人気ブログランキング |

私の変な質問?

tamacyan.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 12月 ( 31 )   > この月の画像一覧

ストリッパーの衣装?

 一時期大きく落ち込んでいたストリップだが、流行廃りがあるようでまた息を吹きかえしている・・・らしい
というのも、以前はストリーパーの大半が子連れのオバンだったのが、最近は若くてきれいな娘がふえてきたからである?
 ストリッパーというのは最初からスッポンポンの裸で舞台に登場するわけではない。
踊りながら身につけているものを一枚一枚脱いでいくところ(いわゆるストリップ・ティーズ)にお客は興奮するのだから、ブラジャーやパンティーも大事な演出装置ということになる。
 舞台でつけるパンティーを業界では”ツンパ”とか”バタフライ”、またパンティーとブラジャーをまとめて”ツンブラ”と呼んだりしている?
 彼女たちにとっては、姿体を美しく露出することと、踊っていてもズレない衣装が絶対の条件で、そこから生まれたツンブラの基本形はブラジャーが前の三角形の部分以外はすべてヒモ、パンティーは前も後ろもY字になるハイレグがベストだという。
 ヒモの位置とか曲線の具合がちょっとでも狂うと踊りにくいから、ストリッパーなら誰でも自分の身体に合わせたツンブラをかならずもっている。
ほとんどは専門の衣装店に注文するが、自分でつくる人も少なくない・・・だと
 私は生のストリップを観たことがないけど、どんな雰囲気の場所だろう?
聞くところによると、女性のお客もいるようだけど、女性も興奮するのかな?
で、私が踊ったところで体型がエロくないから、お客からブーイングが出たりして・・・
もっとも人前で裸になる勇気などないけど。

 今年も大晦日を迎えました、読者の皆様、よいお年をお迎えくださいませ。
by sikoukairo2 | 2011-12-31 02:34 | Comments(0)

男性が好む下着の色?

 今はショーツという名の下着、記事ネタ本ではパンティーと過去の名前で紹介されている・・・
ネタが古いのか、著者がパンティー世代の人なのか、どちらだろう?
 パンティーについては、男と女とのあいだに、どうも意識のズレがある・・・らしい
というのも、某下着メーカーの調査によると、男が思い浮かべる「セクシーな色の下着」の第1位が黒(48%)であるのにたいして、女性が実際に所有している下着のトップはベージュと白が圧倒的(70%)だからである。
 逆にいえば、自分の身近にいる女性が黒のパンティーを身につけていることが少ないために、一種のあこがれのようなものが、男性の心の中にあるのかもしれない?
 たしかに、男性雑誌に登場するヌード写真のモデルは黒い下着を身につけているこが多い、というか、印象に残るのだろうか?
そこにはもとめてやまないものが象徴されているのかもしれない・・・だと
 下着の色やデザインがその女性に似合うかとか、女性の好みだってあるよね。
男性は黒の下着であれば、どの女性が身に付けてもかまわないのかな?
 私の場合、胸とお尻が控えめで、くびれをアピールできない幼児体型だからセクシーには見えないかも・・・
黒の下着を身に付けて姿鏡で見ようとしたけど、寒いから・・・や~~めた。
by sikoukairo2 | 2011-12-30 04:53 | Comments(0)

悩殺パンティー?

 「もっとも色気を感じるパンティーの色は?」という質問に対して、およそ半数の男が「黒」と答える・・・らしい
それほど黒のパンティーというのは、男性にとってあやしげで、娼婦的なイメージに満ちたものなのだろう。
 なかには、女学生が運動するときにはいている黒のブルマーをみただけで興奮してくるという男性もいるほどだから、それもうなずける。
ところでこの黒をはじめてパンティーにつかったのはどこの国かというと、これが意外にもイタリアなのである。
イタリアのファッションというと、ド派手な原色を上手に使っているイメージがあるが、さすがデザインの本場らしい。
 はじめて黒のパンティーが市場に登場したときは、全世界の男どもの目がイタリアにひきつけられた。
しかも、素材的にもコットンからシルク、化学繊維、あるいはレースものとなんでもござれで、これによって世界の下着シーンが大きくかわったことはいうまでもない・・・だと
 私の下着を思い返してみると、パステルカラーが多いけど、黒を身につける機会が少ないことに気がつく。
基本的に仏事などは黒だけど、アウターであって、下着まで黒で統一するのかな?
普段、黒の下着を着用すると、逆に下着の色が透けて見える気がして恥ずかしいよね。
男性から見て、黒い下着姿の女性に興奮するのは性の対象として見ているから?
子供や老婆が黒の下着をつけていたら興奮するの?
で、ヌードと比べたらどちらが興奮するのだろう・・・
by sikoukairo2 | 2011-12-29 01:15 | Comments(1)

アイドルのパンチラ・・・

 アイドル歌手のコンサートに出かけて行き、舞台の上で歌ったり踊ったりする姿を写真に撮るファンが急増して、一時期、大きな話題になったことがある・・・らしい
 写真を撮ること自体、違法ではないが、問題はそうして撮った写真をある特定の業者にわたして、お金をもらうという行為。
 そして、その業者はそれを大量に焼増しし、「生写真」と称して、プロマイドのように売っていることがわかったからである。
あるいは、雑誌に投稿して掲載してもらい、原稿料をもらうというファンも少なくなかった。
 その写真の中にはアイドル歌手のパンチラシーンもあり、最初の頃は、そいいう写真を撮られたことを知り、泣き出す歌手もいたという。
しかし、その後、歌手たちは防衛策として、舞台衣装と共布の「下着」を身につけるようになった。
最近では、舞台でチラチラみえるのは下着のようでいて、じつは「下着」ではないのである。
どんな不埒なファンがローアングルから狙っても、どうってことのない写真しか撮れないわけである。
 それでも、相変わらず、そのテの写真は大量に出回っており、いくら人に見られる存在とはいっても、アイドル歌手という商売もなかなかたいへだ・・・だと
 イン・ドア派というか、巣篭りのような生活をしている私には、住む世界が違う人の世界に思えるね。
素人の女性に対しても盗撮をする輩がいる昨今、もしかしたら商品を覗きこんだり物色している最中に私も盗撮されているのかも・・・
で、危険を犯してまで撮った写真にマシュマロパンツが写っていたら、盗撮犯は何を思うのな?
by sikoukairo2 | 2011-12-28 03:30 | Comments(0)

パンツに纏わる怪情報?

 今日これだけ科学が発達しても、あいかわらず迷信やら俗信が衰えをみせないのはいったいなぜなのか。
昭和41年のいわゆる「丙午」の年には出産がぐんと減り、おかげでこの年に生まれた子供たちは、受験も就職もラクラクなどという話もある・・・らしい
 ところで、昭和55年は申年だったが、この年の夏、一部の地方で奇妙な情報が飛び交った。
「申の年の申の月の申の日の申の時刻に、年下の人からパンツをもらってはくと、お年寄りになってもよそ様からシモの世話にならずにすむ」というのである。
 そして、ちょうどこの年の9月8日が、「申年申月申日」にあたっていた。
発信地はどうやら四国の香川県だったようだが、ある人が親戚中に電話をかけまくったものだから、一族郎党パンツをはきかえたという。
 実際、香川県の高松市、善通寺市などでは、パンツが売り切れになる店が続出。
いったい何事か、ということで騒ぎはますます大きくなり、新聞記事になったほどである。
 この事件、9月15日の敬老の日を前にして、お年寄りへのプレゼント熱をあおろうとしてつくられたデマ情報であったのでは・・・という結論で一件落着した・・・だと
 最近でも都市伝説と称する奇妙な噂をはじめ、アゲマン、福チンなど根拠不明な怪情報を耳にするころがあるよね。
「民話と信仰が息づく国」といえば少しはロマンも感じるけど、「口裂け女」などという噂はいただけない・・・
で、お年寄り用のパンツって、失禁用とか? そんなものに興味をもつ人っているのかな?
by sikoukairo2 | 2011-12-27 01:30 | Comments(4)

下着も男女平等時代に?

 80年代以降、下着の世界的デザイナーとして脚光を浴びているカルバン・クライン。
彼の作品の中でも、とくに注目されたのは男性の下着を女性サイズにしただけというランジェリーである。
これには、男のスポーツ選手がつけるサポーターのようなT字形のビキニ・パンティーやトランクスタイプなど、
さまざまなスタイルがあり、色も24色、ランニングやTシャツと合わせると、アウター用のスポーツウエアや、
ビーチウエアにもなる・・・らしい
 評判をよんだのはその広告写真で、美しい肢体の女性が白いブリーフを身につけ、ランニングシャツをたくしあげて乳房をあらわにさせ、陶然とした表情で横たわっている。
 このポスターは、フェミニスト・グループや反ポルノ女性団体から”女の性を蔑視した広告”と槍玉にあげられたという。
 日本でも、女性の脚を大写しにした地下鉄のポスターが女性蔑視だとクレームをつけられたが、そのテの団体はどこの国にもあるようだ。
 それはともかく、このクラインの広告は”男にみられる女”という構図を壊したものとして大きな話題をよんだ。
 男の下着を女が身につけることによって、男性用の下着をはいていても、よくみてみないとその下着が男性用か女性用かわからないという、新しい概念を創出したわけで、下着の差別をなくすことによって新しいエロティシズムをつくりだそうとしている・・・だと
 男性用か女性用かわからない下着・・・さて、下着ドロボーはどうする?
by sikoukairo2 | 2011-12-26 01:32 | Comments(2)

イブのプレゼント・・・

 午前中に家事を済ませた私は、昼食後買い物に出かけた。
クリスマス・イブのスーパーは少々混雑気味、食材を見繕って購入すると、美多民の部屋に向かった。
美多民はパソコンに向かい仕事中の様子、忙しいのかな?
「ねえ美多民、料理は夕方からにする?」「もう仕事が終わるから、すぐ始めてくれてもいいよ」
「じゃ勝手に台所を使うよ」「私は飲み物を買いに行ってくるよ」と言って出かけていった。
 鶏のから揚げをメインに、ポトフと野菜サラダの予定、早々下ごしらえを始める。
鶏肉は適度な大きさに切り、調味料を和えてしばらく寝かせる。
ポトフは材料とを切りコンソメとシチューナベに入れて熱をかける。
サラダは生野菜と温野菜を盛り付け生ハムを添える。
そこに美多民が帰ってきた、「スパークリングとロゼを買ってきた」
淡い琥珀色のスパークリングとワインピンクというのかなきれいな色のロゼだ。
「シャンパンにしようと思ったけど、度数の低いのを選んだらスパークリングになった、ロゼは色が気に入ったから買ってきた、料理のほうはどう?手伝おうか?」「あと、鶏肉を揚げるだけ、もう少しだよ」
 料理が盛り付けられて早々スパークリングで乾杯、美多民はよく食べる・・・
「私ね、ミネラルの料理をあてにして昼食を食べていないのよ」
「どうりで、まだ午後3時だというのにすごい食欲だと思った」
くだらない会話をしながら二人だけのパーティーは終わった・・・
 「ねえミネラル、いつものお礼にプレゼントがあるよ」出してきたのはフリースのワンピパジャマ、
「これ、タイツと合わせるとルームウエアにもなるから使って、今着てみる?」
半ば強引に私の服を脱がせ始めた、下着姿になった私にパジャマを着せる。
サイズは少し大きめ、フリースの肌触りが暖かい「ありがとう、もらっていいの?」
「もちろん、使ってよ」今度はパジャマを脱がせると、私を抱き寄せキスをしてきた。
私の後ろに回った手がブラのホックを外す、「何するの?」
言う間もなくベッドに押し倒され、美多民が上に乗ってくる「サービスしてあげるよ」
美多民の唇が私の胸を這う、乳首を舌でころがすような愛撫、またスキンシップかな?
舌が徐々に下に移動すると同時に両手がウエストを刺激する、「ゾクゾクする」
身体を捩った瞬間ショーツを下げられ全裸になってしまった。
美多民は右手を私の腰に回すと持ち上げその隙間に左手で枕を入れた。
私の両足の間には美多民の身体が入り、開脚の上腰を高くされた恥ずかしい姿を見られている。
「ミネラルの恥丘って意外と高いのね」私は両手で隠そうとしたが、私の両足の下から美多民の両手が私の手首を握られて無防備な体制となった。
美多民の舌が私の恥丘や脚の付け根を刺激する、(まさかアソコまで?)
内腿から徐々にアソコの向かって舌が移動してくる、「えっ」
美多民の舌が私の花弁を押し開くように侵入したきた、「アウゥ・・・」
敏感な突起から膣口まで粘膜の部分をまんべんなく舌が這う・・・(感じるぅ・・・)
舌が絶妙に動き回り、私の蜜が流れ出るのを感じる、(このままだとイッちゃうよぅ)
身体がピクピクと反応しているけど抵抗することができない・・・(いつまで続くの・・・)
とても長い時間に感じる、こらえきれない、「アァ・・・」ひときわ高い声をあげて達してしまった・・・
ぐったりと横たわる私・・・(こんなサービスってアリ?)
by sikoukairo2 | 2011-12-25 03:15 | Comments(4)

美多民のブラジャー・・・

 私は週1回程度、友人の美多民の部屋を訪ねては家事をしている。
昨日訪問したときは留守のようだったけど、合鍵を渡されていたので勝手に入室した。
最初に洗濯物を集めて洗濯機を回す、次に部屋の片づけと掃除が終わるとキッチンに向かうけど、外食の多い美多民だから、さほど汚れていない。
ゴミの量は少々多めだけど、まとめて玄関脇に置く、干したままの洗濯物を取り込み丁寧にたたんで行くとブラジャーでふと手が止まる、大きなカップ・・・服の上からブラジャーをつけてみた。
アンダーバストは私より少し大きいけど、カップがブカブカ、私の胸の小ささを痛感する。
洗濯物を干しはじめると美多民が帰ってきた、日用品を買いに行ってきたようだ。
「いつもありがとう、おかげで快適な生活ができるよ」だと
 明日はクリスマスイブだから、二人で乾杯しようと勝手に決める、人の予定も聞かないで・・・といっても予定が無いんだけど。
「何か料理を作るけど、食べたい物ある?」「おまかせでヨロシク!」あっさりした返事だ・・・
「明日、買い物をしてから来るからね」「私は飲み物を用意するよ」
一見無愛想な気もするけど、裏心が無いのが美多民・・・安心して付き合える友人だね。
by sikoukairo2 | 2011-12-24 04:37 | Comments(0)

あの世への旅立ちに下着は?

 人間、死ぬと棺桶に入るわけだけど・・・
そのとき葬儀屋さんは、じつにていねいに死化粧をほどこし、死装束を身につけてくれる・・・らしい
ところで、この場合、パンティーもはかせてくれるのだろうか?
ということで、ある葬儀会社にたずねてみると・・・
「基本的には死出の旅ですから、旅装束ということになります。かたびらに手甲、脚絆がそうしたことをあらわしているのですが、下着ははかせません」とのこと。
ふつう、病院から運ばれてくる遺体には、死後、排泄物が体外に漏れて出てきても大丈夫なように、T字帯とよばれるものがつけられている。
T字帯というのは、幅広のフンドシのようなもので、その機能からするとおしめの一種といえよう・・・
 とはいうものの、AVの女優とかストリッパーなどをしていた女性の死出の旅立ちには、いかにもそれらしい下着一式を着せてあげたい気がしないでもない・・・だと
 考えてみると、死装束って冬でも薄着で寒そうな気がする・・・
だからといって、毛糸のパンツをはかせたという話を聞いたことがないし、下着がどうなっているのか見たこともなかった・・・
巨乳の女性なら、ブラジャーをつけてあげたい気にもなるよね。
で、死装束は生前にリクエストができるのかな? エロい衣装にしてくれとか・・・
by sikoukairo2 | 2011-12-23 02:38 | Comments(2)

パンツの乾燥方法?

 東京・目黒にある学生寮でボヤ騒ぎがあった・・・らしい
東大生のいる部屋から何かが焦げるようなにおいがしてくるので隣の部屋に住む早大生がびっくり。
いそいで部屋のドアをノックすると、中には赤いバスタオルを腰にまいた東大生が正座しており、
そのかたわらで愛用のオーブントースターが煙を噴いていた。
 東大生のこうは「なにごとか」といわんばかの泰然自若とした表情。
事情をきくと下着の替えがとうとう底をつき、押し入れから山ほどあるシャツやパンツをだして洗濯したものの、
とりあえずその日にはくパンツがない。
そこで、なんとか早く乾かそうと、オーブントースターに濡れたパンツを突っ込んで乾かそうとした・・・だと
 オーブントースターはパンツ乾燥機にあらずと言いたくなるよね、そのあとパンを焼くのかな?
普通に考えればドライヤーで乾燥させるという発想がなかったのかな?
もっともその前に洗濯ものは溜め込まないことだよ、不衛生だよね。
で、焦げ臭いパンツをはいて外出するんだよね、繊維が傷んでボロボロ。
帰ってくるころには、パンツがなくなっていたりして・・・
by sikoukairo2 | 2011-12-22 02:38 | Comments(0)