーテルライン桿菌が食い止めているのだ?
 ところが、膣内を頻繁に洗浄すると、このデーテルライン桿菌まで洗い流されてしまう。 すると膣の護衛者がいなくなるため、細菌の侵入を許し、膣炎にかかりやすくなる。
 そもそも、セックスのあとやオリモノの多いときをのぞけば、膣内を神経質に洗う必要はないのだ。
もっともそれは膣内の話で、外陰部は清潔にしておいとほうがいい。 オリモノが付着していると、そこで細菌が繁殖しやすくなる。 膣内の洗いすぎに注意しながら、外陰部はよく洗うこと・・・だと

(外陰部を清潔にするのは理解できるけど・・・
中には簡単にしか洗わない人もいるようだ
理由はそれぞれだろうけど
アノ部分って意外と複雑な形をしていから
それなりに気をつかって
清潔にしておくに越したことはないだろうね)
[PR]
by sikoukairo2 | 2009-12-04 00:58 | Comments(0)

「生理中に入浴すると病気になる」は本当か?

 かつて、生理中の女性は不浄な存在とされてきた。 戦前は、「生理中は神社にお参りしてはいけない」 という禁忌をかなりの人が守っていたくらい・・・らしい
 さすがに、いまでは 「生理だからお参りはダメ」 という人はいないが、「生理の日に入浴してはいけない」 という人はいる。
 このタブーは、もともとは 「お湯が汚れる」 という理由から生まれてきたのだろうが、最近では医学的な理由からダメだという人もいる。 生理中は抵抗力が落ち、細菌に侵されやすい。 入浴すると、汚れたお湯が膣内に入り込むため、入浴は避けたほうがいいというのである。
 しかし、この説は間違い。 膣はふだん閉ざされているわけで、入浴したからといって細菌が侵入する危険はまずない。 これは生理中も同じで、細菌の侵入を心配する必要はない。
 そもそも、穴が開いているからといって細菌の侵入を心配するのはナンセンス。 それなら、鼻や耳の穴にも詰め物をしなければならなくなる。
 むしろ、生理中はふだん以上に、清潔を心がけたほうがいい。 生理だからといって体を洗わずにいると、月経血が分解し、生臭く臭うことがある。 生理時のいやな臭いを防ぐには、性器周辺をきれいに洗ったほうがいいのである。
 血液で風呂場やお湯を汚すのが心配なら、タンポンをして入ってもいい。 シャワーだけでもいいから、生理時ほど清潔を心がけたほうがいい・・・だと

(近頃はだいぶ冷え込んできたので、入浴は湯船に入り温まりたいと思うね
もっとも一人暮らしだから、お湯が汚れるなんて考えていないけど・・・
布団の中で温めてくれる人がいないのも事実
楽な生活だけど、少しさみしかったりして・・・)
[PR]
by sikoukairo2 | 2009-12-03 02:01 | Comments(4)

「生理中は性欲が高まる」は真実?

 女性は、生理中のセックスをいやがるものだ。 生理中だからといって体に悪影響を与えることはないのだが、「汚れるのがいや」 「生理痛でとてもそんな気分になれない」 というのがおもな理由・・・らしい
 ところが、その一方で 「生理中の女性は性欲が高まる」 という説がある。 じっさい、「生理中のほうが興奮する」 「妊娠の危険がないので安心してできる」 という女性もいるようだ。
 生理中に性欲が高まることがあるのは事実だ。 生理時には、男性ホルモンのテストステロンとよく似たホルモンが分泌される。 男性であれ、女性であれ、性欲を刺激するのは男性ホルモン。 その男性ホルモンが分泌されるため、ふだん以上に性欲が高まりやすくなるというわけだ。
 だからといって、生理中の女性がみんなセックスをしたくてたまらなくなるわけではない。
いくら男性ホルモンが分泌されていても、先にあげたような理由から、生理中のセックスは避けたいという気持ちも起きる。 「本当はセックスしたいんだろ」 なんて無理に迫ると、むろん嫌われるもとである・・・だと

(生理中のセックスは経験が無いけど・・・
汚れたシーツの後始末を考えれば、試してみようとも思わないね
もし経血が多くて、汚れたシーツでそのまま寝るのもいやだし・・・)
[PR]
by sikoukairo2 | 2009-12-02 02:45 | Comments(4)

「ブラジャーをする男が増えている」ってホント?

 ブラジャーというと、多くの男性にとっては 「見るもの」 である。 たとえば風俗店でも、ブラジャーを着けた女のコが出てくるランジェリーパブは、人気ジャンルの一つ・・・らしい
 そんなブラジャーを 「見る」 ではなく、「つける」男性が、いま増えているという。 それも、一種の女装趣味者ではあっても、ゲイではない男性で、妻や恋人のいる男性も少なくない。
 デパートの下着売り場では、「自分用です」 と店員に伝えたうえで、堂々と買っていく男性もあらわれているという。 下着専門店には、お客の男女比が半々という店もあるほどだ。
 インターネット上には、そんなブラジャーを愛する男性たちのサイトもある。 「ブラジャーをつける男性」 というと、世間では白い目で見られ、妻から変態扱いされる。 そんな悩みを語り合ったり、一方でどんなブラジャーいいかといった情報交換を行っているのだ。
 彼らがブラジャーにハマッた理由はさまざまだ。 ある人は中学生のときに、姉の下着をこっそり着けて以来、ハマってしまったという。 また、別の人は彼女に誘われて着けたところ、その快適さに目覚めたそうだ。 ブラジャーで胸を締めつける感じがいいそうで、たしかに男性がこれまで味わったことのない感覚ではあったのだろう。
 女性のオッパイをおおうためにつくられたブラジャーだが、男性が着けても人に迷惑をかけるわけではない。 近い将来、男性用に開発されたブラジャーが下着売り場にあらわれる日がくるかも・・・だと

(最近、通販のカタログで男性用ブラジャーなる商品を見かけたことがある
使用目的が理解できないけど、わざわざ胸を締めつけるような行為をするなんて・・・
できれば着けないほうが楽で開放的だと思えるけどね
夏場にYシャツの下にブラジャーが透けて見えたりして・・・
それもピンク色でレース付きとかだったら、少し引くゾ
いや、かなり引くだろう、たぶん・・・)
[PR]
by sikoukairo2 | 2009-12-01 03:36 | Comments(0)