人気ブログランキング |

私の変な質問?

tamacyan.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 05月 ( 29 )   > この月の画像一覧

赤ちゃんに負担をかけなければ・・・

妊婦とだってエッチできる?

 「妻が妊娠中なもので、つい別の女性に手を出してしまいまして・・・」
テレビの人生相談番組で、顔を隠したまま男性がこんな告白をする場面を見ることがある。妊娠中はセックスをしてはいけないというイメージがあるから、性欲の行き場をなくした男性はこういった事態を引き起こしてしまうのだろう・・・
 では、本当に妊娠中のセックスはいけないのだろうか?
 実は妊娠したからという理由で、セックスを控えなければならないことはない・・・らしい
セックスをすることでお腹の胎児に悪い影響を与えるのではないかという心配は無用だ?
 しかも、妊娠中の女性の身体はいつもより敏感になっているので、ふだんとは違う快感を得られるという女性が多いのだ。妊娠期のセックスで新たな快楽を経験し、夫婦の絆がいっそう深まるなんていうこともあるかもしれない。
 妊娠中にセックスした女性はオーガズムに達したときに子宮が収縮して腹部が張ることがあるようだが、たいていは数分で収まるので静かに様子を見ればよい。妊娠期だからといって必要以上にセックスを抑制することはないのである。
 そうはいっても、無制限にセックスをしていいということではない。妊婦のお腹には赤ちゃんが入っているのだから、お腹に負担がかかるような体位はNGである。騎乗位や横臥位、あるいは後背位など、できるだけお腹に負担にならない体位をもちいることが必要だ。
 あまりの気持ちよさに我を忘れて、お腹にグイグイ体重をかけるなどということのないように注意したい。SMチックな過激なプレイや、バイブなどのおもちゃを使ったプレイなども避けるべきだろう。
 こうした点に気をつければ、妊娠中にセックスしても大丈夫。これで「妻が妊娠中なもので・・・」という言い訳は通用しなくなるはず。妊娠中のセックスは、夫の浮気防止の有効な武器にもなりそうだ・・・だと

(では、妊婦でなくても妊婦のように腹が出たデブとのセックスも同様だろうか?
腹の肉を捲り上げて、やっと陰毛が見えてくるような女性がいるかもしれないゾ
または、腹の肉を捲ったら何だ!パンツ履いてるの?!ということがあるかも
で、肉が邪魔して棒が穴に届かなかったりして・・・)
by sikoukairo2 | 2011-05-31 03:29 | Comments(0)

それでもする?危険がいっぱい、生理中のセックス

 ほとんどの男性は生理中の女性とのセックスを敬遠するはず。行為の最中に血を見るのは気持ちのよいものではない。だが、なかには血を見ると興奮するのか、単なる物好きなのか、生理中の女性としたがる奇妙な男性もいるようだ。
 生理中の女性はふだんよりも快感を得やすいなどという意見もあるにはあるのだが、医学的に考えれば、生理中のセックスは避けたほうがよい・・・らしい
 生理中の膣はデリケートになっていて、ちょっとしたことで傷がついて感染を起こしてしまう。だから、そんなときにペニスのピストン運動をするのは実に危険な行為なのだ。
 それにもかかわらず膣に挿入すると、ペニスがストッパーになり、血が逆流して、排出されるべきものが子宮内に溜まってしまう。それが原因で子宮内膜炎を引き起こすこともある。
 コンドームをつけてのセックスも、膣の中の雑菌を子宮の奥へ押し込んでしまうことになるので避けるべきだ。
 タンポンも異物ではないかという声があるかもしれないが、あれは完全滅菌されていて、血を吸い取ってくれる安全なもの。男性のペニスとは違うのである。
 生理中のセックスによって不運にも感染にかかってしまうと、子宮内膜炎などを引き起こし、それが習慣性流産や卵管炎、腹膜炎、子宮外妊娠、不妊症などにつながる可能性がある。
 女性をこんな危険にさらしてまでセックスをしたいというのは、男性の身勝手以外の何物でもないだろう。
 ただし、生理になると性欲が高まって、自分からしたくなってしまうという女性もいる。そういった女性を相手にするときには、シャワーなどで外陰部を清潔にしたうえで、男性も手や指をしっかり洗ったうえで女性器を愛撫する。クリトリス中心愛撫を心がけて、膣に深く指を入れたりすることのないようにしたい。ペニスはもちろん、バイブレーターやローターといった大人のおもちゃなども挿入してはいけないのである・・・だと

(シーツが汚れて、後の処理もたいへん・・・とか
で、世の中には、経血マニアなる男性が存在するらしい、あれって何?)
by sikoukairo2 | 2011-05-30 02:35 | Comments(0)

「濡れやすさ」が感度のバロメーターにならない根拠?

 多くの女性は、気持ちが乗らないセックスではあまり濡れず、逆に気持ちが乗って快感を覚えたセックスだとよく濡れる。だから、女性器がじっとりと愛液で満たされているのを見た男性は、感激して嬉しくなってしまう。濡れ具合が感度のバロメーターと考えられている?
 そもそも、女性を濡らすねっとりとした液、いわゆる愛液とは何なのか。
 当初は、17世紀の解剖学者、トマス・バルトリンによって発見された「バルトリン腺」という膣口の両側にある分泌口から出る粘液が愛液の正体だと考えられていた。その後、アメリカのマスターズとジョンソンがその説を覆す。愛液が膣の奥のほうから出てくることを発見したのだ。愛液は細胞の中にあらかじめ貯えられていて、女性が興奮すると膣粘膜の細胞と細胞の間の隙間を通り抜けて出てくることが明らかになった。
 愛液はペニスの挿入を円滑にするほか、膣内の酸性度を中和させて精子を守る役割も果たしている。
 愛液で濡れれば濡れるほど男性を喜ばせるのは事実だが、濡れやすさに関しては気持ちの変化だけでなく、体質によっても異なる。もともと体質的に濡れにくい女性もいるし、逆に愛撫などの直接的な刺激を受けなくても、濡れ濡れ状態になってしまう女性もいる。さらには年齢によっても変わる。年を重ねるとともに膣が乾いた状態になるため、若い頃よりは濡れにくくなる。
 つまり、どれだけ愛液があふれているからといって、必ずしも女性が感じているとは限らないのだ。イキやすさと濡れ具合を単純に結びつけることはできないのである。
 しかも、愛液が極端に多い女性は外からの雑菌に弱い。一日中濡れっぱなしなどという女性がいたら、むしろ要注意と考えたほうがいい・・・らしい
 愛液は、ただ女性の興奮の度合いを示して、男性を喜ばせるだけのものではない。やたらにたくさん出ればいいわけではないのである・・・だと

(男性経験の少ない私も、一人エッチをすることがある・・・
頻繁に行うわけではないけど、そのときの気分や体調によっても濡れ具合が異なることは確かだ
セックスも女性は男性が思っている以上にデリケートなことに気を遣ってもらいたいね
で、ローションを使ってまで射精することのみが目的のセックスをされたら、女性は悲しいゾ)
by sikoukairo2 | 2011-05-29 01:48 | Comments(2)

オッパイは大きさだけがすべてじゃない!!

形のよさに惹かれるワケとは・・・

 日本人女性のバストサイズは年々着実にアップしている。ひと昔前であれば巨乳と崇められたかもしれないCやDカップというのは今やさしたるものでもなく、EやF、Hカップという女性も珍しくなくなってきている。
 とはいえ、女性の胸は大きければよいというわけでもない。サイズの大事だが、やはり形も重要だろう。ツンと上を向いた、張りのあるキレイな胸がいいのであって、いくら大きくても垂れ気味なのは勘弁してほしい・・・らしい
 女性からはブーイングが起こりそうだが、こういった男性の心理にはそれなりの理由がある。すべての動物には、自分自身の遺伝子を後世に残そうとする本能がある。そのために、できるだけ生殖能力の高い相手を選ぼうとするのも、生物的な欲求によるもの。
 形がよく張りのある胸は、その持ち主が若くて、しかも出産経験がないということを意味する。そのため、自分の遺伝子を残す相手を選ぶなら、出産を経験して胸が垂れ気味の熟女より、若い女性のほうが適していると本能的に判断されるわけである?
 さて、生殖能力という観点からすると、女性の胸に求められるもうひとつ重要な条件がある。それは、バストが左右対称になっているどうかということだ。人間の身体は右と左が対称にできているように見えるが、実は微妙に違っている。これは胎児になる前の段階で、身体の右側と左側が形作られる際に生じる誤差による。誤差が少ないほうが、より上手に成長する能力があったのだろうと考えれば、左右対称に近い人のほうが健康的で生存能力も高いといえる。
 だから、自分の遺伝子を確実に残したいと考えているなら左右対象の美しい胸を持つ女性をパートナーに選ぶほうが生物学的に理に適っているのだ?
 もっとも、こんな小難しい理屈を並べたてなくても、男性がおっぱい好きであることに変わりはないのであるが、つい女性の胸に釘付けになっているのを誰かに指摘されてしまったら、決して単なるスケベ心ではなく、こうした生物学的理由によるものであることを説明してあげることで、少しは理解を得られるかもしれない・・・だと

(単にスケベ心に言い訳をしているだけの記事としか思えないよね・・・
たしかに、女性の胸の豊かさや形の良さは、セックスアピールの武器として重要な部分だよ
でも、男性が若い女性を好むのは単なる嗜好だよ、世の中には熟女好みの人もいるだろうけど
かの徳川家康は、出産経験のある女性とのエッチが好みの熟女マニアだったという話を聞いたことがある。でも考え方によっては、確実に子どもを産める女性を相手にエッチしたという見方もある
左右対称にしても誰だって微妙に異なるものだよね、見た目の良さの問題だよ
男性は無意識に女性のウエストを観るという記事もあった。子宮の品定めという内容だったかな?
追求すれば、男性は女性の全てを観ているんだよ・・・スケベ心で・・・)
by sikoukairo2 | 2011-05-28 03:42 | Comments(4)

赤ちゃんに母乳を飲ませると・・・妊娠しにくくなる?

 出産が無事にすんで、次の子づくり計画は当分なし。しばらくは子育てに専念して、もちろんまたセックスも楽しんで・・・
 そんなふうに考えているのなら、母乳で赤ちゃんを育てるべきである。母乳を与えることで母体の回復を促し、同時に妊娠しづらい体質になるからだ。
 赤ちゃんが母乳を吸う刺激は、母乳の出を調節する脳の脳下垂体に伝わり、オキシトシンというホルモンの分泌を盛んにする。
 オキシトシンは子宮と関係の深いホルモンで、出産時には子宮平滑筋を収縮させ、陣痛を起こす働きをする。そして出産後には、子宮壁などの傷みを治してくれる。
 赤ちゃんに母乳を与えることが、出産で痛んだ子宮の回復を早めることにつながるのである。
 また、乳首を吸われると脳の中央にある視床下部にも刺激が伝わり、βエンドルフィンという物質が分泌されるようになる。
 このβエンドルフィンという物質は、性腺刺激ホルモンの分泌を促すホルモンの分泌を抑制するため、黄体ホルモンの分泌が減少する。それによって排卵が起きにくくなるから、結果として妊娠する確率も小さくなるというわけだ。
 イヌイットやカラハリ砂漠に住むクン族は常に食糧不足という問題を抱える民族であるが、彼らは長期に渡って子どもに母乳を与え続けることで知られる。これも食糧事情などを考えて妊娠を抑えるためではないかといわれている。
 もちろん母乳は赤ちゃんにとって最良の栄養だ。赤ちゃんの発育に必要な栄養をすべて含んでいるだけでなく、親としての愛情を直に伝えられることを考えれば、なるべく母乳で育てたいところ。
 一時は「おっぱいの形が崩れるから」などと人工ミルクに頼る女性も多かったが、最近は母乳のよさが見直され、赤ちゃんに母乳を与える女性が増えているようだ。また、人前で授乳する際にも恥ずかしくないようにと、オシャレに工夫された婦人服なども出されている。
 母乳があまり出ないという女性は、乳房をよく揉んでみるとよい。母乳の出方や量はおっぱいの大小に関係なく乳腺の発達によるものだから、乳腺を刺激して乳頭に向けてしぼり出すように揉むと出がよくなる・・・らしい
 赤ちゃんにも母親にも大いに役立つ母乳。ただし、父親が飲んでも特にメリットはないだろうからあしからず・・・だと

(今日の記事はかなり真面目な内容だから、ツッコミが思いつかないよ
で、母乳を与えることで気になるのは、やはり、おっぱいの形が崩れること?
カップのサイズがダウンしたり、おっぱいの張りがなくなるとか
かたくずれの原因が父親だったりして・・・)
by sikoukairo2 | 2011-05-27 04:11 | Comments(0)

男性が女性のおっぱいに惹かれるのは・・・

その匂いのせいだった?

 「巨乳」「美乳」がもてはやされる世の中にあって、グラビアアイドルは胸が命。カワイイ顔はもちろん、スラリとした脚も、キュッとくびれたウエストも、丸みを帯びたお尻も素敵だが、一番人気はいつも胸だ。女性を見たとき、顔より先に胸に視線がいくという男性も少なくない・・・らしい
 魅惑的な女性の胸を見ていると、興奮してきて、触ってみたい、舐めてみたい、匂いを嗅いでみたいと想像が膨らんでいくものである?
 グラビア写真では残念ながら視覚でしか楽しむことができないが、女性の胸が男性を興奮させるのは、視覚ばかりでなく、臭覚をも刺激しているからだという説がある? 女性の胸の匂いが、男性を引きつける要因のひとつだというのだ。
 乳頭の周りにある乳輪にはアポクリン腺があり、独特の匂いを発している。脇の下や陰毛部や肛門周辺と同じような匂いで、この匂いを嗅ぐと男性は興奮してくる? これはもう本能というべきもので、その匂いを嗅いだ男性はいつしか胸へと吸い寄せられ? 無意識に乳頭を口に含んでしまうのである?
 こうした行為は、赤ちゃんのときに母乳を飲んだ記憶の名残だといわれている。生まれたばかりの赤ちゃんは目が見えない。だから匂いを頼りにおっぱいを探しあて、乳頭に無心にしゃぶりつくのだ。生まれたての赤ちゃんと興奮した男性にとっては、臭覚がとても大事なのである。
 そして、男性の多くは正常位を好む傾向にあるが、このことも胸からの匂いが関係しているらしい。正常位だと自分の顔がちょうど女性の胸の位置にくるので、芳しい胸の匂いを嗅げるし、胸の中に顔をうずめることもできる。
 赤ちゃんのときに嗅いだ懐かしい匂いを思い出しつつ、腰を振るという快感。子どもと大人の欲求を同時に満たすことのできる正常位が、最も人気があるという事実に思わず納得である・・・だと

(胸の話題にはあまり触れたくないよぅ、Bカップで豊かな胸とは言えないし、胸以外ならスタイルはそこそこだと思う・・・自己申告だけど・・・
で、胸の匂いって何だろう? たとえば臭覚の鋭い犬は後背位で交尾し、鼻は乳部分から離れているゾ
男性の意見はどうなの?)
by sikoukairo2 | 2011-05-26 03:51 | Comments(2)

彼女のショーツについている・・・

黄色い染みの正体は?

 彼女が脱いだショーツに、黄色い染みを見つけることがある。「不潔だなぁ~」などと顔をしかめるかもしれないが、それはちょっと違う。黄色い染みは女性なら誰もが避けられないものなのだ。
 この黄色い染みの正体は、俗に「おりもの」と呼ばれるもので、女性器から出た分泌液が乾いて変色したものである。女性なら多かれ少なかれ、おりものでショーツに染みをつけた経験を持つはずだ。
 というよりは、どんなに新しくてキレイなショーツをはいたところで、おりものの染みだけは絶対につくと考えたほうがいいだろう。時期によって分泌量の差はあるにしろ、ありものは常に出されているのだから。
 おりものの成分のほとんどは膣からの漏出物。ほかには子宮からの分泌液、頚管粘液、膣の細胞、細菌、外因の皮脂腺、汗腺の分泌液などが混じっている。
 分泌された直後の色は透明か白色で、場合によって水っぽかったり、少し粘り気があったりする。匂いは無臭か、少しすっぱい匂いがするが、生理の直後などはかなりクサイこともある。
 そもそもおりものの役割は、雑菌の侵入を防いだり、老廃物を出したりすることにある。また、排卵時には量が増えて、精子が子宮の中へ入りやすくなるように手助けをしている・・・らしい
 このおりものがショーツについて乾くと、黄色い染みになる。男性のパンツに黄色い染みがついていたら、それは単に不潔な証拠といえるだろうが、女性の場合はそうではない。間違っても、冷たい視線で見つめたりしてはいけないのである・・・だと

(男性にはわからない、女性の悩みの一つだよね。
お気に入りのショーツを汚したくないけど、常にナプキンを使用するのも考え物だし・・・
安物のショーツをこまめに取り替えるにしても、女性なら見えない部分にも気を使いたい。
一番困るのは、ブラとペアのショーツの場合、組で使えなくなること・・・
こんな記事を紹介しているのは私だけかな?)
by sikoukairo2 | 2011-05-25 02:28 | Comments(0)

曲がっていてもご安心を?

ペニスの形はバラエティー豊富・・・

 人間の顔や身体は千差万別。男性のアソコも人によって色々だ。温泉に入ったときなどに他人のアソコを観察してみると、実にバラエティーに富んでいることを実感するものだが、勃起した姿を見ればよりはっきりとそのことを確認できる・・・らしい
 文字通りサオのように真っ直ぐ伸びたペニスもあれば、バットのように先が太くなったペニスもある。逆に先のほうが細いペニスも見られる。個性的なペニスがズラリと勢ぞろいで、ひとつとして同じペニスはない。
「だけど、ボクのペニスは勃起すると曲がってしまうんだ。これっていくらなんでも異常じゃないの?」
 そうお悩みのあなた、ご安心を。勃起時のペニスが曲がっているのは、決して珍しいことではない。右に左にカーブを描いたペニスはよく見られるものだ。
 なかでも断然多いのが左に曲がったペニスだ。キンゼイ博士による「キンゼイ・レポート」によると、勃起時に右向きに曲がるのが約6パーセントなのに対して、左向きのカーブの人は30パーセントもいるというのだ。
 さらに、勃起時にほとんどの人のペニスは上を向くが、約20パーセントは身体に垂直な方向を向き、5パーセントは下を向くという結果も出ている。
 こうしたペニスの形の違いが何に起因するのかは謎だが、右に曲がろうと左に曲がろうと、要はキチンと役に立つことが大事。セックスに支障がなければ特に問題はないのである。
 だから、もうペニスが曲がっているからと弱気になる必要はない。堂々と彼女に見せたら、どこにでもある真っ直ぐなペニスより面白がってくれるかも・・・だと

(だからといって、様々なバイブレーターのようにバラエティーに富んでいるわけではないよね
振動するペニスや回転するペニスが・・・あるわけないか・・・
で、さすがに、らせん状なら驚くだろう・・・たぶん)
by sikoukairo2 | 2011-05-24 03:00 | Comments(0)

あんな形にも意味がある?

ペニスがキノコ型をしている深~いワケ・・・

 あまり気にするなといわれても、つい気にしてしまうペニスのサイズ。背の高さのように、そう簡単に他人と比較することができないから、なおさら意識してしまう。それが男というものだ?
 ある調査によれば、平均的なペニスの大きさは、平常時はアメリカ人が約8.67センチ、日本人が約7.87センチ。勃起時はアメリカ人が約12.7センチ、日本人が約12.95センチとそれほど違わない。これがフランス人になると約15.74センチとひと回り大きいようだが、日本男児もまだまだ捨てたものではない。
 また、ペニスが勃起したときの硬さについては、日本人のほうが欧米人よりも固いとさえいわれている。
 男性の巨根願望は古今東西みな同じで、大きなペニスでないと女性に十分な快感を与えられないというイメージが定着している。しかし、医学的には女性がセックスで得る快感と、ペニスの大小はあまり関係がないとされている。つまり、極端に小さくさえなければ、それほどサイズにこだわる必要はない・・・らしい
 そんなペニスをあらためてじっくりと眺めてみると、まるでキノコのような不思議な形をしている。あの形には何か意味があるのだろうか?
 ペニスの亀頭部分はキノコの傘のような奇妙な形になっている。この返しの部分は、他人の精子をかき出すために存在しているといわれる?
 男性がペニスを女性の膣に挿入した際には、ピストン運動をすることで、まずは女性が前回セックスした相手の精子をかき出す。それから今度は、自分の精子を送り込むのだ。こうすれば、他人の精子を排除して、自分の精子を受精させやすくなる。いわば自分の子孫を残すという動物の本能に基づく行為であり、そのために大きな威力を発揮するのが、あの傘のような返しの部分なのである。この説はロビン・ベイカーらによって唱えられ、「サクション・ピストン仮説」と呼ばれている。
 人間の身体の各パーツは、生命を維持したり、生殖のために都合のいいように進化し、形を変えてきたと考えられている。あのユニークなペニスの形にも、ちゃんとした意味があったのである・・・だと

(事実なのかこじつけなのか、実際はどうなの? 男性自身でも意見が分かれるのかなぁ?
もし、亀頭部分が極端に大きくて、鉄アレーのような形なら・・・そんなの入らないよね
もし、亀頭部分が極端に小さくて、釘のような形なら・・・挿入されたとき痛いかも)
by sikoukairo2 | 2011-05-23 03:36 | Comments(4)

素朴なギモン・・・

男性は、睾丸を取っても勃起するの?

 男性のシンボルを切除してしまう「去勢」。男性器を取るといえば、現在では性転換手術が思い浮かぶが、歴史上ではトルコや中国の宮廷に仕えた「宦官」がよく知られている。高級官僚になる人々に対して、ペニスや睾丸を取る去勢手術を課したもので、いわば生涯を宮廷に捧げる決意の証ともいえるだろう。
 一方、ヨーロッパでは教会の少年合唱団たちに生涯ソプラノの声を維持させるため、変声期前に去勢が行われた。こうした歌手のことを「カストラート」と呼ぶ。1994年には、カストラートを主人公にした映画「カストラート」がつくられ、日本でも公開されている・・・らしい
 最近では、肉体的にも戸籍上も男性なのに、精神的、心理的には女性だという性同一性障害が注目を集めているが、こうした人々に対して、精神的な苦痛を取り除く手段として性転換手術が行われることもある。
 このように、昔も今も去勢して睾丸を摘出してしまう男性がいるわけだが、去勢したら当然セックスはできなくなってしまうはず。なにしろ睾丸では、精子や男性ホルモンといったセックスにとって大切なものが製造されているのだから。
 ところが、実際はそう単純な話ではないようだ。確かに睾丸を摘出してしまった男性は、ペニスが勃起せず、セックスができないのが一般的ではあるらしい。ただし、去勢前にセックスの経験があると、勃起したりセックスすることもできるという。これは本能がセックスの感覚を覚えているから。逆にセックスの経験がないままに去勢した人は、ペニスがそのままあったとしても勃起せずに、セックスもできないという。
 なお、病気などによって片方の睾丸だけを摘出するケースでは、勃起もできるし、セックスにも特別に支障はないようだからご安心を・・・だと

(身体にメスを入れて大切な部分を取り除くなんて、考えただけで鳥肌が立ちそう・・・
女性でも男性への性転換を希望する人がいるようだけど、男性の性転換希望者に比べれば数は圧倒的に少ないらしい。
で、・・・(くだらない発想ばかり思いつくので、一時中断)・・・
で、不慮の事故でペニスと睾丸を失った男性は、精神的に女性化するのかな?)
by sikoukairo2 | 2011-05-22 04:15 | Comments(0)