私の変な質問?

tamacyan.exblog.jp
ブログトップ

<   2016年 03月 ( 9 )   > この月の画像一覧

アブノーマルセックスの定番プレイ?

 アナルセックス・・・読んで字のごとく、肛門にペニスを差し込み、直腸に出し入れすることで陰茎粘膜を摩擦刺激する交接方法・・・らしい
 底付き感?・・・敏感な亀頭先端(尿道周辺の粘膜)が壁や子宮口などに触れる感触・・・がないため、ズブズブと際限なく飲み込まれてゆくような錯覚と、中の締め付けが弱いため、実際以上に強力に感じられる入り口(肛門)の締め付け。それらの膣挿入とは大きく異なる独特の物理的性感に加えて、背徳感や凌辱刊、征服感などの高い心理効果を得られるのも大きな魅力?
 ヤリ方は、1:後背位あるいは正常位の体勢を取ったら、2:市販のローションをペニスと差し込まれる側の肛門との両方にたっぷりとまぶし、3:同時に攻撃手の男性は指にもローションを塗り付ける。準備が整ったら、4:男はまず指を挿入し、5:肛門の位置と直腸の方向性を確認できたら、6:ペニスを掴み、7:アヌスに亀頭を真っ直ぐあてがい、8:ゆっくりと腰を送り出す。亀頭先端が菊門に沈みはじめたら、9:じっくりとさらに腰を繰り出して、10:奥まで沈め、11:軽く出し入れをして女性が痛みを訴えないのを確認したら、12、心ゆくまでピストン運動を楽しむ。
 ポイントは各段階で次の通り。段階1:では後背位なら女性は腰を反らせず落し気味に、正常位なら尻を高めに持ち上げるのがコツ。段階5:では同時に、指でローションを直腸内に押し込み、腸壁にぐるりと軽く塗り付けておくと、段階9:では沈み込みがスムーズに進むだろう。その段階9:ではとにかく焦らずじっくりと侵入しること。3ミリ沈めたら2ミリ抜き出し、ペニスの側面にローションをまつわりつかせたら改めて3ミリ沈めて・・・と時間をかけて行う。そうすることで、受け手女性が激痛を覚えたり、切れ痔などで肛門を故障させたりするのを回避できる・・・だと

 う~ん?・・・お尻の穴にペニスを入れるわけでしょ? 入るのかな? かなり痛そうな・・・寒気を感じるけど、大丈夫なのかな?
指一本なら、軟膏を塗ったときに入れたことがある他は・・・美多民が指を入れてきたことがある・・・肛門から人差し指、アソコに親指を入れて、中で指の腹を合わせるようにコネコネ、クリクリと刺激された・・・
興味ある人は試してミソ、中身が出ちゃって「セックソ」になりそうな気がするから・・・おすすめではない気もするけど・・・

[PR]
by sikoukairo2 | 2016-03-27 05:41 | Comments(7)

半勃ちピストン?

 勃起しきらない状態のペニスを膣へ挿入し、出し入れすることで、膣壁に押し返される感触を楽しむピストン運動の方法。柔らかさを残すペニスは、ギチギチにいきり立った状態よりも表面粘膜が敏感で、膣に収めれば押し返してくる膣壁の締め付けや包まれ感をより強く感じられるもの。それを堪能するための技・・・らしい。
 ヤリ方は、1:勃起しきらない半勃ち状態のペニスを指でつまみ、2:押し込み詰め込むようにして膣内に収める。半勃ちのまま膣に挿入できたら、3:ゆっくりと出し入れをする。締め付けられてペニスがふしゃげるのを感じられれば・・・大成功。
 ペニスが柔らかければ柔らかいほど、半勃ち挿入の味わいは強まり、深まる。しかし反面、段階1:での挿入はむずかしくなる。完全未勃起の状態で収まるのが理想だが、芯まで柔らかい状態では、指先の器用な男性でも挿入は困難を極めることだろう。慣れないうちは、5分勃ちから7分勃ちの状態で挿入するとよい。
 段階3:では、はじめのうちから激しく腰を動かすとペニスがすっぽ抜けてしまう恐れがある。また、激しすぎる動きは、ペニスの性急な充血を招くため、独特の締め付け感や包まれ感は短時間で強制終了となるだろう。長時間の半勃ちピストンを楽しみたいなら、挿入後の出し入れは、ゆっくり、そろそろ、やわやわと、慎重に行いたいものである。完全勃起したら一旦腰の繰り出しを休み、ある程度まで鎮まってからピストンを再開するのもよい。
 主体である男性はもちろんのこと、挿入される側の女性も、膣内でペニスが徐々に硬く大きくなってゆく、独特の感触を楽しめることだろう・・・だと

 んん?未体験な感覚のようだね、しいて例えるのなら・・・竹輪を挿入されて出し入れされるようなものだろうか?
だからといって、冷蔵庫から出してきた竹輪では冷たいだろうし、おでんの具の竹輪では火傷するかもしれない・・・
もっと陽気が良くなったら、試してみようかな?竹輪オナニー
もちろんパートナーがいる人は、今すぐ半勃ち挿入!GO

[PR]
by sikoukairo2 | 2016-03-26 07:42 | Comments(7)

アヌス指入れピストン?

 膣にペニスを挿入し、ピストン運動で出し入れをすると同時に、相手女性の直腸に指を挿入し、直腸と膣との壁越しに陰茎側面を指で圧迫して刺激するテクニック・・・らしい。
 ヤリ方は、1:膣にペニスを挿入したら、2:女性のアヌスに男性が指を差し込み、3:深々と直腸内に指を収めたら、4:ピストン運動をスタート。同時に、5:出入りするペニスを壁越しに指先でこすったり押したりして刺激する。
 ポイントは各段階で次の通り。段階1:では、正常位、騎乗位、後背位の、いずれの体位でもよい。段階2:で使う指は、中指あるいは人差し指が、深々と収められるうえ、折り曲げ具合を微妙にコントロールしやすいので適している。段階3:では、第2関節前後まで収めるのが理想。段階4:では、男女のどちらが腰を動かしてもよいが、男性側がピストンする方が女性の下半身があまり動かず、肛門の位置のブレを抑えられるため、直腸に挿入した男性の指への負担は軽減でき、思い通りに動かしやすい。ペニスの出入りと指の動きを同期させやすくもなる。
 そして段階5:。相手女性の性感を高めるためなら、ペニスだけでなく直腸の指も出し入れするとよいのだが、男の性感アップを主眼とするなら、指は収めたままにして、ごく軽く折り曲げるなどして陰茎側面・・・特に裏スジやカリ首回り・・・に指先や指の節が当たるようにするとよい。
 出し入れによる膣壁との摩擦感にグリグリとした指の圧迫感が加わって、ペニスへの刺激はWになり、しかも、いずれも男性自らが好みのツボを押さえられもする。これが本テクニックの魅力と言える・・・だと

 う~ん・・・お尻の粘膜は本来、異物の挿入に適さないほど弱いと聞いたことがある・・・様々なプレイを楽しむのはカップルの自由だけどぉ、男性は女性の身体を気遣ってプレイをしてもらいたいよね、後で薬のお世話になるとか、病院に駆け込むなんてことはNGプレイだ。
私も、お尻の穴周辺に軟膏を塗ったときに指を入れてみたことがあるけど、気持ちイイとは思わなかったし、そのような状況でもなかった。自己責任で試してミソ。

[PR]
by sikoukairo2 | 2016-03-21 08:15 | Comments(5)

中締め膣圧ピストン?

 ピストン運動の最中に、奉仕側の女性がキュッキュッキュッと膣を引き締め、出入りするペニスとの粘膜摩擦を高めるテクニック・・・らしい
 ヤリ方は、1:膣にペニスを挿入したら、2:出し入れをしながら女性は括約筋を締めたりゆるめたりして筒圧を高め、ペニスをことさら刺激する。
 キュッキュと何度も小刻みかつリズミカルに締めたりゆるめたりを繰り返すほか、ギューッと強く一定時間締め付けっぱなしにするのもよい。締めっぱなしで出し入れすれば、ペニスの「しごかれ感」は強まり、早急な絶頂(=射精)に至れるだろう。
 膣の締め付けは、出し入れをしながらするのが基本だが、腰の繰り出しを止めたうえでするのも、それはそれで味わい深いものがある。一定の深さでペニスを膣に差し込んだままにして、その状態をキープしながらキュッキュと何度も締め付けたり、あるいはギューッと長く締めたりする。
 奥深く差し込んで、あるいはもっとも引き締まる部分にカリ首や裏スジの敏感な部分が当たるような深さで差しこんだら、一旦出し入れを止め、その状態で引き締めれば、受け手の男性は筒が締まってペニスが絞り込まれるのを、よりはっきりと感じられることだろう。
 しっかりとした引き締めがなされれば、物理的な快感が高まるのはもちろんのこと、相手女性の健気さに情愛も一層深まり高まることだろう・・・だと

 パートナーがいる人限定の記事か・・・試してミソ・・・だね

[PR]
by sikoukairo2 | 2016-03-20 05:21 | Comments(0)

ローション充填ピストン?

 膣内にローションをたっぷりと注入したうえでスル、ピストン方法。泡立った粘液が膣口からあふれ出る・・・(ローション充填フェラ)のスタイルAの、膣挿入バージョンとでも言うべきテクニック・・・らしい。
 ヤリ方は次の通り。1:膣内にたっぷりのローションを注入する。2:膣口からあふれるほどたっぷりと注入できたら、ローションが漏れ出てこないうちに、すばやくペニスを膣へ挿入する。3:ピストン運動をして、亀頭がローションの海の中をたゆたう感覚を楽しむ。
 ポイントは各段階で次の通り。段階1:では、浣腸の際に使う中型~大型のシリンジ(注射針の付いていない注射器)で注入したり、あるいは膣口にじょうご(ろうと)を差し、広口の部分にボトルから直接垂らして注入したりするとやりやすい。希釈するタイプではなく、そのまま使うタイプのローションで、なおかつ1度に使い切れる程度(200~300ml程度)の小サイズボトルなら、ボトルの口を膣口にぴったりとあてがって、ダイレクトに注入するのもよい。
 段階2:では注入直後、女性は意識的に括約筋を引き締め、膣口を閉じるよう努める。
 段階3:で出し入れがスタートしたら、膣口からとぷとぷとローションがあふれ出るのは致し方ない」こと。むしろそのあふれ出る様を凝視したり、局部で感じたりして楽しみたい。
 期間限定技として、ローションを使わずに楽しむ方法も。相手女性の月経期間中にスルことで、経血をローション代わりにするのだ。経血ローションならではの粘り気が強いぬるぬる感と、紅色の色味が楽しめる・・・だと

 興味ある人は試してミソ、といったところかな・・・なぜだろう、涙が出てきた(;o;)


[PR]
by sikoukairo2 | 2016-03-19 05:44 | Comments(0)

手コキ同時ピストン?

 手コキの味わいと膣への出し入れという二つの異なる陰茎快感を、贅沢にも同時に味わうテクニック・・・らしい
ヤリ方には、大きく分けて二つのスタイルがある?
 一つは、奉仕側女性がしごくスタイル。手順は、1:ペニスをやや浅めに膣に差し込み、2:通常の出し入れよりも根本が長めに膣外へ露出した状態を保ちながらピストン運動をし、3:ピストンをしながら露出した根元を女性が掴んでスコスコとしごく。
 もう一つは、男性が自身でしごくスタイル。1:~2:は女性がしごく場合と同様。違いは段階3:、男性が自らペニスの根本を掴んでストロークする。
 二つの性感が見事にバランスできたなら、亀頭や裏スジは柔らかくて湿った膣粘膜にくるまれて、ほの暖かくもなめらかな快感に浸り、同時に竿の芯の方では輪郭のはっきりした強めの快感を味わえることだろう。
 中折れ気味で膣内射精を苦手とする男性でも、慣れ親しんだ手コキの味わいをメインにすれば、収めたままでもものの数分で発射を遂げられるだろう。男性が強いサドっ気を持つ場合、「貴女のお粗末なゆるマンでは、あんまり気持ちよくないんです」という意味合いを匂わせることで、心理的凌辱プレイの雰囲気を演出することも可能。
 手コキを男女のどちらがするだけでなく、男女のどちらが腰を動かすかでも、プレイに変化を付けられる。双方が同時に腰を動かすのも加えれば、組み合わせは全部で6パターン。いろいろと(エロエロと)試して2人にフィットするヤリ方を探り当てたい・・・だと

 んん?・・・もしも、手コキで握ったペニスが掌に収まって、亀頭が膣に届かない・・・なんてこともあるのかなぁ?
私が男性のペニスを拝見する機会といえば・・・画像か動画、生で鑑賞することが無いので、実際の大きさや長さのイメージが薄いよね。
で、逆に異常に長いペニスの持ち主って、いるのかな? 男性が自らの両手でペニスを握ったら、女性も両手でペニスを握る。二人で息を合わせて上手にしごけば、新感覚の手コキ技となるかもしれない・・・試してミソ。

[PR]
by sikoukairo2 | 2016-03-13 05:54 | Comments(0)

浴尿?・・・(欲情ではにゃい)

 奉仕側女性に強制的に放尿させ、女体からほとばしる恥ずかしい微温湯を受け手男性が大量に浴びるプレイ・・・らしい。
排泄姿を見られることは、多くの女性にとって極めて強い羞恥心を催す行為にほかならなず、それを強制することは、嗜慮趣味のある男性のサド心を満たす行為に違いない。被嗜趣味のある男性なら排泄物をかけられることで屈辱感を味わえ、マゾ心を満たすかも知れない。奉仕側女性の羞恥心を煽れるが、しかし、大便ほど敷居が高くもなく、大量のタオルを使ったり浴室でしたりすれば事後処理も極めて楽。(う~ん?)
 しかし、浴尿のもたらすものは、心理的効果だけにとどまるものではない。体外に排出されたばかりの尿は思いのほか温かく、気温の低い時期や場所など、状況によってはむしろ熱く感じられさえするだろう。また、大量の尿を放水する場合、その水勢はかなりのものとなる。心理的快感をベースに、温度と水圧による独特の物理的快感が入り混じり組み合わさって、高い快感をもたらしてくれるのだ?
 単純に女性が男に浴びせるだけでも悪くないが、試されたいのが、ピストン運動をしながらの強制放尿→浴尿プレイ。ヤリ方は1:正常位あるいは騎乗位で合体し、2:ピストン運動をしながら、3:その最中に女性が放尿し男性に「おしっこ」をかける。段階2:では定石通り、正常位なら男性が、騎乗位なら女性が腰を振り立てるとよい。男性の眼前での、あるいは交接中の放尿は緊張もあってむずかしいと女性が訴えるなら、騎乗位でも男性が腰を天に突き上げるように動かすことで、女性を放尿に集中させるとよい。この場合、女性はヒザ立ちになって男性の上から腰を浮かせ気味にすると、男性のピストン運動も女性自身(雑誌ではない)の放尿もしやすくなるだろう・・・だと。

 かなりマニアックというか・・・少数の嗜好者向けの記事だよね。でも、記事ネタがあるということは、そこそこ興味を持っている人が多いということ? こんな記事では試してミソとは言えないだろうし・・・
で、「風邪ひいた」発熱と喉の痛みで苦しんだ一週間だった。今は快方に向かっているので大丈夫だぉ。

[PR]
by sikoukairo2 | 2016-03-12 05:45 | Comments(0)

逆顔面騎乗?

 顔面騎乗と言ったら、一般的には女王様キャラの女性がマゾ男性の顔にまたがり座り込む・・・SMプレイの一つだが、本テクニックは言わばその逆。サービスの受け手である男性が奉仕側女性の顔面にまたがって座り込み、局部を摩擦して刺激するというもの。
(相手女性の顔にまたがり、座り込んで股間をこすり付けるって・・・考えただけで悲しくなるような・・・)
 ヤリ方は次の通り。
1:奉仕側女性が仰向けに寝る。
2:天を仰ぐ女性の顔に男がまたがり、座り込む。
3:奉仕側女性が、顔にのしかかる会陰や袋やアヌスを、舌で舐め回したり鼻面でこすり上げたりして刺激する。
 段階1:でのポイントは、女性は枕などは使わず、シーツや床に直接後頭部が接するように寝ること。枕を使うと首に無理な力がかかり、痛める恐れがある。
 段階2:では、男性は和式便器にまたがるような姿勢で座り込む。ペタリと座り込むほか、腰を浮かせ気味にしたり、あるいは逆に、全体重をかけるようにどっしりと座り込んだりする方法もある。腰を浮かせれば奉仕女性が舌を動かしやすくなり、体重をどっしりとかければ嗜虐的雰囲気が高められる。
 段階3:では、男性が同時に動いてもよい。騎乗位で腰を振る女性のように、腰を前後に動かして、女性の舌先や鼻面に、自ら敏感な部分をこすり付ける。自分のツボを的確に刺激できるのはもちろん、相手女性をより粗末に扱うような雰囲気も演出できるので、加虐心をも満たせるだろう・・・だと

 私はそんな変態プレイはお断りだけど、興味ある人は試してミソ。

[PR]
by sikoukairo2 | 2016-03-06 07:17 | Comments(0)

アナル受け???

 入れるばかりが男ではない、男の穴で受け止める・・・ということ・・・らしい。
ややもすると男性は入れる一方となりがちなものだが、「せっかく感じる穴があるのなら、そこに入れない手はないぞ・・・」というコンセプトの下、入れられる側に回ってみるのが本テクニック。常識という狭隘な価値観の裏を突く、逆アナルセックスとでも言うべきエッチ?
 サービスの受け手である男性が、文字通りアヌスでさまざまなものを受け入れ、肛門粘膜や直腸壁、前立腺を刺激されて快感を貪る・・・
 アヌスに指や器具を挿入したことのない男性なら、まずはパートナーの指や市販のアナルスティックなど、細く柔らかいモノから慣らしてゆきたい。
手順としては、1:温かい湯船に浸かって、括約筋を含む全身の筋肉の緊張を弛めた後、2:アナル舐めや前立腺刺激などのソフトなアナル愛撫で、肛門をほぐしておく。3:十分にほぐれたと感じたら、ローションをまぶした指(爪はきっちりと切っておく)やアナルスティックを、小刻みに出し入れしながら少しずつ挿入してゆく。4:挿入したものを軽く出し入れして、受け手男性がその感覚に慣れていったら、次第に挿入物を太くしてゆく。手間暇と時間をかけてじっくりと慣らしてゆけば、いずれディルドーやバイブレーターなどの大物も容易に呑み込めるとうになるだろう。
 挿入したものは、基本的に奉仕側が手で動かして出し入れをする。手コキやフェラチオを同時に繰り出したり、背面騎乗位など体位に工夫してピストン運動と併用したりすれば、極上の超絶性感に浸れることだろう・・・だと

 う~ん、こんなプレイをするカップルがいるのかなぁ?・・・女性ならアナルとクリの同時責めみたいに想像がつくけど・・・
そもそも不本意な記事としてお蔵入りを引き出している状態・・・残りもあと数回分だし・・・
ふと思った、男性同士で挿入と受け入れを同時にスル、プレイは可能だろうか?・・・興味ある人は試してミソ。

[PR]
by sikoukairo2 | 2016-03-05 05:50 | Comments(0)