私の変な質問?

tamacyan.exblog.jp
ブログトップ

<   2013年 01月 ( 29 )   > この月の画像一覧

性売買禁止特別法で逮捕者20万人?

 韓国で2004年に施行された売春を規制する法律、「性売買禁止特別法」。
半年で売春宿が36%減少し、売春婦の数も5万5000人から2万7000人に半減するという成果をあげたが・・・施行から数年経った今でも、多くの売春婦がこの法律に抗議している・・・らしい
毎年、法律が施行された9月になると、この特別法の廃止を要求するスローガンを掲げ、1000人規模のデモが行われる。
それほどまでに、韓国は売春婦の職業意識が高い国?
ソウルの中心部からほど近い清涼里(チョンニャンニ)は、韓国のセクシースポットのひとつ。
今は半減したが、全面ガラス張りの店が何10店舗も並び、店内にいる露出度の高い格好をした女性が通行人を誘惑している?
15分7万ウォン(約4600円)が相場で、濃厚なサービスを受けることができる?
韓国の場合、あまりにも街の中心部にセクシースポットがあるので、現地の人でも驚くことがある・・・だと
 韓流ドラマに熱を上げたオバサンが多いという記憶が新しいけど・・・
焼肉とキムチを食べて、エステに行くというイメージの韓国。
で、性風俗の取締りって、是か?非か? う~ん・・・私には答えられないよぅ・・・
[PR]
by sikoukairo2 | 2013-01-31 02:44 | Comments(2)

サンバ好きのブラジルでは大臣がセックスを推進?

 ギリシャに次いで性生活幸福度世界2位のセックス大国ブラジル。
そのブラジルで2010年、保険相が「ブラジル人にはもっと運動が必要だ。 週末のサッカーだけが運動ではない。 成人ならばウォーキングやダンス、それにセックスだっていい。」と、驚くべき発言をした・・・らしい
そして、現在ブラジルではアコンパニャンテ(コンパニオン)と呼ばれる女性が増えているという。
彼女たちはインターネットの専用サイトで、自分のセクシーショットやプロフィール、携帯番号を公開しており、男性客は直接電話をかけ交渉する?
 ブラジルの風俗とは、売春が合法で、「リラックス・センター」と呼ばれる置き屋が繁盛している。
日本でいうソープランドのようなもので、店に所属するすべての女性と顔を合わせた後、好みの女性を選択するシステム・・・だと
 明るく開放的でサンバのイメージがあるブラジル。
売春が違法か合法かは、国民性なのかな? それぞれの主張もあるだろうけど・・・
なんだか、日本のセックス事情が暗く陰気なものに思えてきたよ。
で、明るいエッチ、楽しいセックスを堪能できる国にならないのかなぁ・・・
[PR]
by sikoukairo2 | 2013-01-30 03:29 | Comments(8)

ドミニカではフリーSEXが基本?

 美しいビーチで知られる街、プエルト・プラタはドミニカ共和国でも指折りのセクシースポット・・・らしい
物価が安いこの国では格安で女性と遊べるため、多くの観光客が世界中から訪れる。
しかもプエルト・プラタのほとんどのホテルは、食事はもちろん、アルコールも飲み放題。
さらに女性がセットで付いてくるというから驚き。
宿泊客は休暇中ずっと、夢のような酒池肉林の生活を送れるのだ・・・
世界有数の売春ツアーの目的地となっているドミニカ共和国。
一度行ってみたいと思ってしまうのは、男のサガだろうか?
 世界銀行の調査によれば、プエルト・プラタはセックス産業のおかげ?で、HIV感染率が国内で最も高い。
性的サービスに従事するすべての女性が感染しているわけではないが・・・
プエルト・プラタで遊ぶ際には特に注意したい・・・だと
 興味ある話で興奮させて、悪い話で萎えさせる。
良いのか、悪いのか、よくわからない記事だね。
で、節度を考えてエッチをしろということかな?
[PR]
by sikoukairo2 | 2013-01-29 05:20 | Comments(2)

アメリカ女とのエッチは豪快だが、無味乾燥?

 アメリカといえばコールガールやストリートガールのイメージがあるが、実はネバダ州を除いたすべての州で売買春は違法・・・らしい
しかもネバダ州のどこでも合法というわけではなく、ラスベガスやヘンダーソンなど主要都市でも売春は禁止されている。
安全に合法的に遊びたい場合は、ラスベガスから郊外へ100キロほど離れた場所にある、州政府が認可したエリアまで行かなければならない。
アメリカ人の売春婦は完全にビジネスと割り切っており、必要以上のサービスは提供しない。
そのため恋人気分を味わえるようなセックスや過度なサービスは期待しないほうがいい。
ラスベガスでは1日に何件も、観光客がコールガールなどの女性に騙されて、強盗や脅迫の被害に遭う事件が発生しているという。
違法な売春婦に騙されたのでは警察も助けてくれないので、くれぐれも甘い誘惑に乗らないようにきをつけよう・・・だと
 危険がいっぱいという意味でワイルドなエッチをスルのかな?
その手のスリルを味わいたい人は・・・チャレンジしてみては?
で、自己責任でね。
[PR]
by sikoukairo2 | 2013-01-28 01:04 | Comments(4)

チェコのショーパークは市場の隣り?

 チェコ共和国のセクシースポットといえば、首都プラハのハヴェル市場のすぐ隣にある置き屋、「ショーパーク」。
置き屋とは性的サービスを提供する女性を抱えた店のこと。
また、ショーパークは店名だけではなく置き屋街の総称で、ヨーロッパの各国からショーパーク目当てに観光客が訪れている・・・らしい
置き屋によっても料金は異なるが、個室使用料は100~150チェコルナ(約420~640円)。
そこで好みの女性を相手に、1000チェコルナ(約4200円)を払い、楽しむ。
またチェコ人は、女性付きのホテルも愛用している。
5000チェコルナ(約2万1000円)程度支払えば、女の子が一晩付き合ってくれる。
プラハの宿泊施設は他国に比べて高いので、観光でチェコに訪れた際には、女性付きのホテルを利用したほうがお得かもしれない・・・だと

 寒くて何も思い浮かばないよぅ、もっともこんな時間に起きている人は少ないだろうけど・・・
おもむろに炊飯器のスイッチを入れる、少しは暖房の足しになるかな?
で、チェコの観光って、何が有名なの?
[PR]
by sikoukairo2 | 2013-01-27 03:56 | Comments(4)

イタリアでは首相が未成年売春?

 情熱的で女好きといわれているイタリア人男性?
それを象徴するのが、首相のベルルスコーニかもしれない。
モロッコ出身の17歳の女性カリマ・ケエックとの淫行疑惑をはじめ、彼のセックススキャンダルは枚挙にいとまがないが・・・その原因はパーティーにあるといわれている・・・らしい
 イタリア人のパーティー好きは知られているが、イタリア人にとってパーティーは、ただ大騒ぎするためではなく、セックスのお相手を探す場所なのだと。
ベルルスコーニ首相も例外ではなく仕事そっちのけで、パーティーを開催しているという?
 イタリアにも風俗店はあるが、どこも例外なくマフィアが経営している。
現地で安全であるとされている風俗店でさえ、クレジットカードや貴金属を盗まれる被害が多発している。
イタリアでは羽目をはずしすぎないように・・・だと
 明るく陽気なイメージのイタリアでも、風俗は危険ということ?
どこにでも光と闇の世界があることを象徴しているみたいだね。
で、日本のパーティーって、合コンみたいなイメージしかないけど、私が知らないだけ?
女性を口説き落とすための集まりなら、目的は一緒か・・・
[PR]
by sikoukairo2 | 2013-01-26 01:09 | Comments(0)

ギリシャはセックス発祥の地?

 2008年4月に発表された「セクシャル・ウェルビーイング・グローバル・サーベイ(性生活幸福度世界調査)」で、週1回以上セックスをしていると答えた人の割合が87%と一番高い国がギリシャ・・・らしい
「風邪はセックスで治す」という言葉があるほどセックスが大好きな国なので、当然売春は合法?
ただしギリシャでは売春宿での売買春は違法なので、女性と遊びたい場合は路上で街娼と交渉することになる。
「ついて行ったら怖いお兄さんが出てきたらどうしよう」、「性病が心配」など、街娼には悪いイメージが付きものだが、ギリシャの街娼は国から与えられた許可証を所持し、定期健診を受け、社会保険にも加入しているので、他国で街娼を買うよりはずっと安全。
ちなみに先述のアンケート、日本は34%で、ダントツの最下位!
性生活の満足度にも結果が出ており、性生活に満足している日本人は15%・・・だと
 もしかしたら、日本は売春が違法だから、メンタル面ですでに萎えてしまっているのかな?
それにしても、性生活の満足度が低いのは、何かと問題だよね。
限界を超えた老人大国になっちゃうよ、60歳はまだ若いとか・・・
で、男性よ奮起せよ! 気力とアレを奮い立たせるのだ! ガンバレ日本男児、女性をマン足させるのだ。
ふぅ、私のエールが届くかな?
[PR]
by sikoukairo2 | 2013-01-25 03:17 | Comments(8)

ロシアの男はサウナで遊ぶ?

 ロシアといえばサウナが有名?だが、繁華街にあるサウナといえば女性と遊べるセクシースポットのことで、「ロシア式サウナ」、「セックス付きサウナ」とも呼ばれている・・・らしい
サウナにはプールやキッチンスペースなどが備わっており、さしずめゴージャスな貸別荘だ。
部屋代はサウナによって異なるが、平均すると1時間2000ルーブル(約4900円)程度。
ロシアの男たちは数人で、酒や食べ物を持参してサウナをレンタルする。
肝心なお相手の女性は、フロントで何人でも手配してもらえる。
女の子とのプレイ代は2000ルーブルで、呼んだ女の子たちを交えてパーティーを開く。
ロシアの男たちは豪快だといわれているが、もちろんセックスも豪快?
ウォッカを浴びるように飲みながら、女の子をとっかえひっかえし、セックスする。
”草食系”が多いといわれている日本人は、ロシア男の豪快さを少しは見習ったほうがいいのかもしれない・・・だと
 ロシア男は乱交パーティーで盛り上がるのがスタンダードなの?
寒い国の男というイメージしかないけど・・・寒いからこそ燃え上がる行為が好みだったりして・・・
で、乱交パーティー・・・う~ん、腰が引けるよぅ・・・
[PR]
by sikoukairo2 | 2013-01-24 01:15 | Comments(6)

フランスでは女学生が売春中?

 フランスの繁華街では今も、昔ながらの街娼や若い外国人娼婦などが多く、売春が盛んに行われている・・・らしい
そんなフランスでは現在、4万人にも上る女子大生の売春嬢の増加が深刻な社会問題になっている?
売春といえば客引きや娼館が一般的だが、ほとんどの女子大生たちはインターネットの匿名掲示板を利用して、1時間で100~200ユーロ(約1~2万1000円)で小遣い稼ぎをしているという。
フランスでは売春は合法だが、中には18歳に満たない少女も売春をしており、うっかり18歳未満に手を出したら逮捕されることも・・・
 同じフランスでも、パリの中心部から近い森林公園「ブローニュの森」は”男娼の聖地”として世界的に有名な場所?
公の場での勧誘は違法だが、ここは別。
夜になると多くの男娼が集まる?
そういう趣味のある人は、一度覗いてみてはいかが・・・だと
 フランスって、エッチな面でも「性地」なんだ・・・
その気になればロリからホモまで堪能できそうな雰囲気だね。
で、フランス語が話せなくて交渉ができなかったりして・・・
[PR]
by sikoukairo2 | 2013-01-23 04:38 | Comments(2)

オランダでは駅前の飾り窓に注目?

 売買春が合法化されているオランダ・・・
アムステルダムやデン・ハーグなど大きな駅の近くには、飾り窓地区と呼ばれるエリアがある・・・らしい
飾り窓とは全面ガラス貼りのドアのことで、同地区では飾り窓についた風俗店が軒を連ねている。
店内ではランジェリー姿の女性がポーズをとっていて、男性客は道すがら女性を物色できる。
これといった相場は存在せず、客はドアを開けて直接女性と料金の交渉をする。
ちなみにカーテンがかかっている飾り窓のお店は、お取込み中ということなので、間違ってドアを開けないように!
飾り窓地区には怪しいお店がいっぱい?
大人のオモチャからきわどいコスチュームまで、世界中のアダルトグッズが手に入るといわれている。
また、なんと大麻の販売も合法で、誰でも購入できる・・・だと
 こんな記事を投稿してもいいのかな? ネタが乏しいとはいえ、麻薬のCMみたいだね。
で、ブログそのものがNGになったりして・・・
[PR]
by sikoukairo2 | 2013-01-22 02:30 | Comments(4)