人気ブログランキング |

私の変な質問?

tamacyan.exblog.jp
ブログトップ

<   2016年 02月 ( 10 )   > この月の画像一覧

前立腺刺激?

 男の「中イキ?」器官である前立腺を集中的に刺激する? 男の性感獲得法・・・らしい
ヤリ方は、大きく分けて二つ。指でスルものと、舌でスルものがある・・・
 指で刺激する場合は、アヌスに指を挿入して行う。人差し指あるいは中指を、1:受け手男性の(背中側でなく)お腹側に指の腹が向くようにして差し込み、2:第2関節の前後まで挿入したら、3:指を軽く鈎状に曲げる。奉仕側の指の腹が柔らかい膨らみに触れたら・・・あるいは受け手男性が陰嚢の裏側にじんわりと温かい快感を覚えたら、前立腺を捉えたものと考えてよい。
 ポイントを補足したら、指の腹でヤワヤワとプッシュしたり、数秒間から十数秒間、じんわりと圧迫し続けたり、あるいは指先を軽く鈎状に折り曲げたまま2~3センチだけ指を出し入れして、折り曲げた指先で刺激したり・・・と、指を動かしてマッサージ。
 もう一つの愛撫スタイル、舌でする場合は、1:舌を硬く真っ直ぐに指し伸ばし、2:アヌスにグリグリと差し込み、3:奉仕女性の顔面が受け手男性の尻の谷間に押しあたるほど密着させ、4:硬く尖らせた舌先で前立腺を捉えたら、5:舌先を動かして刺激する。舌をウニュウニュと動かして刺激したり、顔(東部全体)を回転させるように振って直腸に潜り込んだ舌先をドリルのようにグリグリ回したりと、激しく動かしてマッサージする。
 指でする場合はアヌスと指にたっぷりのローションをまぶすのはもちろんのこと、舌でする場合もアヌスにたっぷりのローションをまぶしてから行うこと。
 バリエーションとして、女性が背面騎乗位でピストンしながら、指で前立腺を刺激すれば、また一味違った感覚を得られるかもしれない。また男性が上になりたい場合など体位を工夫したいときは、アヌスにローターを入れたままピストンをすることも可能だ。・・・だと

 もう、「試したい人は勝手に楽しんでよ」と言いたい気分、私は痛いのと汚いのと気持ち悪いプレイはお断りだから・・・気分が冷めちゃった。

by sikoukairo2 | 2016-02-28 05:28 | Comments(0)

アナル舐め???

 文字通り、敏感な菊のすぼまりを舌で優しく舐め刺激する愛撫方法・・・らしい
アヌスは人体の中でも極めて重要度の高い器官であり、それゆえに多くの末梢神経が走っており、感じやすくなっている?
同時に、お通じの排泄器官であるがゆえ、洗浄して清潔になっていても「汚染されているのでは?」との偏見を拭いきれない器官でもある。
そんなアヌスだけに、舌で刺激することには、1:デリケートな粘膜を傷める心配がない?、2:繊細な愛撫を加えられる?、3:奉仕側に潔癖の気があるなら調教プレイ的心理効果を期待できる?、4:受け手に被虐趣味があるなら羞恥プレイ的な心理的高まりを得られる?、などいくつものメリットがある?
 ヤリ方には大きく分けて二つのスタイルがある。
A:アヌス全体をペロリと舐める。
B:アヌスのキュッとすぼまった中心を、尖らせた舌先でツンツンと突っつく。
スタイルAでは、奉仕側は舌をできるだけ広げるように延ばして行うとよい。会陰から尾てい骨まで、あるいはその逆に尾てい骨から会陰までを、幅広のヘラで一筆書きをするように、べロリと一舐めで舐め上げたり、舐め下したりすると、受け手の「いかにも肛門を舐められちゃってる」感を高められることだろう。
スタイルBでは、奉仕側は舌の先端を硬く尖らせるイメージで差し伸ばす。硬く差し延ばすほど、舌先は半自動的に鋭く尖るはず。舌先の尖り具合が鋭くなればなるほど、受け手の肛門と触れる面積は狭くなるわけで、そうなればなるほど接触したときの快感は鋭いものとなる・・・だと
 ゲロゲロ~、こんなプレイで奉仕したいと思わないし、逆に受け手だったら・・・激しく感じるのかな?
何も思い浮かんでこない・・・しばし沈黙・・・キーを打つ指が止まったまま動かない・・・
逃げようか、興味ある人は試してミソ!

by sikoukairo2 | 2016-02-27 05:23 | Comments(0)

ローション充填フェラ?

 奉仕女性が口腔内にたっぷりのローション(ローソンではない)を含みながらスル・・・フェラチオ。ペニスと舌や口唇との間に、常にローションの厚い層があるため、オーソドックスな口唇愛撫による摩擦感とは大きく異なる。ぬるぬるツルツルとウルトラスムーズな快感を発生できるのが特徴・・・らしい。
 ヤリ方には、大別して三つのスタイルがある。
1:口に含んだローションの中で、トロトロたぷたぷと泳がせるようにして亀頭を刺激するスタイル。
2:口の端から少しずつ、あえてローションを垂らしながら行う刺激スタイル。
3:少しずつ口から漏れ出させ、それをペニスに塗り付けながら、閉じた唇や広げた舌の表面をこすり付けるようにして愛撫するスタイル。
 このテクニックの基本となるのがスタイル1:のヤリ方。羊水に浸かる子のごとく、口腔内に溜めたローションの中で亀頭をただよわせ、やんわりと優しく刺激スル。口に含んだローションをこぼしたり飲み下したりしないよう、気を付けながら行いたい。
口腔にこまめにローションを継ぎ足したり、粘度の高いものを含んでしたりすつのであれば、スタイル2:の方法でスルのもいいだろう。
すたいる3:なら口唇の先や舌先で塗り付けるほか、口とペニスを一旦離し、高い位置からポトリと垂らしてまぶすのも楽しい?
視覚的効果のみならず、少しずつ塗り付けるより乾燥しにくいメリットも・・・
奉仕側の口腔から垂らすだけでなく、受け手男性も唾液を垂らして、カップル双方のローションを混合させれば、二人の心もねっとりと絡み合うに違いない・・・だと
 実は私・・・フェラの経験が無いんですぅ。・・・情報を提供するだけでは・・・少し悲しいかな?
で、ローションプレイといえば、過去に紹介したかもしれないけど、「バスタブローションプレイ」。湯船に湯を張り十分に身体を温めたら、湯を抜いて上半身から順にローションを身体に塗り付ける。全身がヌルヌルの状態って、何とも言えない快感。このとき湯船から脱出できないことに気がつく。軽いパニック状態だったので、シャワーで洗い流すことしか考えていなかった。後で考えれば湯船側の水栓をひねれば問題なかったんだよね。頭に巻いていたタオルを使って脱出に成功し、シャワーでローションを洗い流してから気がついた「あっ、オナニーするのを忘れていた」トホホな経験だったことを覚えている。アハッ

by sikoukairo2 | 2016-02-21 07:39 | Comments(0)

検査棟の女子トイレ・・・

 倉庫に併設された検査棟、トイレは倉庫係と共用・・・といっても、倉庫で入出庫や在庫管理をしているのは、以前紹介した全日本が一人、普段は外を回ってトイレに入るけど、雨天の日は検査室の中を通ってトイレに向かう。「検査中は静かに!」と言われたことに気を遣っているのかな?隅を静かに歩いていく。休み時間には一緒に騒ぐこともあるけど、検査中は集中力が優先。
 この女子トイレ、洋式の個室が一つと和式の個室が一つ、ウォシュレットを使いたいときに先客がいると空くのを待つしかないけど、急を要する場合は和式に入る。洋式を使い慣れていると、和式に違和感を感じるのは私だけだろうか? 小用の解放感を味わいながら考えた。
便器の前の半円形の出っ張り、「金隠し」というらしい、どうして「チン隠し」と言わないのだろうか? 女性用なら「マン隠し」? もしこの部分が無かったら、女性は不便ではないと思うけど、男性は具合が悪いのだろうか? 小用が前に向かって出るから受けが欲しいとか? 跳ね返ったシブキで自身が濡れてしまうことはないのかな?
 で、玩具の一つに「万華鏡」がある。これをカタカナで書くと「マンゲキョウ」、とても不思議な感じがするけど、そんなこと考えるのは私だけ? 中に「マン毛」を入れて覗き込む・・・「マン毛鏡」・・・「チン毛」と見分けができるのかな? いや、「キン毛」かもしれない、すね毛、胸毛、わき毛、ヒゲ・・・気持ちが悪くなったので、このへんでやめよう・・・

by sikoukairo2 | 2016-02-20 07:18 | Comments(0)

オナホ併用フェラ?

 オナホールを用いてペニスの竿部分をしごきながら、同時にオナホールから露出した亀頭部分を口唇や舌で刺激する方法がある・・・らしい
オナホールには貫通型と非貫通型の二つのタイプがあるが、今回の記事ではその性質上、貫通型を用いる。
ヤリ方は、ペニスにたっぷりのローションをまぶしてオナホールを被せたら、オナホールを手で上下に動かしてペニスをしごく。しごきながら露出しているペニス先端を口唇や舌で刺激する。
 最大のポイントは、口唇や舌の使い方。尖らせた舌先で尿道口やその周辺の亀頭粘膜をチロチロと小刻みに舐める。アムアムと前歯で亀頭を甘噛みする。開いた唇を亀頭先端に浅くかぶせて、チュパチュパと吸引する。ペニスの付け根や陰嚢をペロペロと舐め回す。これら4種類の動きを、状況に応じて組み合わせつつ繰り出す・・・
 オナホールをダイナミックにストロークすると、オナホールが舌や唇に当たり、フェラチオ奉仕をしにくくなるので、適度に動かす。
奉仕側女性は慣れてきたら、ストロークする手の動きと、口唇や舌の動きとをシンクロさせるようにも努めたい。受け手男性が高まり、発射が迫っているのを感じたら、手と舌の両方の動きを早めたり、あるいは素早くストロークしながら舌や唇はあえてゆっくり、ねっとりと動かしたり・・・と、リズムやテンポのコンビネーションを考えながら刺激する・・・だと
 んん?女性が奉仕するなら・・・男性は女性の中にペニスを挿入したいわけだよね、外出しする理由って何だろう? 王様気分でも味わいたいのかな? 一回目の発射は奉仕させて、二回目の発射は女性との合体でと、絶倫男性用のテクニックだろうか?
 テレビでは、EMSの通販番組・・・ペニス用のEMSってあったら・・・男性は購入するのかな? 仕事中も股間を鍛える?・・・そのうちに販売されるかも・・・

by sikoukairo2 | 2016-02-14 07:31 | Comments(5)

検査チームの紹介・・・

 今後、チームの話題を記事にすることもあるかもしれない、軽くメンバーを紹介しておこうと思う・・・
リーダーは過去記事で登場した、味付けプレイ夫婦の奥さん、味つけられ奥さんでは長いので「味子」さんとしよう。彼女は私より一年早い入社で仕事の速さと正確さでリーダーに選ばれた、おとなしい性格だけど几帳面な唯一の既婚者。
二人目は、味子さんと同期で入社した、一際高い声でピヨピヨとおしゃべりをする「ピヨ子」さん。彼女は絵を描くのが上手でミーティングのときは、それぞれの意見をホワイトボードに見取り図として書き表す特技の持ち主。
三人目は、私と同期で入社した、商業系の資格を多数取得している「商子」さん。彼女は事務への配転を希望していたけど、私たちと歩調を合わせてくれた。手先の器用な彼女は味子さんに次ぐ実力者で大きな戦力となっている。
四人目は、私こと「ミネラル」
五人目は、他職場から移ってきたポッチャリ体型で大きな胸の持ち主。体力が無いので検査への移動を希望したという、椅子を引き前かがみになると机の上に胸をドンと乗せて休む姿は彼女ならではのポーズ、私なら顔面強打だろう。男性社員から「聞きしに勝る大きな胸だ」と言われたことから聞く・勝る・胸→キク・マサ・ムネ→「菊正宗」と呼ばれている。
六人目は、会社側から頼まれたワケアリな人で、軽い知的障害があり人とのコミュニケーションに問題があるらしい。前の職場の女性社員の説明によると生理中にミスが出ることがあるので注意とのこと。で、生理中→月経間→「月桂冠」と呼ばれている。
 以上、メンバー紹介でした。・・・よろしく

by sikoukairo2 | 2016-02-13 07:48 | Comments(0)

少し?恥ずかしいお話し

 寒い季節の最中、お風呂で温まるのはリラックスできる時間の一つだよね。でも・・・話題になったのは、ヒートショック現象で亡くなる例もかなりあるということ・・・らしい
 入浴といえば当然裸で、女性が意識を失って倒れ込んだポーズが・・・場合によってはアラレモナイ恥ずかしい姿だったら・・・
まして発見者が他人で異性で顔見知りだったら、恥ずかしさも倍増。運よく助かっても後後顔を合わせるのを考えてしまいそう。
運悪く命を落としてしまったら、心残りで成仏できないかも。
話しは男性の場合に移った。男性の中には女性以上に恥ずかしがる人がいるのか?とか、緊急事態なので、それどころではないと考えるだろうなど、勝手な意見が飛び交う。
極め付けは、もし男性がバイアグラを使用してセックスをした後に浴室で倒れたら、命がある限り勃起したままだろうか? 男性は倒れて意識を失っていてもイチモツはビンビン? 救急車で搬送される最中に掛けられた毛布が富士山のように盛り上がっていたら、救急隊員も笑いをこらえるのに必死だったりして・・・
 検査チームの新人二人は目を丸くして聞いていた。私たちもシモネタが話題に出るということは、心に少し余裕ができたのかなぁ?

by sikoukairo2 | 2016-02-11 07:50 | Comments(0)

乳首コキ・・・

 奉仕女性の乳首のみでペニスの各所を刺激する技。パイズリの派生技とでも言うべきテクニック・・・らしい
刺激する部位は、効果の高い順に、カリ下、裏スジ、尿道口、亀頭の表面粘膜、となる? カリ下への刺激は、乳頭の先端でツンツンと突くようにスル。裏スジは、乳首と裏スジとが直交するように摩擦する。乳頭先端が微かに触れる程度の距離をキープして摩擦したり、逆にしっかりと押し付けながらしたり、圧着力に変化を付けながら行いたい。また、亀頭と竿との接合部付近のスジが一段高くなった部分については、引っかけてはじくように刺激するのもよい。尿道口責めについては過去記事で触れているのでカット。亀頭の表面粘膜に対しては、突くようにスル、ヤリ方と、こすり立てるヤリ方の二つがある。
 いずれの場合も、留意したいのは奉仕女性の乳首の形状。乳首の形や硬さによって、得意となる愛撫方法は微妙に違ってくるからだ。勃起すると乳頭が円錐状に尖るタイプなら、そうでないタイプの乳首よりも、よりピンポイントな突き攻撃が可能となる。カリ下や尿道口への刺激をメインに構成を組み立てると、効果的な愛撫となるだろう。円柱状でコリコリと硬く勃起するタイプの乳頭なら、裏スジや亀頭粘膜にしっかり押し当てて印象の強い刺激を、勃起してもプニュプニュと柔らかさを残すタイプなら、亀頭の表面粘膜や裏スジをタフタフとソフトにタッピングするとよい。豊乳女性や巨乳女性に多く見られる乳輪の幅が広いタイプなら、亀頭表面に広い面積で触れ、ぺったりと触れたまま摩擦するとよいだろう。摩擦し合ううちに乳輪に点在する微細な突起がポツポツと立ってくるはずで、そうなるとまた独特の摩擦感が心地よい・・・だと
 う~ん、胸のお話しはあまり好きではないけど・・・ネタが無いので少々シブシブ感を含みながらの記事だった。
乳房の大きさは別として、女性から見てもきれいな胸だと思わせるような美乳の持ち主っているよね、うらやましいなぁ・・・
豊かな胸の持ち主でも、乳離れ状態や垂れパイ状態だと残念だよね。
 で、乳首コキ、試してミソ!

by sikoukairo2 | 2016-02-07 05:12 | Comments(0)

あっと言う間に一週間・・・

 激動という言葉でいいのかな? 私の職場から検査専門に移るのは、わずか4人と他職場から移ってきた新人2名の計6名。
本番には1日8ロットの検査をこなさなければならないので、1人1日1ロットから比べると1.5倍の量になる。
あと1か月で新人教育や8ロット対応のミーティングや練習をこなさなければならない・・・
新しい検査場は、西側に入り口がありアルミサッシの4枚引き戸、中に入ると引き戸の両側に傘たてと靴箱、左側に男女別のトイレと掃除用具等を入れる雑庫、右側に給湯設備を備えた14畳ほどの部屋があり、着替えやミーティングのために使うことになった。
玄関から入って正面にある観音開きの鉄扉を開くと検査場となる。多目的に使えるよう考えたのだろうか?ちいさな体育館のようだ、南側と東側に窓があり部屋の中は明るい。北側には小窓が二つあり倉庫の中を覗くことができ北側の一番奥にある鉄扉の大きな引き戸から荷物の出し入れをしている。
 で、ニュースによると、ブラジルでは今日からリオのカーニバルが始まるようだね、テレビの映像でしか見たことがないので、実際に見物すれば迫力があるんだろうなぁ・・・男性はTバック姿の若い女性がお目当てかな? たぶんそうだ・・・いや、絶対にそうだ。
踊り子というのかな?あの子たちはお尻を出して恥ずかしくないのかな? 半ケツというよりも、ほぼ全ケツ状態で人前で踊るわけでしょ?根性があるのか、国民性なのか・・・何だろう? 見物する男性の鼻の下がビロビロに伸びているイメージが浮かんでくるよね・・・
 私もTバック試したことがあるんだけどぉ、お尻の割れ目を誰かに刺激され続けているような違和感を感じて1時間くらいで脱いでしまった、以後タンスの肥やし状態、(思い立ってTバックを取り出し広げてみた、もう一度穿くことがあるかな?冬は絶対に無いだろう、だって、寒いもん)幼児体型で小さめのお尻にTバック・・・似合わないでしょ、ロリ嗜好の人には垂涎かもしれないけど・・・

by sikoukairo2 | 2016-02-06 08:24 | Comments(0)

昔は無かった?

 2月4日の早朝です。今日はゴロ合わせで妊娠の日・・・な訳ない! 立春なんですぅ、今日から春なんですよぉ、暦の上ではね。でもね、2月のことを如月(きさらぎ)ともいう。ある人は着ている上に更に着るほど寒い時期、「着更着」という説があると言っていた、本当かな? 立春だから・・・春が来たので男性はアレを元気よく立たせてみるとか?ビンビンになったモノを見ながら「こいつぁ~春から縁起がええわい」と啖呵をきってみる?だめかな? でもね、春だからといって、春を売る行為は、手が後ろに回る結果を招くので・・・おすすめは出来ないよね。
 で、数日前のテレビの番組表だったけど、通販番組のタイトルに「女の欲望」という文字を発見した。何だろう?と思ったら、女性用の補正下着だった。オバサンたちの話によると、「テレビの通販番組が始まってからだよ、補正下着とか失禁下着を目にするようになったのは」「そうそう、もっと前は生理用品のCMも無かったよ」「店まで出向いて、自分で品定めをする時代だったよね」などと口々に言う。当時はパソコンも普及していなかったので、情報源はテレビ、雑誌、新聞折り込み、あとは直に商品を見るなどして買い物をしていたと言う。
今はパソコンやスマホで簡単に欲しい商品を探すことができるし通販が当たり前になったので、便利な時代だよね。
では、この先はどうなるのだろう?テレビで堂々とセクシーランジェリーやアダルト系の商品も紹介されるようになるのかな? 中には喜ぶ男性がいたりして・・・

by sikoukairo2 | 2016-02-04 04:37 | Comments(0)