私の変な質問?

tamacyan.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 06月 ( 30 )   > この月の画像一覧

朝立ちエッチは意外なほど快感?

 朝起きたばかりの男性は、ペニスが勃起していることがよくある・・・らしい
朝から元気なペニスを見てついつい手が伸び、そのまま朝のオナニーに突入することもあるのかな?
 朝の身体に異変が起きているのは、なにも男性に限ったことではない。女性の場合も、寝起きは身体もアソコも温かく、感覚が敏感になっている。そのため、少し身体に触れただけでもすぐにスイッチが入ってしまうのだ。
 そこでおすすめしたいのが朝エッチ。セックスというと夜にするのが一般的だし、朝からそんな気分になるのも難しいかもしれないが、朝にすることで思わぬ快感が得られることもある?
 朝エッチをするなら、やはり男性の朝立ちを利用するのがよい。せっかく立派に勃起したペニスをそのままやり過ごすことはない。朝立ちしたペニスを見ただけで、アソコが濡れてくる女性もいるようだから、これを効果的に利用すれば充実したセックスができるにちがいない。
 また、脳が完全に目覚めていない状態でセックスすると、日頃の余計な考えにとらわれずにすむため、精力が落ちてきたり、早漏気味で悩んでいたりする人にもおすすめなのである。
 女性の場合、朝のセックスは夜のセックスほど淫乱になれないともいわれるが、精神面での充実感は夜の比ではない。
 さらにこんな話もある。人間の身体は暗い場所でのセックスよりも光の多い場所でのセックスのほうが、より本能的にセックスをむさぼりたい気持ちに襲われるようにできているというのだ。これはセックスへの衝動を抑える働きを持つメラトニンというホルモンの働きによるもの。
 メラトニンは暗い場所で盛んに分泌され、明るい場所だと分泌が抑制される。つまり、より興奮できると考えがちな暗闇ではメラトニンがセックスへの欲望を抑え、逆に明るい場所ではあまりメラトニンが分泌されないため、セックスへの衝動が抑えられず、本能のままに大胆なセックスに走るのである。朝のセックスは本能のまま突っ走るワイルドなセックスかも・・・だと

(今日は、パートナーがいる人のための記事みたいだなぁ・・・
だからといって、朝から励みすぎて仕事に遅刻したり、一日分の活力を使い果たしてしまうのも考え物だね。
で、私も寝起きのオナニーに挑戦してみようかなぁ、枕元に一式用意して休めば目覚めで即オナニーが可能となるはず・・・
そんなときに限って、エッチな夢を見て目覚めたときには、満足していたりして・・・
機会があれば、結果報告をするかもしれないゾ、でも期待しないでね!)
[PR]
by sikoukairo2 | 2011-06-30 04:44 | Comments(2)

熟年夫婦の、若いカップルにはできない強烈な性技?

 何かというと若さがもてはやされる最近の風潮。セックスに関しても、やりたい盛りの若いときのほうがより楽しめるようなイメージがある。
 だが、ただ若ければいいというものではない。逆に年を重ねてからでなければできないプレイもあるのだ?
 そんなプレイのひとつが、男性の握りこぶしを女性器に挿入するというフィストファックだ。SMチックで危険なワザだと思っている人も多いようだが、そうとばかりは限らない?
 子どもを産んだ経験のある女性の膣は、男性のこぶしを受け入れられるだけの余裕があることが多い? 女性器にこぶしを挿入して、膣の中で掌を開いたり閉じたりすると、女性はすさまじい快感を得られるのだ?
 さらに、挿入したこぶしの先と指の第三関節で、子宮とGスポットを刺激しても抜群に気持ちいい・・・らしい
 フィストファックを行うときには、事前に愛撫をたっぷりして、女性器が十分に濡れてからにする。オリーブオイルやローションなどを塗って、ゆっくりと指先から入れていくとよい?
 フィストファックをすると、膣が広がってゆるゆるになってしまう印象があるが、膣腔は柔軟にできているので、やりすぎなければそうした心配もないだろう。
 子どもを産んだ女性だけができるフィストファックは、未熟なカップルには難しいワザ。まさに熟年カップルにこそ許された「大人」の性技といえるかもしれない。
 ただし、いくら余裕のある膣でも限界はある。男性のこぶしがあまりに大きいとなかに入らないので注意が必要だ。出産経験のない女性や、膣組織の硬い人、膣壁の硬化した高年の女性も、無理があるのでやめておくこと。
 もちろん、痛がる女性に無理矢理こうした行為を行うのはもってのほかだ。フィストファックもセックスのテクニックのひとつ。自分ばかりでなく、相手もイイ気持ちにならなければ意味はないのだから・・・だと

(熟年夫婦って、何歳くらいまでセックスをするのだろう? 個人差の問題かな?
もし、婆さまにせがまれた爺さまがいたとする、婆さまは爺さまのフンドシの中に手を入れ、フニャチンを刺激するが、いっこうに勃起しない。爺さまは、婆さまのコシマキをめくり使い古した女性器を刺激すると、爺さまのグローブのような手が膣に吸い込まれた・・・
まさしく使い込んでヨレヨレになった膣でないとできないプレイかもしれない。
恐るべし熟年プレイ、次は両手を入れたりして・・・)
[PR]
by sikoukairo2 | 2011-06-29 01:55 | Comments(0)

追加で一言?

 貧血状態でのセックスは、通常では得られないほどの快感を味わうことがある・・・らしい
貧血により遠のく意識とセックスの快感の相乗効果によって、まさしく昇天状態?
 これって女性だけかな? 男性の場合はどうなの?
貧血状態の男性が射精する瞬間って、超快感なの?
もっとも、赤い血が不足しているんだから、白い血を出している場合ではないのかな?
で、オナニーで気絶したりして・・・
[PR]
by sikoukairo2 | 2011-06-28 03:09 | Comments(0)

充電中だけどぉ・・・

 今日は体調も回復してきたので、前回の記事のコメントから・・・
「性機能を維持させるには、イメージトレーニングを欠かさない」から
男性の方から女性を拒むなんてことがあるのかな? ホモとか疲労困憊状態の人以外は女性に興味津々だよね。
いつもエッチな話をして笑っているように思えるんだけどぉ・・・これって、イメージトレーニングだよね。
「隙あらば 鵜の目鷹の目 チャンスを狙い 獲物を得ようと 虎視眈々」なんてね!
男性からスケベ心を取ったら、ヌケガラ状態になったりして。
で、イメージトレーニングには、私のブログを見て素直に笑うことかな?
考えすぎると、性の迷宮に入り込んでしまうゾ

世の男性の皆様、それぞれの方法で性機能の維持向上に励んでくださいまし・・・合掌(笑)
[PR]
by sikoukairo2 | 2011-06-28 02:41 | Comments(2)

お知らせ

 パソコンを立ち上げてみたけど・・・
今日は記事を紹介する気力と体力が不足しています。
一人暮らしの恐怖を感じてしまった、最悪の場合、孤独死なんてことがあっては困るけど・・・
で、少々、充電中状態ということで、読者の皆様には理解を求めたいと思います。
引き続き応援していただければ、今後の励みにもなります、よろしくお願いします。
[PR]
by sikoukairo2 | 2011-06-26 04:46 | Comments(4)

性機能を維持させるには、イメージトレーニングを・・・

 機械や道具は使わないと機能が落ちてしまう。それは人間の性機能も同じこと。長い間セックスしないとどんどん性能が衰えて、いざというときに役に立たなくなってしまう?
 特に時間に追われる生活を送る仕事人間は、つい忙しさにかまけてセックスから遠ざかってしまいがちだ。そうやって何か月も何年もセックスをしないと、大事な機能が錆びついてしまう。やがて性的欲求まで失って、インポテンツになってしまうことさえある・・・らしい
 そんな人は、ちょっとした暇を見つけて、頭の中でセックスするのを想像してみるとよい。実際のセックスを思い浮かべて、色々と淫らなことを想像するのである。こうすることで大脳が刺激されてペニスの機能が維持でき、性に対する興味も失わず、いざというときにも対応できるはずだ。
 さらに効果を上げたいなら、時間の空いたときにトイレに行き、ペニスを指で刺激してみるとよい。ペニスをつかんでマッサージしたり、しごいたりするのだ。こうすれば大脳にある性中枢に刺激を加えることができ、ペニスや睾丸の血行もよくなる。
 ペニスだけでなく、睾丸を掌で持ち上げたり、軽く握って離す運動を繰り返してもいいだろう。副交感神経が刺激されて交感神経の緊張が解け、大脳にセックスの感覚が蘇るはずだ。
 そんな暇さえない人は、親指で腰椎や尾てい骨の両側を押して刺激するのも有効だ。脊椎の下にある勃起中枢が刺激されるので勃起力が高まる。これなら人前でもできるから、わざわざトイレに入る必要もない。
 この運動に限らず、腰を刺激することは大切である。デスクワークの仕事では、下半身に血液が溜まり、腰の部分がうっ血気味になってしまう。腰を回したり前後左右に曲げることでそういった状況が解消され、性機能の維持はもちろん、リフレッシュして仕事の能率を高めるのにも役立つ。
 とはいえ、やはりホンモノのセックスのほうが性機能維持に役立つのは当然のこと。時間があるのなら面倒くさがらずに、せっせと実践に励むのが一番である・・・だと

(・・・なんだ?今気がついたら、床の上に倒れていた。最近は貧血が激しいからね、周りの状況を見回すと・・・どうやらブログの投稿中に倒れたようだ、今日の記事って何だったっけ・・・
 えっと・・・頭がボ~っとして、昨日の記事さえ思い出せないゾ・・・ヤバッ
で、コメントの言葉が出てこない、しばし沈黙・・・・・・・どうやら助けを呼んだほうがよさそうだ・・・)
[PR]
by sikoukairo2 | 2011-06-25 03:52 | Comments(2)

精力の衰えを感じている男性に朗報?

メリットの多い体位とは・・・

 人間は年齢とともに肉体が衰え、セックスも若い頃に比べたら次第に弱くなってくる。
男性の場合、体力が低下しても「持続力」は経験によって長くなるが、精力そのものの衰えは隠しようがない。これに対して、女性も若いうちは敏感ですぐに感じるが、年をとるにつれて鈍感になり、なかなかイケなくなってしまう。まだまだ人生は長いのに、これから先の夜の生活が不安になってくる?
 そんなカップルにおすすめの体位が、「対面座位」である。カップルがお互いに向き合って座り、女性は足を男性の腰に巻きつける。
 対面座位では手や口が自由に使えるため、胸、首筋、耳などへの愛撫がスムーズに行える。また、膣前壁、膣後壁、子宮口といった女性の敏感な場所をペニスで満遍なく刺激することもできる。そのまま後ろに反り返れば、お互いの性器が丸見えになって興奮度が高まる。このように、男性にとってたくさんのメリットのあるお得な体位なのである。
 この体位のメリットは身体を支える必要がない点にもある。腰や心臓への負担がそれほどかからない、身体にやさしい体位なのだ。肉体や精力の衰えを感じた男性は、ぜひ試してみるのがいいだろう。
 ただし、こうした座位では、オーガズムに達するまでに時間がかかることが多い。じっくりと愛撫をしたうえで、最後の一瞬に溜め込んだ力を爆発させるようにするのがコツ・・・らしい
 対面座位をものにできれば、ベッドの上でなくても、色々な場所でセックスできるようになる。食堂のテーブル、オフィスの机、どこかのトイレといった狭い場所でも十分に楽しめるはず。服をほとんど脱がずに結合できるから、移動中のセックスにはピッタリだ。たとえば飛行機のトイレの中など、ふだんはセックスしないアブノーマルな場所で、しかも誰かが来るのではないかと慌てながらセックスすることで、日常では味わえない快感を体験できるかもしれない。
 どうやら、対面座位は年配カップルだけでなく、幅広いカップルにとっても試してみる価値のある体位といえそうだ・・・だと

(某場所のトイレ、個室で若いカップルが対面座位でお楽しみ中。
隣の個室で老夫婦が対面座位でよろしく最中・・・そんなイメージが頭の中に浮かぶ・・・
私が経験のない体位についてのコメントって、言葉が浮かんでこないよぅ)
[PR]
by sikoukairo2 | 2011-06-24 02:42 | Comments(0)

フニャチンでも女性を悦ばすテクニック?

勃たないときは恥骨を使うと・・・

 太くて、大きくて、カチカチに硬いペニス。誰もが憧れる、理想のペニスはそういうもの? それでピストン運動をした日には、女性は間違いなく絶頂に達するはず!、というのが男性の持つ固定観念だろう。ところが、人間の身体はそう都合よくはできていない。
「どうしよう!これから彼女とセックスするのに、ペニスがふにゃふにゃだ」
と不安な男性。一生懸命に手で刺激して大きくしようとするものの、なかなか思うようにいかない。彼女のほうはもうすっかり準備OKで、仕方なく実戦へ突入。たっぷり時間をかけて前戯をするのだが、それでも一向に硬くならないペニス。もうこれ以上挿入を先延ばしすることはできない。いったいどうしたらいいのだろうか・・・
 こんなときも心配はいらない。肝心なときにペニスが硬くならなくても、女性を悦ばせる方法はあるのだ? 柔らかいままでいたずらにピストン運動に走るのではなく、ペニスを挿入すると見せかけて、自分の恥骨と彼女の恥骨をすり合わせるようにして動かしてみると・・・
 こうすると恥骨によってクリトリスが刺激されるので、女性はかなりの快感を得られるはずだ? クリトリスは性感帯の中でも群を抜いて感じやすいポイントだけに、そのまま絶頂に導くことも不可能ではない。そうなれば、もはや彼女にとってペニスの硬さなど気にならないだろう。
 ピストン運動をする際にも、このテクニックが応用できる。ピストン運動と同時に、恥骨でクリトリスへの刺激を与えるようにするのだ。経験の浅い男性は、膣への刺激にのみ気持ちがいってしまい、ひたすら激しいピストン運動をしがちだが、それだけでオーガズムを感じる女性は意外に少ない・・・らしい
ピストン運動と同時にクリトリスにも刺激を与える複合作戦を展開すれば、女性は絶頂に達しやすくなるのである・・・だと

(それでは、試してもらおうかと思っても・・・相手がいなければ話にならないし・・・
挿入をしないで満足するセックスって、どんな感覚だろう? 一度体験してみたいものだね
で、男性はそれで満足するのかな? 勃起するまでと愛撫を延々と続けられたら・・・
勝手にエロエロと想像して、うふっ)
[PR]
by sikoukairo2 | 2011-06-23 02:11 | Comments(2)

ちょっと待て!あなたのその体位、自分の年齢に合っている?

 好みの体位というのは人それぞれ。オーソドックスな正常位で攻めるのが好きな人もいれば、後ろからガツガツ女性を突き立てるのが一番だという人、立ったまま挿入するのに刺激を感じる人と好みは分かれる。セックスにおける個々の趣味や好みはそうそう変わることはないと思いきや、日本人が好んでもちいる体位は、結婚年数によって変わっていく・・・らしい
 ある調査によれば、結婚年数が10年までの夫婦は8割が正常位を好むが、結婚年数が増すにつれて正常位が減り、20年近く連れ添った夫婦になると5割台に落ち込む。それに代わって騎乗位などの女性上位の体位が増えていくという。結婚年数が増え、中高年になると、男性も若い頃の積極性がなくなり受動的なセックスを好むようになるということかもしれない。
 では、中高年に最もふさわしい体位とはどういったものなのか。日本人女性の場合、膣の空洞が上から下方向に伸びていく、いわゆる「上つき」の女性が全体の4分の1程度だが、年齢とともに臀部が垂れ下がり、膣口の位置が前方に押し出される。40代を過ぎると半数以上の女性が上つきになるのだ?
 上つきは膣口の位置が肛門から遠いので、後背位が難しくなる。したがって中高年のカップルには、正常位か、騎乗位が望ましいと考えられるのである?
 ところが、ここでひとつ問題が起こる。中高年の男性のペニスは勃起角度が落ちているため、騎乗位のときには膣に挿入したペニスが上方に引っ張られて、無理を強いられるような形になるのだ。引っ張られすぎて、ひどいときにはペニスの海綿体が断裂してしまう恐れさえある?
 だから、中高年で騎乗位など女性上位の体位をとることは、あまりおすすめできない。たとえ相手が上つきになっていても、正常位が最も理想的な体位といえるだろう。上つきの女性は、後背位だと無理に膣を突き出す形になって苦痛を感じることが多いが、正常位ならそれほど問題なく快感を得られるはずだ。
 中高年が騎乗位を好むのは、男性の体型の変化もひとつの要因として挙げられる。年をとればどうしてもお腹に脂肪がつく。騎乗位なら男性が仰向けに寝たままでもできるので、正常位や後背位に比べて腹部の脂肪が邪魔にならないからだ。
 とはいえ、海綿体が断裂してしまってはマズい。脂肪が邪魔になるぐらいは我慢して、正常位に励んだほうがよさそうである・・・だと

(中高年の性生活、綾小路きみまろの漫談になりそうな記事だよ。
中高年でペニスの海綿体が断裂するほど激しく励むことができればたいしたものだ
女性上位といっても、天高く肥えた巨大な女性のお尻が上に乗ってくるんだから
男性自身の腹脂肪よりはるかに重いはず、それでも寝ていたほうが楽なのかな?
で、男性は脳卒中で尻下死、女性は灰になるまで男を求めるの?)
[PR]
by sikoukairo2 | 2011-06-22 03:24 | Comments(0)

マンネリになったら・・・

目隠しが基本? 定番プレイの思わぬ効果・・・

 ふだん私たちが周囲の情報を得るときには、80パーセント以上を視覚に頼っているといわれる。だから、もし視覚を失うようなことになったら大変である。急に目隠しをされた人間が、暗闇の不安に襲われて、パニックに陥ったりするのももっともな話。
 しかし、この暗闇の不安もベッドの上では快感に変わってしまう。目隠しをされると、相手がどこから攻めてくるのかが目に見えないため、感覚が敏感になる。だから、ふたりのセックスにマンネリを感じてきたカップルは、パートナーに目隠しをさせてみるとよい。スカーフやタオル、ショーツなどで女性に目隠しをする。何も特別なものがいらないお手軽なテクニックだ。
 視覚を閉ざされた女性は、不安に包まれることだろう。いったい相手の男性が何をしているのか、どこから攻めてこようとしているのか、視覚以外の感覚器官を使って一生懸命に把握しようとする。手で触れたり、音を聞いたりして、男性の行動をあれこれ予想する。「最初はバストから? それともいきなりアソコなの?」
 そうして感覚が研ぎ澄まされた女性は、ほんのちょっとしたタッチでも、ふだんは得られないような快感を覚えてしまう。しかも、その攻め方が自分の予想とは異なるものだったとしたら、その裏切りがさらなる快感につながる・・・らしい
 また、女性は彼氏以外の男性を想像したり、見知らぬ男性に犯される自分を想像したりもできるので、ますます快感が高まる。
 男性にとっても、女性に目隠しをさせてセックスすることは、征服欲を満たすという効果がある。目隠しされて不安がる女性を前にして、ふだんよりも激しく強引なセックスに突入する男性も多いのだ?
 特別な器具も訓練もいらず、いつでも簡単に楽しめる目隠しプレイ。マンネリカップルはぜひ試してみたい・・・だと

(今日の記事はパートナーがいて、いつでもセックスができる人向けだね・・・
勝手に目隠しプレイを想像しても、一人だと、やはりつまらないよ
で、世の中には想像だけでイクことができる女性がいるのかな?)
[PR]
by sikoukairo2 | 2011-06-21 03:34 | Comments(0)